harouin1024.jpg
年に1度のお祭りの日は、年に1度のおまじないを

 オバケカボチャに黒猫、魔女……街にハロウィングッズが増えてきました。ハロウィン=仮装パーティの日と思っている人もいるのでは? そもそもハロウィンとは、どんなお祭りなのでしょうか?

 ハロウィンという呼び名は、11月1日の諸聖人を祝う「万聖節」の前夜祭(イヴ)が語源ですが、本来はキリスト教とは無関係で、ヨーロッパ民族の秋の収穫祭が起源とされています。古代ケルトの信仰では、1年の始まりは11月1日です。年に1度、次の年との境目の10月31日の夜に、異界とこの世を分ける扉が開き、死者や亡霊が蘇り、精霊や魔女が現れると信じられていました。また、ハロウィンにつきものの、オバケカボチャ(ジャック・オー・ランタン)は、アイルランドとスコットランドに伝わる鬼火伝説がもとになっています。

 民俗行事である秋の収穫祭に、ケルトの信仰やアイルランド、スコットランドの伝承が加わり、今の形になったのがハロウィンなのです。

 現代日本では、クリスマスと同じく、宗教的民族的背景抜きに季節のイベントとして行われている場合が多いようですが、あまり堅苦しく考える必要はありません。本来のハロウィン自体、非日常を楽しむ、悪戯も悪ふざけも許された祝祭の夜だったのですから。

 今年は、ちょっとだけ本来のハロウィンの意味に思いをはせて、何か不思議なことがおkるかもしれない「異世界への扉が開く夜」として過ごしてみてはいかがでしょうか?

 ヨーロッパでは、そんなハロウィンの日に行うロマンチックなおまじないがあります。恋人がいない女性は、ハロウィンの夕食に、自分が食べる分とは別に、もう1人分、余計に用意するそうです。すると、未来のパートナーが食事を食べに現れ、結ばれるといわれているのです。

 しかし、1人分の食事を、スープからメインディッシュまで全部用意して置いておくのは難しいもの。今回は、伝統のおまじないをアレンジした、ペアカップを使った、ステキな恋人に出会えるおまじないをご紹介しましょう。

(1)まず、ハロウィンの夜までに、ペアカップを用意しておきます。家にあるものを使うのではなく、新しく購入しましょう。

(2)ハロウィンの夜、2つのカップに紅茶かコーヒーを入れて、自分の分だけ飲みます。相手の分は、一晩そのまま置いておきます。

 そして、その夜、未来の結婚相手が夢に現れ、近いうちに現実に出会うことになるでしょう!

 この世とあの世、現在過去未来が混じり合い、混沌が出現する夜、ハロウィンなら、まだ見ぬ恋人に夢で会えても不思議はありません。

 ハロウィンには、各地でいろいろなイベントが開催されます。魔女やゾンビのコスプレをして、仲のいい友達や家族とハロウィンパーティをしてもいいですね。異世界への扉が開く夜、ハロウィンを楽しく過ごすことができますように!

re-kiriya.jpg

■高橋桐矢(たかはしきりや)
占い師兼作家。猫をこよなく愛す。著書『占い師入門』『はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門』(ともに雷鳥社)。監修占いサイト『ルノルマンカード』。
高橋桐矢ツイッター



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > ハロウィンの夜にやってみたい、未来の結婚相手がわかるおまじない