2012年「最もセクシーな男性ミュージシャン」1位(ビルボード発表)に選ばれた超HOTなグッドルッキングガイ(身長185センチ)ながら、実はゲイ……男性ファンをギンギンにして女性ファンを悶々とさせる罪作りなヴォーカリスト、アダム・ランバートが8月に来日した。そして、今世界中が胸をときめかせるアダムに、デビュー当時から熱い眼差しを向けてきた辛酸なめ子が急接近!? 『アメリカン・アイドル』出身で超肉食なアダム、ユダヤ人としてのアダム、”ホルスの目”のタトゥーを入れたアダム、”セルフラブ”について歌い上げるアダム……今最も注目すべきポップアイコンの素顔に迫ります!

1210_nameko_main01.jpg
(写真/石黒淳二 go relax E more)

辛酸なめ子(以下、辛酸) アダムさんのアルバム『トレスパッシング』【註1】、メロディアスでかっこよくて心にトレスパッシング(侵入)されました。

アダム・ランバート(以下、アダム) ははは。ありがとう。

辛酸 日本では女性ファンのほうが多いんですか?

アダム 女性のほうが多いと思います。シリアスなファンっていうのは往々にして女性が多いんですけど、ライブをやっててオーディエンスを見ると男性も結構いますし、ゲイの方たちもいますし、あと普通のロック少年たちも結構いますね。

辛酸 日本の男性の印象はどうですか?

アダム おしゃれな人が多いですよね。日本では、普通の男性がちょっと中性っぽい感じとか女性っぽい感じを出しても認められている。それが同性愛者じゃなくても、そういうおしゃれをしても認められるのに対して、アメリカでは男性が中性的な格好をするとホモセクシャルと思われてしまう。そういった文化的違いは感じますね。

辛酸 日本ではおしゃれな服を着ても、そういうふうには思われないです。

アダム 一般論ですけど、西洋のほうが、セクシャリティっていうのが割とビジュアルで表現されている気がするんですね。

辛酸 日本だと、ゲイの人はおしゃれだったり、トークが面白かったりで人気なんですが……。

アダム アメリカは宗教的な国なので、「同性愛は間違っている」っていうふうに思ってる人たちもまだ結構いて、無知な部分から、差別的な現象が起きるんです。アメリカでも、ファッションやエンターテインメントの世界ではゲイの人たちが優れているとされる傾向がありますけど、日本みたいに受け入れられてほしいなと思います。

辛酸 ただ、最近、日本は男性が弱い感じで、草食系男子といわれて恋愛にも消極的だったりするんですけど……。アダムさんの歌詞を読んでいるとすごくワイルドで、それとは正反対ですよね。

アダム 僕は意中の男性を追いかけるにあたっては、かなりアグレッシブ。超肉食です。

辛酸 「クレイジートレインが出発するぜ」とか「電気ショックだって目じゃない」とか「オレが北極になって寒さを教えてやる」とか……ワイルドな歌詞には、普段の恋愛観が反映されているんですか?

アダム 正直な気持ちを書いている歌詞です。あと、僕にはすごく情熱的なファンが多いので、彼らからも影響を受けてるかもしれません。

辛酸 以前インタビューで、昔から、アダムさんに会うと感情的になって泣き出す人がいたとおっしゃっていましたが、人の心をオープンにする力をお持ちなのでしょうか。

アダム なるべく相手がオープンになれるようにといつも心がけているので、それが伝わって、感情がより高まっちゃうのかもしれませんね。ただ、僕に会ってエモーショナルになる人は、僕のことをすごく愛してくれるからそうなるのかもしれないけど、僕のほうはというと、いつも恥ずかしい気持ちというか、どうしていいかわからない気持ちでいっぱいなんですよ。

辛酸 お2人とも星座がお好きということもあり、マドンナさんとも、会った時に心が通じ合ったそうですが……。

アダム 本当に短い時間ですけど、会うことができました。ある意味緊張したというか……泣きはしませんでしたけど、心臓がドキドキして、赤くなってしまって。子どもの頃から(マドンナの曲を)聴いてましたから、感動的でしたね。

辛酸 アドバイスを受けたりは?

アダム 少しだけアドバイスをしてくれました。「くだらないことに目を向けるな」と。

辛酸 スターになると、悪口を言われたりしますもんね。

アダム 僕は結構センシティブなほうで、必要以上に物事を理解しちゃうところがあって、もし、もう少しマヌケだったら現実がもっと楽だったかもしれないなと思うくらい。だから、無知っていうのは、もしかしたら幸せなことかもしれないなって思うんですけど、僕は、自分へのいいコメントと悪いコメントを全部把握しているんですね。ネガティブなことだって、地に自分の足を着けさせてくれるというか、バランスを取れるようにしてくれるから、必要なのかもしれないなと思っているんです。

辛酸 達観してますね……。マドンナさんはネガティブなパワーから身を守るためにカバラにハマっていたりしますが、アダムさんもカバラに詳しかったりしますか? アダムさんはユダヤ系でいらっしゃいますけど……。

アダム いいえ、やらないです(笑)。

辛酸 ユダヤ人の方は成功してる人が多いイメージなんですが、秘訣とか、あるんでしょうか?

アダム 僕は、ユダヤ教の熱心な信者というわけではないですけどね。だから、なんでみんな成功しているのか(笑)。

辛酸 日本でも、ユダヤの格言の本がいっぱい出ています。

アダム ユダヤ人は、自分の住んでいるところを追いやられたりとか、ナチスドイツの虐殺に遭ったりとか、搾取されてきた人種なので、そういう歴史的背景から、「頑張ろう」という気持ちになったりするのかもしれませんよね。アフリカン・アメリカンの人たちも、そうなのかもしれません。ゲイコミュニティーも差別されてきた人たちで、いろんな意味で挑戦していかなきゃいけない人たちだったりするので、試練を乗り越えて成功して、自分たちの存在価値みたいなものを意識していかなきゃいけない部分もあると思います。

(続きはサイゾーpremiumへ)

(文/辛酸なめ子)

■アダム・ランバート
1982年、アメリカ合衆国インディアナ州生まれ。アイドル。人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』(FOX)で準優勝し、デビューを果たす。また、〝ゲイであることをカミングアウトしてデビューした史上初のアーティスト〟としても話題となり、〝男版レディー・ガガ〟と呼ばれるファッションでも注目される。

■辛酸なめ子(しんさん・なめこ)
1974年、東京都生まれ埼玉県育ち。マンガ家、エッセイスト。セレブ、スピリチュアル、女磨きなどをテーマに、数々の作品を発表。「週刊文春」(文藝春秋)など多数の雑誌で連載記事を持つ。近著に、『女子校育ち』(筑摩書房)など。また、小誌での連載をまとめた『サバイバル女道』も発売中。

<作品紹介>
『トレスパッシンング』(SMJ)
6月6日に発売されたアダム・ランバート2枚目のフルアルバム。表題曲である「トレスパッシング」(「侵入」の意味)をはじめ、アルバム先行シングルである「ネヴァー・クローズ・アワ・アイズ」や日本盤ボーナス・トラックである「バイ・ザ・ルールズ」を含む全16曲を収録。ちなみに、「トレスパッシング」では、ゲイというセクシャリティによって、アウトサイダーだと感じてきたアダムの境界線について書いているそう。「このアルバムを聴いて、僕のもっと深いところにトレスパッシングしてきてほしい」という思いが込められているとか。




【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする