shinrei-okkinawa.jpg
※画像はイメージです

 日本各地には、霊が出るといわれる「心霊スポット」が点在しています。それは古ぼけたトンネルであったり、惨殺事件が起きたとされる館、山奥の集落だけでなく、どこにでもあるありふれた交差点、一般的な幹線道路、有名な観光地など、我々の身近なところにも……。

 今回は、九州・沖縄地方の代表的な心霊スポットを紹介します。


■金峰山(熊本県)

 熊本市を代表するシンボルとして、市民に親しまれている「金峰山」。晴れた日には、山頂の展望台から有明海の湾奥、佐賀平野から島原半島、天草諸島の島影までを見渡せ、さらに夜には熊本市内を一望できるロマンチックな夜景を演出します。

 そんな景勝地も心霊スポットとしての側面があり、特に、上へと向かう車道で多くの怪現象が起きています。「崖っぷちの急カーブに人魂が浮かんでいるのを見た」「白い人影が飛び出してきた」「車がガードレールに触れたら、『惜しい』という声が聞こえた」などとウワサされています。まるでそれは、人を事故へ誘うような霊体験ばかり。山頂への道中は木々が生い茂っていて、緩やかなカーブながらもガードレールがない場所もあり、一歩間違えれば崖下へ真っ逆さまに落ちてしまいます。

 さらに、金峰山はその昔「姥捨て山」だったというウワサもあり、もしかしたら、古来からの怨霊もさまよっている土地なのかもしれません。

■コツコツトンネル(宮崎県)

 「コツコツトンネル」は、宮崎県宮崎市(旧佐土原町)下那珂の国道10号線沿いにあるトンネルで、正式名称は「久峰隧道(ひさみねずいどう)」といいます。交通量は比較的多いトンネルなのですが、とても恐ろしい体験をした人が後を絶たない心霊スポットでもあります。

 コツコツトンネルという由来は諸説ありますが、トンネル内でエンジンを止めてクラクションを3回鳴らすと、背後からコツコツとハイヒールの足音が聞こえてくる話からきているというのが有力な説です。この霊は、トンネル内で事故を起こして亡くなった女性といわれています。そして、あまりにも有名になった、トンネル内でのクラクション3回の儀式。多くの人が試していて、実際に心霊体験をしているとか。中には、コツコツという足音が聞こえてきて、恐ろしさのあまり車を急発進させたら、窓ガラスに手形がびっしりとついていたという話もあります。

 地元でも、正式名称ではなく「コツコツトンネル」として知られているほど有名なスポット。興味本位で行くことはあっても、霊を呼び寄せるようなことはしないほうがいいでしょう。

■SSS(沖縄県)

 日本各地にある心霊スポットの中でも、とりわけ沖縄県の「SSS(スリーエス)」は、別格の心霊スポットということができます。恩納村・ムーンビーチの向かいに位置する、沖縄県内でも屈指の霊場です。

 ここで起こる怪現象には、「車の屋根を叩かれる」「足をつかまれる」「霊に触られた箇所がしびれて元に戻らない」「幻覚を見るようになり、精神科に通うようになった」「頭痛を起こして吐き気を催す」など、身体的に被害が出てしまったケースが多々報告されています。

 それだけではウワサの域を出ない話なのですが、霊能者もそこに入るのを拒否するといいます。霊に対抗する術を持った人でさえ行きたくないと思う場所。おそらく、絶対に行ってはいけないとわかっているのでしょう。

 ネットではSSSを訪ねたという報告も見ますが、どうやらそれは場所が違うようで、真のSSSというのはいまだに謎に包まれています。ウワサによれば、真のSSSの入り口には、ガードレールに「SSS」と書かれているそう。

 恩納村のどこかにあるのは間違いないようですが、ここだけは何があっても立ち入らないほうがいいでしょう。あなたの身を守るためにも……。

 この夏の肝試しに、イベントの一環として心霊スポットに出かけるという人もいるでしょう。ただ、そのときには、絶対に行ってはいけない心霊スポットや、そこでやってはならないいことがあるということを、忘れないでください。お出かけの際は、あくまで自己責任で……。
(タナカアツシ)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする