re-2012uranai.jpg
前半の運勢を振り返りながらどうぞ~

 まだ残暑の厳しい日が続いていますが、空の青さに秋の気配が感じられるようになってきました。秋は、仕事にも恋にも、じっくり落ち着いて取り組める季節です。あなたにとってこの秋、取り組むべきテーマは何でしょうか?

 この期間、占星学的に重要なポイントは、約2年ぶりの「土星の星座移動」です。“試練の星”であり、時に結婚や出世など人生の重要な節目に影響を及ぼす土星が、10月に天秤座から蠍座に入宮します。これまでの2年間、天秤座にいた土星からのメッセージは、一言で言えば「みんな仲よく」でした。さまざまな出来事を通じて「人との絆」が各個人のテーマとなっていました。土星が蠍座に入ると、今度はさまざまな「こだわり」が重要になってきます。ものごとや人に対して、よくも悪くも、「せまく、深く、強く関わること」が多くなってくるのです。

 星座ごとに具体的にどのような影響があるのか、2012年前半を振り返りつつ、この秋のテーマについてみていきましょう。

■牡羊座……「趣味」にこだわる 
 本来牡羊座は人から何かをススメられるほど、やる気がなくなるタイプ。「婚活」という言葉に多大なストレスを感じていた結婚適齢期の人も多いのではないでしょうか。そんな牡羊座にとってこの秋は、「肩の重荷が降りたような解放感を味わえる」でしょう。好きな趣味や、やりたいことに思いっきり打ち込める、充実した期間になりそうです。婚活を意識しなくなった途端、運命的に出会った一目惚れの相手と電撃結婚……なんていうドラマチックな展開もありです。

■牡牛座……「お金」にこだわる
 もともと牡牛座は、お金や物に執着がある星座。でも今までは義務感で、あるいは将来への不安から、お金や物にこだわっていた部分もあったはず。この秋牡牛座は、「お金や物で表せない価値観について学ぶ」ことになります。お金とはいったい何なのか? お金に縛られない本当に豊かな生き方とは? 自分とは違うタイプの人の考え方を知ることで、お金を生かすためにどうすればいいのか、これからの生き方が見えてきます。

■双子座……「結果」にこだわる
 今年前半の双子座は、木星の恩賜を受けて、仕事に恋愛にうれしい出来事もあったはず。この秋は、「偶然の幸運を本当の実力と認めてもらうために大事な期間」となります。たとえば、仕事。双子座の発想力と企画力はすばらしいのですが、その後のフォローがややおろそかになりがち。最後まで責任を持って実行することが求められています。面倒に感じることもあるでしょうが、クリアすることで、一回り大きく成長できるチャンスなのです。

■蟹座……「パートナー」にこだわる
 今年前半の蟹座は、いろいろな場所で人との交流を広げてきたことと思います。この秋からは、広げるよりも、「深めることが大事」になってくるでしょう。なかでも最も重要なのは、「人生のパートナー」。今まで友達として仲よくしていた人と結婚を意識するようになるかもしれません。友達関係においても、グループでいるより、1対1で過ごす時間に大きな収穫を得るようになります。深く濃い人間関係を作っていくことになるでしょう。

■獅子座……「優先順位」にこだわる
 ロマンチストな獅子座は理想も高くなりがち。今までは理想を語るだけで満足していたかもしれません。でもこの秋からは、「理想を理想のままにせず、実現するためにどうすればいいのかを学ぶ」ことになるでしょう。場合によっては妥協しなければならないこともあるはず。何を優先して、何を諦めるべきなのか、自分自身の理想とは何なのか、あらためて深く考えることになるでしょう。仕事も私生活でも、責任ある立場につくことになりそうです。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 人間関係
  • > 残り少ない2012年の運勢をチェック!あなたに与えられた“テーマ”とは?