kakuremazyutsu16.jpg
身近なものでできるのが"かくれ魔術"の
いいところ

――こっそりやればやるほど効果が出る「かくれ魔術」。アイテムはコンビニやスーパー、オフィスで使うようなありふれたものでOK! 自然と触れ合う機会が少ない、コンクリートジャングルで生活する都会の魔女でもできる「かくれ魔術」のやり方を、魔女の榴美さんに教えてもらいましょう(詳しくはこちら)。

<今回のかくれ魔術>
友愛のかくれ魔術を召し上がれ!
マーブルチョコでLet’s プチエクソシズム体験

<用意するもの>
・マーブルチョコ1袋
・困っている友達
・静かな空間

 
 友達が悩みを抱えてどんよりと顔を曇らせているのを見るのは、なかなかどうしてつらいこと。「こっちまで暗い気持ちになっちゃうから、さっさと問題を解決していつもの元気なアナタに戻ってよ!」とばかりに、ついつい急いでアドバイスやお説教をしたくなる気持ちはとてもよくわかります。だって心配だから、いてもたってもいられなくなっちゃうんだもの。
 
 けれど、急いては事を仕損じてしまいます。あなたを心から頼っている人に、まるで問題が解決したかのようにうその振舞いをさせてしまっては本末転倒。もしもしょんぼりしている友達がいるのなら、今回のかくれ魔術で、本当の友情を育ててみてはいかがでしょう?

 今回のかくれ魔術は、邪魔の入らない2人きりになれる場所でこっそり行いましょう。

<やりかた>
(1)悩んでいる友達と、ゆっくり2人きりになれる場所に移動する。
(2)マーブルチョコの袋を友達に握らせて、今の気持ちをすべて注ぎ込むようにイメージしてもらう。
(3)あなたが袋を開け、最適な色から順番に一緒に食べる。
(4)茶色を残し、全部食べ終わるまでゆっくり「悲しみ」や「苦しみ」をシェアしながらお喋りする。
(5)すべて終わったら、人差し指で空中に「X」を指で描き、終了。

 まずは、マーブルチョコの袋を友達に持ってもらい、目を閉じて、心の中に渦巻いている「気持ち」をすべてチョコレートにインストールするようイメージしてもらいます。「もういいな」と思ったら、あなたが袋の口を破り、以下の感情と色の対応を参考にして、最適と思われる順番に2人で食べます。茶色いチョコレートだけは使わずに残しておきましょう。

赤:怒り
黄色:プライド
オレンジ:楽しさ
緑:優しさ
青:悲しみ

 
 どの色をどの順番で食べるかは、あなたが決めてあげてください。「ほら、もっと烈火のごとく怒って! 私も猛り狂うから!」と赤を差し出し、「そいつ、なんてヒドい奴なの!? 万死に値するわね!」と黄色をポリポリしながら憤り、「私も悲しい~!!」と涙ながらに青を頬張る、というような具合に、おしゃべりしながらシェアして食べましょう。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

最新コラム

マーブルチョコで2人の心をシンクロさせる、友情を深めるかくれ魔術

 友達が悩みを抱えてどんよりと顔を曇らせているのを見るのは、なかなかどうしてつらいこと。「こっちまで暗い気持ちになっちゃ...

TOCANA