ashikumi.jpg
異性限定です

 友達や好きな人、仕事の取引先など、会話をしている時、相手が何を考えているのか気になりますよね。楽しそうな感じがするけれど、本音はどう思っているのか……。そんな時は、相手の「足のしぐさ」をチェックしましょう。もし会話が楽しくなかった場合、言葉や表情は繕ってごまかすことができます。しかし、足まではなかなか意識が向かないもの。そのため、足のしぐさは本音があらわれやすいといえるのです。では、さっそくチェックしてみましょう!

■足やつま先を小刻みに動かす……イライラしている
 話している最中に、足やつま先を小刻みに揺らし始めたら、心理的葛藤のサインです。足などを揺らし続けるのは、無意識に心のバランスをとったり、気持ちを癒やそうと、単調な刺激を与えているため。そのような行為がみられたら、イライラしている証拠です。早く話を終えたいと思っていたり、会話の内容に興味がないのかもしれません。そんな時は、話題を変えるか、「あなたはどう思うのですか?」など、相手の気持ちを引き出す質問を投げかけるといいでしょう。

■しきりに足を組み替える……相手に性的な欲求を感じている
 足を組む動作は、リラックスしたい気持ちをあらわします。そのため、相手が足を組み始めたら、警戒心を解き、ゆっくりで話をしたいと思っているでしょう。しかし、何度も足を組み替える時は、次第に居心地が悪くなっている様子。何か問題提起をしているなら、それを解決したいと思っているために、そわそわしているのでしょう。また、目の前の異性に性的な欲求を感じている時にも、しきりに足を組み替える傾向があります。好きな相手がこのしぐさを見せたら、関係を深めるチャンスかもしれません。

■足を大きく開いて座る……虚勢を張っている
 人は、「パーソナルスペース」=縄張り空間を持っています。足を大きく開いて座る人は、「この空間は自分の縄張りだ!」と主張しているのです。鳥が大きく羽を広げて、自己アピールしているのと同じ。実際よりも、自分を大きく見せたいという思いが強いタイプです。案外わかりやすい性格といえるでしょう。強く見せたいのは、気が弱かったり、劣等感があるため、ついつい虚勢を張ってしまうからです。相手がこのしぐさを見せたら、話を合わせたり、相手のいい面を褒めるようにすれば、円滑に話が進んでいくでしょう。

■片足が会話の相手とは別の方を向いている……早く話を終了したい
 話している途中で、片足(もしくは両足)のつま先が、会話の相手とは別の方を向いた時、それは「早く話を終えて、どこかに行きたい」という気持ちのあらわれです。たとえば、次のスケジュールに間に合わないと焦っている、会話自体にあまり関心がない、他のことに気をとられているなどの可能性があります。どちらにおいても、足がそっぽを向き始めたら、そうそうに話を切り上げたほうがいいでしょう。

■ひざをこする……自分を認めてほしい
 人と話していて自分の身体を触るのは、不安になったり、気持ちを落ちつかせようとする意味があります。例えば、うまく自分の気持ちが伝わらなかったり、欠点がバレそうになったりした時に、ひざをこすり、気持ちをなだめようとするのです。それと同時に、「自分をもっと認めてほしい」という思いもあります。相手がこのしぐさをしたら、気持ちがリラックスできるように、「あなたと一緒にいると楽しい、有意義だ」などと伝えてあげましょう。相手の存在を認めることで、信頼を得ることができるはずです。

 足のしぐさをみながら相手の気持ちを察し、対応していけば、よりよい関係を築いていけるでしょう。ただし、会話中、自分の足がどうなっているのか、チェックするのも忘れずに!

re-kanamoriaika.jpg

■金森藍加
占い師&ライター。神社めぐりとハシビロコウが好き。監修占いサイト『金森藍加のケルト占星術』、公式モバイルサイト『ケルト☆魂の癒やし』
・ブログ「神社ラビリンス



【検索ワード】  ・  ・  ・ 

【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 診断・心理テスト
  • > 何度も足を組み替える=仲を深めるチャンス!? 足のしぐさにあらわれる本音