zyontaita.jpg
未来からきたことが本当なら、予言も本当?

――いつの時代も世間をにぎわす“終末思想”。今年は、マヤ文明の暦が2012年12月23日で終わっていることから、「2012年マヤ暦滅亡論」が話題となっています。しかし、「○月○日世界が滅亡する」ということは知っていても、なぜそう言われているのかを知っている人は少ないはず。そんな人のために、世間で話題の“終末思想”を振り返ってみましょう。

【未来人ジョン・タイターの戦慄の予言!】

■2036年から来たタイムトラベラー、ジョン・タイター登場!
 
 タイムトラベルはSFファンタジーの物語の中では頻繁に登場するテーマであっても、現実的にはまだまだ夢の話です。しかし、タイムマシンに乗って未来人が突如、現代に姿を現すという事が実際に起こってしまったとしたら?
 
 2000年11月2日、アメリカのインターネット掲示板に、

「私は2036年の未来からやってきたタイムトラベラーだ」

と書き込む人物が現れ、大騒動を巻き起こしました。彼の名はジョン・タイター(John Titor)。未来世界からやってきた未来人で、タイムマシンに乗って現代にやってきたというのです。

 興味を持った人々は、ジョン・タイターに「タイムマシンの仕組みやタイムトラベルについて教えてほしい」「未来には何が起こる?」など、さまざまな質問を投げかけました。ジョン・タイターは、自分が未来からやってきた証拠として、自分が乗ってきたタイムマシンの構造や操作マニュアル、画像を次々とネットに掲載しました。それがきっかけとなり、最初は単なるジョークと本気にしていなかった人々も、どんどん注目しだしたのです。
 
 ジョン・タイターが明かしたタイムマシンは、世界最大の巨大企業である米ゼネラル・エレクトリック社製「C204型重力歪曲時間転移装置」。過去・未来への時間航空が可能で、50~60年の時間範囲なら正確にタイムトラベルができるとのこと。彼は、このタイムマシンを搭載した乗用車に乗ってタイムトラベルしてきたというのです。
 
 彼は、タイムトラベルの様子もこと細かに説明。まず、マシンのコンピュータに目的地の座標を入力。アラームが鳴り、小さなライトが点滅してカウントダウンが始まると、エレベーターに乗っている時のような重力がかかるとのこと。やがて、周囲の光が屈曲して加速していくように見えた後、一瞬、紫外線光の強烈なフラッシュが発生するため、サングラスを着用するか目を閉じている必要があるそう。そして、真っ暗になり景色が元に戻って目的の時代に到着し、タイムトラベルが完了するのです。

 驚いたことに、ジョン・タイターが公表したタイムマシンの原理や構造は、現代の物理学者を納得させるものでした。

 また、ジョン・タイターはタイムマシンに関して掲示板に、「タイムトラベルの基礎研究は、約1年後にCERN(欧州原子核研究機構)で始まり、2034年に第1号機が完成する」 と書き込みました。そして彼の予言通り、翌年の2001年秋、CERNは実験室内で強力な重力で時空を極端にゆがめる性質を持つミニブラックホールを創成する可能性があることを発表したのです。

 人々の質問に対してジョン・タイターが答えるという交流が、ネット上でしばらく続きました。しかし、彼が掲示板に登場してから4カ月後の2001年の3月24日、「予定の任務は終了したので2036年の世界に帰還する」という書き込みを残し、突如姿を消したのでした。

 ジョン・タイター、は一体何の目的があってこの時代にやってきたのでしょうか?



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • 予言
  • > 2015年に第三次世界大戦勃発!? 未来人ジョン・タイターの予言