――いわゆる“占いの館”に入るほど深刻には悩んでいない。でも占いはちょっと好き。それなら、占いをゆる~く楽しめる“占いカフェ”はいかが? 各地の占いカフェに次々潜入して、勝手に占いカフェミシュランしていきます。

 恵比寿駅から徒歩2分、こんな好立地なら、さぞかし都会らしい派手な占いカフェに違いない、と現地へ向かうも……見つからない。付近をグルグル3周ほど回って、ようやくその存在に気づきました。今回行ってきた占いカフェはココ、『漆』です。

urushi-gaikan.jpg
路地を少し入ったところにあり、外観もパッと見では
占いカフェとわからないくらい質素

 名前が和なら、店内も和。上品だけどオシャレすぎない店内のデザインにすっかり一目惚れしてしまいました。

 さて、肝心の占いのほうはというと、専用のメモ用紙を渡され、この日の担当占い師の杏結未先生が得意とする、「聖数命理学」と「九星気学」で基本性格や基本運命を読み解いていってくれました。

urushi-kami.jpg
占い結果をメモするための、専用の用紙をもらえます

 ところで、こういった基本性格の占いをされるときにいつも腑に落ちないのが、占い師にフワッとした言葉を並べたてられ、まくしたてられること。これをやられると、占いをされている現場ではなんとなく納得させられるけど、後からよくよく反すうすると、結局筋が通っていなくてよくわからない、という気持ちになりませんか? ディープな占いユーザーならいいんです、それで。占いにドップリな層は、フワフワッとスピリチュアル濃度が高ければ高いほど、神秘感が増していい。でも、占いの館にわざわざ行くほどでもない占い初心者は、ある程度納得できるような占われ方をしたいわけです。

urushi-sensei.jpg
今回鑑定してくれた杏結未先生

 そこは杏結未先生、できる限りわかりやすく理由を説明しながら占ってくれました。

杏結未先生「朝井さん(=筆者)は丑年。丑年は、象形文字で赤ん坊を象徴しています。なので、ギュッと握ったら離さない執着の人ね。また、生年月日から読み解く朝井さんの性格は、センスがよくて情報収集能力が高く、基本的に人に好印象を与えます。だけど、センスに頼って思いつきでパッパと行動して周囲のことをあまり考えずに振り回す欠点があります。みんなとコミュニケーションをとるのが苦手なところがあるわね」

 私が密かに抱いていた野望は、人気者になることだというのに、コミュニケーションが苦手って致命的なんじゃ……と軽く涙目になっていたら、それを予想していたかのように杏結未先生はこう続けます。






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

最新コラム

占い×心理学で鑑定結果にも納得! 絶品抹茶スイーツも見逃せない占...

 恵比寿駅から徒歩2分、こんな好立地なら、さぞかし都会らしい派手な占いカフェに違いない、と現地へ向かうも……見つからない...

TOCANA