――本当に当たる占い師はどこに......? 恋と仕事と人生のはざまでさまよう独身アラフォー女・カシハラが、導きを与えてくれる占い師を求めて、さまざまな占いを渡り歩きます。

zyunrei0701.jpg
今回の鑑定場所はこちらです

 各所の占いを巡る旅。今回は、すぴえろ研究家で、西洋占星術タロット占い師の、ほともこさんに占ってもらいました。

 さっそくホロスコープを見てもらうと、第7ハウスと第9ハウスそれぞれに、10個の天体のうち4個ずつ入っていて、活動現場が集中していることがわかりました。

「第7ハウスは、自分とは価値観が異なる人と出会う『対人関係』の場所。いろいろな人と会って話して、改めて自分の気持ちや在り方に気づきます。個人の出発点のアセンダント水瓶座なので、相手の感情はどうでもよく、どんな相手でもフラットに扱えますね」

 カシハラは、マイペースというよりも、やや自分勝手だと思っていたのですが、これが理由なのかもしれないです。

「第9ハウスは『未知なるものを理解し、精神を高める』場所で、思想哲学、外国、出版、教養、研究などを意味します。第9ハウスに4つ、出会いの第7ハウスに4つと、天体が2カ所に集中しています。人との関わりは人生において重要だし、自分の意見も言いたいから社会に常に出ていこうとするでしょう。面白い人に出会い、刺激を受け、発表するという意味にも取れます」
 
 なるほど、今やっているライター業は適職というわけですね~。

「でも、第7ハウスにリラックスを意味する『』があるのに、近くに『冥王星』などの厳しい天体もあるので、常に他人からプレッシャーをかけられたり、自分の限界超えを求められたりしますね。もしくは、他人から理解しがたい俺様ルールを押し付けられたりしていませんか?」

 そうですね。確かに仕事では常にやったことのないことや、チャレンジの連続といった感じなのですが……う~ん。では、どうしたら開運できるんでしょう?

zyunrei0702.jpg
鑑定をしてくれた、占い師のほともこさん

「海外に出てみては? ホロスコープは生まれた場所でも調べるのですが、国を移動させると、活動現場であるハウスも動きます。生活の場所を移動すれば、第7ハウスにあった天体がほかのハウスに移動するので、今のような厳しくてリラックスできない状態から抜け出せます」

 ほほ~。やはり海外に出るしかないですかね。ダーリンは外国人を地で行くしかないかも。じゃあ、とりあえずアメリカとかは、どうですか?

「第4ハウスに星が移動して、安心できる場所としてよさそうですが、『冥王星』が収入を意味する第2ハウスに移動するので、収入に関して常識を超えた状況になりやすい。大貧民か、大富豪か、極端な状況になりやすいですね。また、居場所を求め過ぎて、保守的になるかもしれません」

 うう~ん、大富豪はいいですが、大貧民は困ります。では、暮らしやすそうなバリはどうですか?

「第2ハウスに土星があり、安定的な収入を求めるのに、第8ハウスにそれを破壊する『天王星』『冥王星』が入っています。特定の人にのめり込んで、支配するかされるかになる可能性が高いです。借金をしやすい配置でもありますね」

 想像するに、地元のビーチボーイに入れあげて、お金を貢ぐといった感じですね。これは多難。貢いで破産の人生もいいかもしれませんが、それには資金と愛がないとなぁ。

「ハワイのホノルルが楽しそうですよ! 趣味、恋愛、自己表現を意味する第5ハウスに、リラックスの『月』、やる気の『火星』、こだわりの『冥王星』、オリジナリティーの『天王星』が入り、内から湧き上がる情熱を外に表現すると読めます。好き勝手やり放題です。第7ハウスにある人生の目的をあらわす『太陽』、対人関係の『金星』、夢の『海王星』と、第5ハウスの天体たちが関わり合っているので、やりたいことを応援してくれるパートナーが現れそうな配置です。友達はできにくいですが、気分転換には最高です」

 ハワイ! そう来ましたか!! いっそのこと、ハワイで隠居も夢じゃないってか。こうなったら、ハワイで婚活しようかしら? でも、友達はできないのか……それはそれで寂しいかも。

「定住ではなく、しばらく過ごせばいいです。ほかには、インドもいいですね」

 イ、インド!? あんまり興味ないですが、ガンジス川で沐浴して、ヨガでも習うとかでしょうか??

「インドのニューデリーに行くと、第7ハウスと第9ハウスに集中していた星が、第9ハウスと第11ハウスに移動します。日本で対人関係の第7室にあったプレッシャーを掛ける天体が、広く伝える第9室に移動するので、日本では仕事面で限界を常に要求されていたんだけど、インドに行くと自分なりの思想や世界観をきちっとさせた上で、発表できるようになります。第10ハウスは社会の中でのステイタスですが、その1つ先の第11ハウスは、既存社会を客観視して未来を目指す場所。そのために、立場や国籍、性別を超えて、人とのつながりを作っていきます。社会活動家になりそうな配置ですね」

 オレにカレーを食わせろ! って感じでしょうか。日本インド化計画ならぬ、自分インド化計画ですね。はてさて、インドに旅立つ準備を始めますか……。心はオーケン的に、自分をインドにしてしまえ!!
(カシハラ@姐御)

■ほともこ
すぴえろ研究家。スピリチュアリティとセクシュアリティが社会や人の心に及ぼす影響を研究し、現実社会で生かす方法を提案している、西洋占星術&タロット占い師。mixiアプリ「ダンナ様占い」「フェロモンアップ」公開中。執筆協力に、ピンク先生著『夜のマナーブック』(祥伝社)、『がんばらないセックス』(マガジンハウス)。毎月1回、中野のバー「フローチャート」で対面鑑定実施中。
※占いスケジュールはブログでご確認ください。
・ブログ「星こよみ色ごのみ



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする