fande.jpg
いろいろ隠したい気持ちもわかるけど……

 人相学では、目や鼻といったパーツだけでなく、目元のツヤやハリ、おでこのツヤ、血色のよさなど、肌の状態をみて吉かどうかを見定めます。肌は「運気の巡り」を表しているのです。かといって、いきなり地肌にハリやツヤが出るわけではありませんよね。くすみもなかなかとれません。それを手軽にかなえてくれるのが、ベースメイクで使うファンデーション。パウダーやリキッド、ツヤを与えてくれるもの、マットなものと種類もさまざまで、使い方によってはその人の印象が変わってしまうほど、メイクの中でも重要なポジションを占めています。つまり、どのタイプのファンデーションを選ぶかで、呼び寄せる運気も変わるのです。

■ツヤのあるファンデーション……対人関係を深める
 肌に光を寄せ集め、きれいなツヤをもたらしてくれるファンデーションは、人を惹きつけるパワーを持っています。出会いや友人関係、仕事での取引先など、人との交流を深めることができます。立体感が出て鼻の形も綺麗に見えるため金運アップの効果も。

■ハーフマット、セミマットを作るファンデーション……勝負運アップ 
 旬の肌であるハーフマット、セミマットを作り出すファンデーションは、質感が素肌に近く、ほどよくナチュラル。素の自分で勝負をかけるのに抜群な肌といえます。片思い、デート、営業職など、自分から起こす行動から進展をもたらす手助けをしてくれます。こちらから罠をしかけ、相手の出方を待つ時にも使える肌でもあります。

■マット効果のあるファンデーション……本領発揮に貢献 
 マットな肌は、するんとしていて隙がなく、まさに「作られた肌」。弱くなっている自分にシールドを張って守り、本来の自分を取り戻して気質を高めます。恋愛では告白、仕事ではプレゼンや会議といった、自分の力をぶつけなければいけない場面で効果を発揮してくれます。自分の仕事をまっとうしたい時にも、集中力を高めてくれます。

 質感は、ファンデーションだけでなく下地やおしろいで変化をつけることができます。用途によってファンデーションの質感を変えることが、運気を呼び寄せる秘訣です。
 
 しかし、ファンデーションの使い方を間違えると、運気をダウンさせてしまうこともあります。運気を上げる肌は「見せる(魅せる)ベースメイク」。対して、運気を下げる肌は「隠すためのベースメイク」です。
 
 特に過剰な厚塗りは、運を逃がすだけでなく、崩れたときの修復がうまくいかないので避けましょう。ファンデーションではなく、BBクリームを常用するのはNGです。BBクリームは、本来の肌を「隠す」クリーム。肌を隠すことだけに重点に置くと、自分の持っている社会性や本来持っている素質にふたをしてしまい、幸せを逃がすだけでなく、自分の能力をうまく発揮できなくなってしまいます。
 
 スキンケアや下地をうまく使い、ファンデーションの効果を十分に発揮させて、いい運気を引き寄せましょう。

re-sakurabeni.jpg

■咲羅紅
占い師。占術はタロット等。介護職員、美容部員の職歴があり、カウンセリングを得意とする。自然を愛するナチュラリストでもある。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする