の絡まる一軒家が「湯島食堂」です

 はぁ~い! タテロール高柳です。今日は、食べるだけで開運しちゃう「ミラクルランチ」を食べに行ってきたわ~。
 
 ここ「湯島食堂」は、東京大学にほど近い隠れ家風レストラン。学問の神様で有名な湯島天神を通りすぎた、閑静な住宅街の入り口にあるの。もちろん湯島天神にお願いしてから向かったわ。なんだかそれだけで運気が上がった気分になれるからステキねぇ。 

 一軒家の階段を上がっていくと、2階がレストランになってるの。ハイソなマダムになったら、一軒家でこんなレストランをやってみるのもいいわね~。

 メニューは、赤米入りごはん、玉ねぎと赤かぶのボルシチ風スープ、黒米とアスパラガスの和え物と、色付き食材でカラダによさそうだわ。ほかにも、マコモダケと豆のクリーム煮や、じゃがいもとトマトの高野豆腐のオーブン焼き、姫ひじきの煮物、最後のデザートには、白玉餡が出て全部で1,800円。どれもヘルシーで、清々した気持ちになってきちゃった。単純ねぇ、ワタシって。

 赤米も黒米も、古代米の一種なんだって。太古のロマンに浸っちゃうわ~。赤米は、邪馬台国時代に、献上米や日本人の神様へのお供え物として使用されてきたらしいのよ~。もともとは中国大陸から伝わってきたお米で、お赤飯の起源なの。お赤飯だなんて縁起がいいわねぇ。黒米は、薬膳料理に用いられる薬米で、中国では古くから皇帝献上米として大切にされてきたお米みたい。三国志もびっくりよねぇ。

 品数が豊富な料理の中でも、姫ひじきが女子にはすごいぴったり! 姫ひじきとは、静かな海で柔らかく育ったひじきの春の新芽だけを摘んだものなんだって。なんか、春の新芽って聞いただけで、肌がツヤツヤしちゃって若返るわ~。

kaiunresutora.jpg
ランチタイムは女子ばっかり!!

 ただねぇ……正直言って、どれもさっぱりとした薄味で、ちょっと物足りない気分。特にごはんが少な過ぎて、これじゃあ、すぐにお腹が空きそうだわ。お肉なんてないから、肉食女子は、あまりオススメできないかも。

 あら、いけない。ここでは食欲を満たしてはいけないの。開運のためには、あっさり腹6分目に慣れなきゃいけないわ! なんでも湯島食堂では、夜のコースは、ミラクルじゃなくて「上昇ディナー」があるらしいわよ~。やっぱりアッパー男子を狙うならもっとレベルアップしなくちゃだわね。ヘルシーなランチとディナーで、次元上昇を目指すわよ~。
(タテロール高柳)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする