kitemita0711.jpg
巫女のアルバイトは女性の特権なのかも

――お参りするとき、手は何回叩けばいいの? お守りはたくさん持っていて大丈夫? 意外と知らない参拝マナーから、ちょっと気になる疑問や不思議なことは、直接神社に聞いちゃいましょう!

<今回のギモン>
男性も神社でアルバイトできるのですか?

<聞いたところ>
某神社(神奈川県)

 巫女さんのアルバイトって割とあるみたいなんですが、何か資格が必要なのでしょうか? また、男性アルバイトって存在するの? 神社では若い男性もよく見かけたような気がしますが、実際のところは謎だらけです。そんな疑問を、某神社に聞いてみました!

――巫女さんのアルバイトには、何か資格が必要ですか?

神社担当者 特に資格は必要はありません。高校生の方は、学校と親御さんの許可が必要ですが、あとは大丈夫ですね。

――そのほか、特別に必要な資格はないんですか?

神社担当者 はい。ただ髪の毛を1本に束ねていただきます。それから、髪を黒く染めていただくことになります。

――もし髪が短い場合は、結ばなくても大丈夫でしょうか?

神社担当者 できれば1本に結ぶ長さがあるとよろしいかと。

 巫女さんのアルバイトに特別な資格は必要ないんですね。高校生の場合は親の許可だけ必要なだけなので、普通のアルバイト募集とあまりかわらないようです。ただ、神社だからなのか、茶髪やショートカットがどうもNGらしいです。

――わかりました。ときどき巫女さんのアルバイト募集をされていますが、男性のアルバイト募集はされているんですか?

神社担当者 いえ、ないですねぇ。あの、おいくつぐらいの方なんですか?

 こちらは特に何歳ぐらいの男性とイメージして質問したわけではないのですが、とりあえず、頭に浮かんだ親戚の子の年齢を伝えました。

――二十歳ぐらいです。

神社担当者 ああ、そうですか。ちょっと今のところはないんですけど。

――なるほど。では、一般的に男性の募集はないというわけなんですか。

神社担当者 ええ、アルバイトとしてはないですね。神職を希望して、勉強して資格を取られる、神職になりたいというお気持ちがある方ですね。ただお若い方ですと生活していかなければなりませんよね。
 
――はい。

神社担当者 それにはちょっと厳しいかと。こちらでは、もう定年退職なさった方で、資格を取りたいという方は何人か来ていただいていますけど。
 
 神社は女性にとって「固いアルバイト先」ですが、男性は神職を希望している、少なくとも勉強したいという場合のみで、男性にとってはハードルが高い「修行の場」なんですね。アルバイトに限っては「女性であること」が最大の資格かもしれません。
(恐ミオ)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする