higashiharaaki.jpg
東原亜希オフィシャルブログ

 沢尻エリカさんにとって、約5年ぶりの主演作となる映画『ヘルタースケルター』がいよいよ7月14日に公開を迎えます。が、現在、沢尻さんは体調不良ということで休業中。また一部では「大麻中毒」なんていう疑惑報道もあり、完全復帰の道はまだ遠いようです。

 また、沢尻さんといえば映画『パッチギ!』が出世作ですが、沢尻さんをはじめこの作品の主要キャストには、沢尻さんをはじめ、塩谷瞬さん、高岡蒼佑さんと、最近ワイドショーを騒がせた俳優がそろい踏みしています。この一連の騒動に対し、ネットユーザーの中には“パッチギの呪い”なんていう言葉を使う人もいますが、本当に呪いなんてあるのでしょうか?

 とはいえ芸能界では、そういった「○○に関わると不幸になる」といった、呪いのようなジンクスがけっこうあります。一番有名なところでは、東原亜紀さんの「デスブログ伝説」。オフィシャルブログ『ひがしはらですが?』に書かれた人物や場所などが、その後不幸な目にあうといわれており、最近では東京スカイツリー(オープン当日エレベーターが停止)、東京ディズニーシー(アトラクション故障)などが指摘されています。

 そしてスポーツ界でも最近話題となっている“呪い”があります。それは「前田遼一シーズン初ゴールの呪い」。前田選手といえばサッカー日本代表のFWとしても大活躍中ですが、実はJリーグで、シーズン初ゴールをした相手チームが5年連続で降格しているのです。ちなみに、今年前田選手がシーズン初ゴールを決めた対戦チームはガンバ大阪。そしてガンバは現在(6月23日付)、16位と降格圏内で低迷中です。

 一体これらの“呪い”は必然なのか、それとも単なる偶然なのか……。そこでこの呪いの正体を解明するべく、霊能者として活躍する摩耶卑弥呼先生に話を伺ってみることにしました。

――まず、これらの“呪い”の正体は何でしょうか?

摩耶卑弥呼先生(以下、摩耶先生) すべてのケースが当てはまるとは断言できませんが……これらは単なる“思い込み”だと思います。

――つまり、「呪いだ!」と騒いでいる人の勝手な思い込みで、本当は呪いなんて存在しないということでしょうか?

摩耶先生 そうですね。とはいえ、人の思い込みというものは、時に大きな力を発揮します。この中ではスポーツの例が一番分かりやすいですが、ファンの方が「呪いのせいで勝てない」と強く信じたり、インターネットで騒ぐことで、本当に当事者のメンタルを狂わせることもあるのです。

――ということは、呪いを作っているのは、ある意味騒いでいる人達のせいともいえますか?

摩耶先生 騒ぐことで、より不幸を生み出すということはいえると思います。もし本当に応援しているチームに勝ってほしい、応援している芸能人に活躍してほしいというのならば、ネガティブな思い込みをしないで、ポジティブな声をあげることが大切ですね。

――なるほど。では東原亜紀さんのように、ブログに書いた人物や場所によくないことが起こるといった現象はいかがでしょうか?

摩耶先生 こちらも同様です。インターネットなどで「呪いだ!」と騒ぐことで、当事者の目に入る可能性も高くなり、芸能人とはいえ傷つく人もいます。そうなると心がすさみ、無意識にネガティブな念にとらわれてしまいます。そんな気持ちでブログを書いてしまうと、知らず知らずのうちに、悪い方向に進むことが考えられるのです。

 人生において「ポジティブシンキングが大切」とはよく言いますが、何でもネガティブな方向にばかり考えたり、ネットで誹謗中傷の書き込みをしたりすることは、それだけ負のパワーを生み出すことになるようです。
 
 また摩耶卑弥呼先生はこんなことをおっしゃっていました。

「塩谷瞬さんをはじめ、こういった騒ぎを起こす芸能人の方は、もともとメンタルが弱い人が多いです。そういう方は特に周囲の声に惑わされやすく、足を引っ張られます」

 塩谷瞬さんはともかく、沢尻エリカさんや東原亜紀さんのメンタルは、はたからみるとかなり強いようにも感じますが……。本当は周囲の騒ぎに対し、人知れず傷ついていたのかもしれません。

 やはりネットで必要以上に騒いだり、誹謗中傷することはよくないんだな、そんな当たり前のことを改めて感じた今回の取材でした。
(高山惠)

■摩耶卑弥呼
九州・熊本を拠点に活動する霊能者。これまで1万人以上の鑑定を行う。昨年はTBS系テレビ番組『スパモク!』に出演し“九州のスゴ腕霊能者”として除霊を行った。
摩耶卑弥呼公式サイト



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 

【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする