matsudaseiko.jpg
『涙のしずく』(ユニバーサル・シグマ)

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
松田聖子 1962年3月10日 

  13日、自身の公式ホームページで電撃入籍を発表した松田聖子さん。お相手は、東北大歯学部を卒業後、慶大医学部助手などを経て、現在は慶応大学医学部准教授(歯科・口腔外科学)の河奈裕正氏准教授。ドイツへの留学経験なども持つ、スーパーエリート。2人は数年前に知人の紹介で知り合い、医師と患者の関係から、やがて恋人同士に発展、結婚にいたったようです。聖子さんにとっては3回目の結婚。神田正輝さんとの離婚後、2度目の歯科医の男性との結婚は2年程で終わっています。今回の結婚は長く続くのでしょうか? 占い師の稗田おんまゆら先生に鑑定してもらいました。

■結婚=聖子のネタ作り?

 はっきり言って、この結婚はネタ。「結婚ごっこ」です。
 
 結婚の時期、発表の時期ともにタイミングがよく、これはねらっています。ねらっていなかったら、彼女の天性のものです。聖子さんは、「女の独身はよくない」「身を固めるべき」といった保守的な考えを持っています。結婚することで安定を得、支えてもらおうと思っていました。「出会った瞬間『ビビビっときた』」という、1998年の歯科医の男性との再婚のときと同じく、今回もビビビ婚でしょう。
 
 また、聖子さんは結婚を自分のステイタスと考えているところがあります。「歯科医の妻となった自分」「一流大学病院に勤務する医者の妻となった自分」が、彼女は大好きなのです。50歳過ぎで同年代の人と結婚できる自分、ちゃんとした家に嫁げる自分に酔っています。自分に対してやさしく、崇め奉ってちやほやしてくれる彼だから好きなのです。
 
 一方、彼は、聖子さんにぞっこんです。といっても、彼も好奇心からの結婚であって、「松田聖子と結婚できる自分が好き」なのです。女房が松田聖子なんてそうそう経験できませんし、今回の結婚を、おもしろい経験だととらえています。さらに、この年になったのだから、今さら失敗してもいいやとすら思っています。

■再々婚で、娘・SAYAKAとの溝がさらに深まる……

 娘・SAYAKAさんとテレビで共演するなど、仲よし母娘を強調していますが、これは事務所の戦略であって、実際の関係は難しいのではないでしょうか。この結婚で、より2人の間に溝が出てきます。
 
 聖子さんは運気が上がってきていますが、低め安定型なので、歌手として爆発的大ヒットは厳しいです。しかし、彼女は現状に満足していません。だからこそ、今回のような結婚での話題作りも必要なのです。聖子さんは全米でCDデビューや女優とて作品に出演されたりもしていますが、今後は、対アジア戦略を中心に売り込んでいくのがいいでしょう。
 
 タロットの最終結果は「塔」。2人の関係は、このままでは突然、終わりになりそうだと出ています。どうしたら、末永く添い遂げられるかといえば、聖子さんが家庭におさまること。相手の実家との付き合いをどうしていくかが今後のポイントです。「聖子さんと結婚してよかったね」「聖子さん、お嫁にきてくれてありがとう」といわれるような、親類縁者への気配りができるかにかかっています。さもなければ、別居結婚のほうが長続きするかもしれません。

re-hieda.jpg
Photo by Shigeru Yamada

■稗田おんまゆら先生
小学生の頃から占いに興味を持ち、プロとしての占い鑑定歴20年以上。霊感占い、タロット、数秘術、水晶霊視、おまじない&開運&アロマテラピー指導を行なう。高名な心霊研究家から「卑弥呼の再来か」とささやかれる。マスコミ出演、記事執筆多数。占いコンテンツ「現代に蘇りし卑弥呼"稗田おんまゆら"誰もがひれ伏す脅威の鬼道」監修者。
占いスペース「桜」 



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

芸能人占い

松田聖子の結婚は話題作り!? 元祖・スキャンダル歌姫が再々婚!

13日、自身の公式ホームページで電撃入籍を発表した松田聖子さん。お相手は、東北大歯学部を卒業後、慶大医学部助手などを経...

TOCANA