matsuijyurina.jpg
その横髪がじゃまなのよっ!!

――顔はその人の本質を表し、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の"顔"から、テレビだけでは分からないホントの姿を検証してもらいます。

 下馬評通り、ただ1人10万票超えを果たした大島優子の圧勝で終わった「AKB48 27thシングル選抜総選挙 ~ファンが選ぶ64議席~」。私もこの原稿を書くために『AKB48選抜総選挙SP』(フジテレビ系列)をリアルタイムで見ていたのだが、上位残り4人となったところで、「前回予想したのが、三連勝複式で当たるのでは?」と期待したのだが、指原莉乃がベスト3に入れず、渡辺麻友が2位に入ったことで外れてしまった。勝負の明暗を分けたのは何か? 今回の選挙順位により、これから大いに活躍するであろうメンバーの顔相から、今後のAKBについて考察してみたい。

■松井珠理奈(9位)
 SKE48の“W松井”の順位が入れ替わった。松井玲奈が昨年と同じ10位にとどまったのに対し、珠理奈は14位から9位と大きく順位を上げた。前回の予想で「目が迷っている」と書いたが、昨日の放送では視線が定まったいい目をしていた。さすが、私が「20年に1人の逸材」と鑑定した松井珠理奈だ。ただ、髪型がダメ。眉間と眉を出しているのはいいのだが、よほどデカい顔にコンプレックスを持っているのか、眉尻から頬にかけてのサイドをこれでもかと隠した髪型をしていた。百獣の王・ライオンのオスは、顔を大きく見せるために立派なタテガミがある。珠理奈には、アイドルの可愛さを求めるのではなく、大きい顔を隠さずに自信を持って出せと言いたい。君が目指すのはアイドルの王ではなく、芸能界の王だ!

■指原莉乃(4位)
 予想通り、昨年から大きく順位を上げた(9位→4位)が、ベスト3には今一歩届かなかった。その原因が何にあるかというと、「髪型」だ。私があれだけ「キノコヘアにしろ!」と言っていたのにしていない。それどころか、今年の開運ヘアである“丸みのあるボブ”にもしてなかった。運が入ってくる眉間も隠れているし、片眉も隠れた中途半端な髪型。ビジュアルメンじゃないんだから、コンプレックスを隠したヘアスタイルにしていてはこれ以上の飛躍はないだろう。ただ、鼻の肉付きがとてもよくて鼻先がツヤツヤと輝いていたので、金運はバッチリ! 収入は順位以上にグーンとアップしそうだ。

■渡辺麻友(2位)
 5月23日の速報から順位を1つ上げ、柏木由紀を逆転して、見事2位に輝いた渡辺麻友。この2人の明暗を分けたのは、ズバリ「眉」だ! 柏木は、眉頭から眉尻がストンと下がった「ハの字型」の眉をしていた。これは「困り眉」で、運を逃してしまう。一方の渡辺は、きれいな「アーチ型」の眉で、眉尻を下げていた。丸みのあるアーチ型の眉は今年の開運眉で、「私のサイトやコラムを見てやったのか?」と思うほど、かなり意識して眉を作っていた。ただし、本来ある眉を剃った部分が青くなって見えていたのが残念。眉は1ミリ単位で印象が変わり運命が変わるが、渡辺は本来の眉と1センチも変わるほど眉を作っていて、いくらなんでも不自然だった。「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、自分にあった眉にしないといけない。眉尻にかけても細すぎだ。運のよし悪しを観る肌の色艶はこの日ナンバーワンだったので、眉を自然に作れるようになれば、来年こそは1位に輝き、AKBの新時代を築くことができるだろう。

 そして、今回のAKB総選挙を見て、今後のAKBのキーパーソンとなるであろうメンバーの名前を挙げることにする。1人はSKE48の松井玲奈。速報順位の7位から3つ順位を下げて昨年と同じ10位という結果に終わったが、肌の色艶は2位の渡辺に匹敵するくらいよかった。しかし、いかんせん白過ぎる。白という色は清潔感があり、清楚さを印象づける上では得をしているが、冷たく人を突き放す色でもある。松井玲奈という名前も松井“冷奈”に見えてしまうほど冷たい印象を与える。もう20歳ということで、お酒を飲んで血色をよくしてはどうだろうか?

 もう1人のキーパーソンは昨年の19位から順位を4つ上げて15位になった横山由依。見事な顔芸で笑わせてもらった。来年以降も横山の顔芸はAKB総選挙の見どころになるだろう。ファンがもっとすごい横山の顔芸が見たいがために、来年は順位を爆上げするかもしれない。猛禽類(鷲や鷹などの肉食の鳥)を思わせる鋭い目つきは前田敦子と同じで野心的だし、エラが張っているのも前田敦子・大島優子と共通するガンバリ屋さんの顔相。私がプロデューサーならAKBの次世代エースは、前回の予想でダークホースに挙げたNMB48の山本彩か、この横山由依を指名する。

■池袋絵意知(いけぶくろ・えいち)
観相家、顔研究家、顔面評論家。著書に『最強モテ顔講座』(オークラ出版)、『顔相恋占い』(池田書店)、『あなたは何顔美人?』(WAVE出版)など。
・ブログ「Face to Face」 



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする