seizaseikaku.jpg
それすべて、勘違いかもしれません

 ちょっと優しくされただけで、「あいつはオレに気がある」と思い込んでしまう人がいます。あまりにも事実無根の勘違いは、相手をドン引きさせ、周りから「イタイ人」というレッテルを貼られてしまうことになりかねません。

 好かれていると勘違いしがちな星座ベスト3とその理由をご紹介しましょう。

■第3位 天秤座……自己認識が甘い
 天秤座は基本的に自分が大好き。実際にファッションにも気を配り、人から自分がどう見えるか常に気にしています。ただ、自分には甘いので、自己評価も高くなりがち。自分の容姿が普通なら普通以上に、そこそこイケてるならかなりイケてる、というふうに自己認識も甘めに修正されています。単なる親切からの好意も、自分に対しての特別な好意だと勘違いしてしまいがち。それでも「好かれている」「気にされている」という意識が天秤座を磨いてくれているのは事実なので、勘違いも悪いことばかりではありません。

■第2位 獅子座……周りにおだてられて
 プライドの高さは12星座イチ! 心の底に「自分は特別」という思いがあるので、ただ視線が合ったり、あいさつされたりするだけで、「自分を特別扱いしてくれた」と思ってしまいがちです。周りの人が獅子座のそんな性格を知っていて、「面倒くさいから、とりあえずたてておこう」などと思われている場合も。ただ獅子座は勘違いしても思うだけで行動しないので、周りに実害はありません。逆に、好かれている、頼りにされていると思うと発奮し、いつも以上にがんばったり、おごったりしてくれるので、多少勘違いしているくらいのほうがいいようです。

■第1位 射手座……自分のいいように考え過ぎ
 12星座イチ楽天的な射手座は、幸せな勘違いタイプ! どんなことでも物事をいい方に、前向きに考えるのが射手座のよいところ。目が合えば「見られている」、微笑みを向けられれば「アピールされている」と、どんどんプラス思考で拡大解釈していきます。嫌なこと、都合が悪いことはすぐ忘れるので、「全然好きじゃない」とハッキリ言われても気にしません。勘違い人生に幸あれと祈るばかりです。

 勘違いしやすい星座は男女共通ですが、注意すべき点は男性と女性で微妙に違います。

 男性の「モテる自分アピール」は、同性からうらやましがられる場合もありますが、女性がそれをすると同性から総スカンを食う可能性も。「10人以上からプロポーズされて困ってるの」などと公言はせず、心の中で思うだけにとどめておくほうがいいでしょう。

 逆に、本当は好かれているのに、「自分は嫌われている」とネガティブ勘違いしやすい星座は、蟹座、双子座、魚座。以上の星座の人は、勘違いしやすい人を見習ってポジティブを心がけていきましょう。

 好かれていると勘違いしやすい人は、物事を自分に都合よくとらえることができるので、長生きしやすいタイプ。不安に満ちたこの時代をたくましく生き抜いていくには、勘違いパワーも有効かもしれません。

re-kiriya.jpg

■高橋桐矢(たかはしきりや)
占い師兼作家。猫をこよなく愛す。著書『占い師入門』『はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門』(ともに雷鳥社)。監修占いサイト『ルノルマンカード』。
高橋桐矢ツイッター



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする