――報われない恋を成就させるために占い師を巡り、家一軒分も散財していた筋金入りの占いジプシー・ニラコが、ダメ恋愛と占いジプシーから卒業し、今度は占い師を目指す!? 一筋縄ではいかない占いワールドに翻弄され続ける、ニラコの占い奮闘記!(今までの奮闘はこちらから

 タロットに続き、九星気学でも「占い師になるには難しい」と出たニラコ。「占いの勉強を積み重ねればデビューできる」という祈先生の言葉を励みにしつつも、難しい言葉のオンパレードにへこたれ気味……。奥深い九星気学に興味津々だったニラコはどこへ? 今回の授業で希望の光は見えるのか?

zento08.jpg
占い師への道に希望の光が!

 東洋占術の「九星気学」の授業も半ばですが、奥深い九星気学の世界に翻弄されるばかりで一向に飲み込めません。しかも、九星気学でいうところの「三碧木星=短気」である私は、授業の難しさにほとんどギブアップ寸前でした。

 九星気学なんてもう嫌だ……。難しい漢字や単語ばっかり出てくるし、もとは中国の医学が発祥の占いだなんていうし! そんな難しい占術は私なんかがわからなくて当然だし、正直もうヤメターイ!! そんな気持ちで授業を受けているので、なおさら頭に入ってきません。
 
 そんな私の気持ちを知らない先生は、「今日は『五行』を勉強して、相性占いをしてみましょう」と、さっそく授業を始めました。九星気学の授業第1回でも触れましたが、東洋の占いでは「木火土金水」と、地球上や宇宙の万物を五種類に分けて考えているのです。それは人にも当てはまり、年、月、日、傾斜宮(特別な計算で出す星)それぞれを算出し、1人の人の性格や運勢を見るのです。

 「“九星”気学というくらいですから、『一白水星』から『九紫火星』まで9個の星がありますが、すべて五行に当てはまります。9個の星を『木火土金水』それぞれ振り分けると、どうなりますか?」と、祈先生がホワイトボードに空欄付きの五行の図を書き、解答するように私を促しました。

 あ、この問題なら私答えられる! 占いジプシーで九星気学の占い師さんを巡りまくっていた私。知らない内に、知識を身につけていたようです。よっしゃ、全部正解してやるー! と私はホワイトボードに「一白水星は水、二黒土星は土……」と、9個の星をササッと書きました。

 あまりにすらすら解答する私を見て、祈先生はビックリ。続けて、「それではその星が、お互いにエネルギーを生む『相生(そうしょう)』か、傷つけ合う『相剋(そうこく)』か、中立な関係の『比和(ひわ)』か、相関関係を矢印で答えなさい」と問題を出してきました。先生は、これは答えられないと思ったのでしょうが、「えーと、土は火を生んで、金は木を剋して……」と、私はまたもやすらすらとボードに矢印の相関図を書き足しました。
 
 「正解よ! すごい! ニラコさん、やればできるじゃないの!」と、祈先生は感激しています。タロットカードの授業では、プライドが高いわ、人の心理は読めないわ、暗記が苦手だわで散々。九星気学にいたっては、「もう、やめたい」なんて思いながら授業を受けていたダメダメな生徒だった私。しかし、苦節数カ月。ここにきて、8年間の占いジプシー経験が生きてきたのか、すらすら解答できたのです! そういえば私、人の相性を見るのが好きで、占い師に占ってもらうだけじゃなくて、自分で占いの本を見てはいろいろな人の相性調べてたよなあ。占術について詳しくは知らないけど、相性の見方だけは覚えてたんだ……。

 次は、実践授業。年、月、日、傾斜宮を使って、友達との相性を見てみてみることになりました。傾斜宮の出し方はちょっと難しいのですが、そこを試そうという祈先生の目論みだとわかります。祈先生のするどい視線を感じ、ビビりつつも、私は親友のTちゃんとの相性を出すことにしました。

 しかし、これまた楽々できてしまったのです! 自信がみなぎりテンションの上がった私は、突然立ち上がり、手元のノートではなく、ホワイトボードにでかでかと2人の生年月日を書き出し、「先生! 見てくださいよー! 私とTちゃんの相性は、年を見ても日を見ても相生と比和ばかり。相性100%の関係じゃないですか?」と、自信満々に祈先生に鑑定結果を伝えました。

 私が相性を見ることの楽しさに夢中になっていると、祈先生が黙っています。しかし次の瞬間、「素晴らしい!! ニラコさん、今プロの占い師のようだったわよ! やればできるじゃない」と立ち上がって喜ぶ先生。すらすら鑑定する私の姿に、言葉を失っていたようでした。

 授業はやっぱり難しいけど、私、人の相性を見るのがなにより好きみたい。もしなれるなら「相性占い専門の占い師」になりたい! 占いを勉強していて初めて自分の「好き」や「楽しい」を発見し、目指すべき占い師の方向性が見えた気がしました。そして、初めて次回の授業が待ちきれない思いになったのです!

 「占いジプシーで散財した分を取り返すために占い師になって稼いでやる!」と始めた占いの勉強。占いの奥深さに気付かされることも多かったけれど、あまりの奥深さに自分の脳みそも能力も追いつけずに、半ば挫折気味だったニラコ。しかしここにきて、占い師として占うことの楽しさを知り、ようやく純粋な気持ちで占い師になろうと思えたようです。さらに「相性をみる」という得意分野になりそうなテーマも発見!? 次回もお楽しみに!

<今回の学び>
好きこそものの上手なれ! 占い師も「好きな占い」が「得意の占い」です!

■カワグチニラコ
イラストレーター。32歳独身。初めての占いで占い師を信じなかったばっかりに、占いジプシーに。“当たる”と聞けばどこへでも行き、タロットなどの定番から変わり種までひと通りの占いは経験済み。現在、占いジプシーを卒業し、占い師になるべく日々奮闘中。






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

最新コラム

占いの勉強を始めて苦節数カ月……とうとう占い師の才能が開花!?

 タロットに続き、九星気学でも「占い師になるには難しい」と出たニラコ。「占いの勉強を積み重ねればデビューできる」という祈...

TOCANA