LisaMariePresley.jpg
おかえり!

 サイエントロジー信者として知られているエルヴィス・プレスリーの愛娘、リサ・マリー・プレスリーが、教会から脱退したようだと報じられている。最新アルバム『Storm and Grace』に、サイエントロジーとの決別を歌ったと思われる曲が収録されているのだ。歌詞からは教会に対する憎しみがにじみ出ており、元信者たちも「洗脳から完全に目が覚めたようだ」と太鼓判を押しているという。

 リサがサイエントロジーに入信したのは、わずか18歳の時。パーティー、アルコール、ドラッグ漬けになっていた彼女の身を案じ、母親プリシラ・プレスリーが勧めた「サイエントロジー教会の浄化プログラム」にはまったのがきっかけだと伝えられている。リサは、多額の献金をするなど、のめり込んだ信者として知られており、マイケル・ジャクソンをサイエントロジーに入信させるために結婚したという説が流れたこともあった。また、ホモセクハラ騒動の真っただ中にいるジョン・トラボルタを父親のように慕い、サイエントロジー信者として家族ぐるみの付き合いをしているとされている。

 そんなリサがサイエントロジーに別れを告げたようだとうわさされるようになったのは、4月上旬のこと。5月15日に発売した新作アルバム『Storm and Grace』の先行シングルとしてリリースされた、「You Ain't Seen Nothin' Yet」の歌詞が、教会に対する複雑な想いをつづったものと受け取れると、ニューヨークで発行されている老舗タウン紙「Village Voice」が報じたのである。

 「You Ain't Seen Nothin' Yet」の歌詞は、

「権柄ずくに命令する、音をたててはいけない/限界だわ、堕ちていくだけ/私はここに属さない、計画も見失ってしまった/騙されやすくはない、私はもうね」

「私のこと、常識外れの悪魔だって思うでしょ/まだまだ、これからなのよ」
「もし私があなたのシステムにはまらなければ、失敗するのよね/でもね、まだまだ、これからなのよ」

といった内容。サイエントロジーの専門用語で、反社会的パーソナリティーという意味の「サプレッシブ」という単語も登場しており、同紙は、リサの目が覚めた可能性が高いと伝えた。

 「Village Voice」は、アルバム発売後に再びリサの特集を組み、収録されている「So Long」が、サイエントロジーに捧げる別れの曲だと断言。サイエントロジー批判者として有名な、元信者のジェファーソン・ホーキンスと俳優ジェイソン・ベギの、「リサは脱退したと見て間違いない」というコメントも掲載した。

 サイエントロジーの広報担当をしていたジェファーソン(2005年に教会を脱退)は、「So Long」の歌詞に目を通し、「サイエントロジーの信者が、教会を去るときの心境を見事に描いた作品だ。教会が腐敗し、信者をコントロールしていることに気がつき、教会には魂などないことにハッとするのだ。教会は金で支配されている」と発言。

 敬虔な信者として活動し、脱退してからはサイエントロジーは悪の団体だと声を大にして批判し続けているジェイソンは「本当に気の毒に思う。脱退した直後は最も葛藤する大変な時期だから。でも、彼女はきちんと状況をコントロールし、芸術的に表現する余裕もあるから、大丈夫だと思うけれどね」と述べ、リサの精神的な強さを絶賛した。

 ちなみに、リサの母親プリシラは、サイエントロジーの公式サイトに登場したり、メディアで教会について積極的に発言するなど、広告塔の1人として大活躍中の信者。リサが脱退したと知ったら、間違いなく引き留めるだろう。母娘絶縁などという、プレスリー家のお家騒動にも発展する可能性があり、当分目が離せそうにない。

 気になる「So Long」の歌詞だが、以下の通りである。

「この街には光がない/人々には瞳がない/教会、そこには魂などない/器もないのにスープを売る/宗教は腐敗し人々を操る/さようなら、風化した大勢の友よ/あなたたちを懐かしがることなんて、ないと思うけれど」

「さようなら、私は本当に間違っていたようね/私は強くもなかったわ/まったく間違っていた、だから、かなり前に私は去ったわ/私は縁起の悪い左側に寝ていたようね/私の魂は一面汚れている、隠すことができないくらいに/さよなら以上に、はっきりした答えはないわ」

「この道はどこにも続いていない/彼らが話していること、それは意味のないこと/配役されない役者たち/心のない真面目な人たち/私は新しい仲間を見つけたの/初めからやり直すの/さようなら、風化した大勢の友よ/あなたたちを懐かしがることなんて、ないと思うけれど」

「さようなら、ごきげんよう、アウフ・ヴィーダーゼーエン、気のきいたことが言えないのなら、何も言わないで」






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする