522.jpg
火のないところに煙は立たないといいますが……

 5月22日に関するうわさを聞いたことがあるだろうか。今、口コミやネットでまことしやかに語られているそのうわさの内容はこのようなものだ。

「去年のはじめ、知り合いの知的障害者施設の子どもが『3.11ゆ~らゆら』と言っていて、何だろう? とみんな首をかしげていたら、その後東日本大震災が起こった。その子が今『5.22ゆ~らゆら』と言っている」

 上記は筆者自身が知人から聞いたものだが、Twitterやネットの大型掲示板では、「5,22グチャグチャ」など、微妙に細部が違うが、いくつかのパターンで同じような内容のものを見つけることができる。前日の5月21日は金環日食。52年前の5月22日はチリ地震が起きた日でもある。また、5月22日は東京スカイツリーのグランドオープン日。東京スカイツリーは、風水的によくないとか、磁場を壊すなどと、スピリチュアルに詳しい人たちの間でささやかれている。

 欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊などトンデモネタを扱うサイト「News U.S.」では、「5月22日ぐちゃぐちゃ地震予言の真相は、イルミナティによる人工地震テロの予告である!」と題したトピックで、初期のものとされるツイートを紹介。東京スカイツリー開業当日の5月22日にももし地震が起こるのなら、イルミナティの人工地震だと痛烈に皮肉り、実にばかげたデマだと断言している。

 また同サイトでは、上記記事に寄せられたコメントを紹介している。「双子の知的障害者の子どもが逃げよう逃げようと泣いている」「5月21日地震、5月23日大爆発」など、複数の別バージョンがある(詳細はこちら)。

 事件、芸能ニュース、サブカルチャー等を掲載する、情報サイト「探偵ファイル」では、5月7日に高校生が流したという、ツイートの本文、

「緊急通達 5月22日大きな災害が発生する! 3.11発生前に知的障害者の多くが『3.11ぐらぐら』と言っていたらしい 知り合いの人の娘が知的障害者で今回『5.22ぐちゃぐちゃ』と言った話を聞いたため、調べたところ、全世界レベルで多くの知的障害者が同じようなことを言っていることが判明」

が、掲載されている。そして、 先月にはネットの大型掲示板でも同じ話題がたてられていたという。

 ちまたの予言を集めたサイト「大地震・予言・前兆.comでは、5月22日地震予言にからめて、東京スカイツリーについての不吉な予言が掲載されている。

 以上、同様のうわさは今も、バリエーションを増やしながら広がり続けている。これが作られた「ネタ」だとしたらよくできている。ポイントは「知的障害者が言っている」とした部分だ、テレビドラマ『ATARU』(TBS系)に取り上げられているように、“サヴァン症候群”などの一部の患者には、通常の人にはない特殊な専門的な能力の持ち主がいる。地震を予言しているのが「占い師」や「霊能者」であったら、ここまで広まらなかったと思われる。

 これが単なるうわさなのかどうか、信じる信じないは人それぞれお。ただ、うわさに踊らされるのではなく、これをひとつのきっかけとして、ゆるんだ防災意識を立て直し、室内家具を固定したり避難経路の確認をしておくのは悪いことではないはずだ。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする