kyokaisen-109.jpg
サクランボ柄は着る人を選びそう

――『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)の「やってはいけない風水」に登場している風水師・祈優先生が、人気ショップに潜入して、働くオンナたちのファッション・身だしなみ・メイクなどを風水目線でチェック! 辛口トークで、仕事ができる人、できない人をバッサリとなぎ倒していきます。

■今回の潜入場所 
渋谷109

 今回は、渋谷109に潜入。果たして、彼女たちのファッションは、できる女orできない女?

 日曜日の109は混んでる~! ギャルだけじゃなくて、親子で来ている人もけっこう多いのね。店員さんは、ショップによってまったくキャラが違うわ。ぶりっ子キャラ、ソウルキャラ、清純派キャラ、ゴーゴー! イケイケキャラ……。そして、お客さんもそのショップによって、ガラッと違っているから面白い。類は友を呼ぶのね。

 さあ、ちょっと言葉が古いけど、109の「カリスマ店員」を探しに行きましょう。同類キャラを引き寄せる、着こなしテクニックに秀でているカリスマ店員として、私のお眼鏡にかなう人はいるかしら。

<できる女ファッションベスト3>
(1)白地にサクランボ柄の涼しげなワンピース
(2)多彩な色づかいのフレアスカート
(3)内巻きカール+小さな三つあみのヘアスタイル

 まだ春なのに、真夏の海辺をイメージさせるような着こなしの店員さんが多いわね。季節感を感じさせることは風水的に、とても大切なこと。カリスマ店員なら、季節感の先取りをしないとね。でも、これはいいっていう人がいないわ。3階にはカリスマ店員がいるかしら……。あっ、見~つけた! 「サクランボ柄のワンピース」、これはいいわね。ピンクで丸い形のサクランボは、柔らかで明るく、キュートな印象を与えることができる柄。涼しげなシースルーもグッドだわ。

 さぁ、次の店へ……。まぁ、素敵なファッション! オレンジ、ピンク、ブルー、グリーンなど色々な色が混在している花柄の、ふわっとしたフレアスカートを上手に着こなしているわ。多彩な色使いの洋服を着ていると、ふところが深い印象を与えられるのよ。どんな色でも着こなせるということは、どんなお客さんでも対応できるということでもあるわ。ふわっとした長いフレアスカートが、お客さんの心を包み込んでいく効果をさらにアップしているわ。

 コテコテになっていない、程よい内巻きカールヘアも風水的にグッド! それに、細い三つあみをワンポイントにしているのもいいわ。お客さんの気持ちをぐるっと巻き髪で巻いて、それを三つあみで結んで、心を離さない。カリスマ店員になりたい人への、オススメヘアスタイルよ。

<できない女ファッションベスト3>
(1)がい骨柄のワンピース+赤いクマのぬいぐるみのペンダント
(2)コインのネックレスをジャラジャラとつけている
(3)幾何学模様のカットソー

 さすが109の店員たち。これはダメっていう人は、あまりいないわね。あっ! いたわ。黒地に「たくさんのがい骨が描かれたワンピース」。それも、何体ものがい骨が描かれているなんて! これはいけません!!

 がい骨は、その人の本能をあらわすもの。売りたいっていう、店員の本能をお客さんに映し出してしまうのよ。「何着も買わせたい」「あなたには似合っていない」「立ち仕事は、疲れた」「早く、カレに会いたい」などといった、店員さんの心の奥底にあるさまざまな本能を、何体ものがい骨があからさまにしてしまうわよ。

 さらに、首からかけている「赤いクマのぬいぐるみのペンダント」が追い討ちをかけているわ。可愛らしいクマとがい骨のギャップが大きすぎて、お客さんは「この店員、いったい何者?」と、困惑してしまうわ。カリスマ店員になりたいなら、どんなスタイルでいくのか、統一感をもたせないとね。

 あら、その隣にいる「コインのペンダント」をジャラジャラつけている店員さんも、できない女よ! コインは金運を呼ぶアイテムだけど、つけすぎはお金儲けの亡者に映ってしまうの。お客さんは、売りつけられると思って引いてしまうわ。

 隣のショップでも、できない女の着こなし見つけたわ。「幾何学模様のカットソー」は、堅苦しい女に映ってしまうから、お客さんを遠ざけてしまうわ。自ら気軽に話しかけられない雰囲気を演出しているわね。模様は柔らかなフォルムに限るわよ。

<渋谷109の店員がお客の好感度を高めるポイント>

 109のカリスマ店員になるには、自分のショップに引き寄せられる、同類が共感するような着こなしをすることね。でも、そのアピールが度を越すと逆効果になるから要注意! それから、いろいろなブランドが混在する109のようなファッションビルは、同類ではないお客さんもゲットする工夫をしないと。そのためには、色彩鮮やかな色を組み合わせた配色を心がけること。どんなカラーの客が訪れても、対応できる店員として見られるはず。風水でも季節感を感じることがとっても大切だけど、流行に敏感なお客さんが訪れる109では、さらに一歩先行く季節先取りファッションがキーポイントになるでしょう。

re-inoriyu.jpg

■祈優(いのり・ゆう)
風水師。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)など、テレビ・雑誌等のメディアでも活躍中。 凶作用をやわらげ運気を上げていく方法に着目し、 衣・食・住などの決め細やかなアドバイスが幅広い層に支持されている。著書『×××(それ!)があなたの運気を下げている』(ギャップジャパン社)。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • > 【渋谷109編】サクランボ柄or幾何学模様、できない女が着るのはどっち!?

最新コラム

【渋谷109編】サクランボ柄or幾何学模様、できない女が着るのは...

 今回は、渋谷109に潜入。果たして、彼女たちのファッションは、できる女orできない女? 日曜日の109は混んでる~! ...

TOCANA