odagiri01.jpg
ドラマに出るにしても、今後は深夜だね

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
オダギリジョー
1976年2月16日生まれ

 6月3日の放送をもって打ち切りが決まった、オダギリジョーさん主演ドラマ『家族のうた』(フジテレビ系)。初回放送6.1%の視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東)でスタートした同ドラマ。以降。3.6%、3.3%、3.1%と下がり続け、2000年以降の、民放連続ドラマプライム帯最低視聴率を更新しました。ドラマ放送スタート前には脚本のパクリ疑惑が浮上するなど、ネガティブな印象を持ったままスタートしたドラマ。かつ、同一時間帯に放送されている、SMAP・中居正広さん主演ドラマ『ATARU』が放送され、こちらは視聴率が好調のよう。今回のドラマの結果は、オダギリさんの今後の活動にどのような影響をおよぼすでしょうか? 占い師の先生に鑑定してもらいました。

■運気が悪いから問題作を引き寄せた?

 まず、占う前に実際にドラマ『家族のうた』(フジテレビ系・5月13日放映)を見てみました。低視聴率のうわさは知っていたのですが、本当につまらないのかどうか、それを確認したいと思ったわけです。そして……まず、最初の10分でオダギリジョーさん演じる主人公が嫌いになりました。

 不作法で無神経でだらしなくて、ロック・ミュージシャンを勘違いしている。これはオダギリさんが悪いと言うよりも、脚本の問題でしょう。それと、コメディータッチなんでしょうが、「引きつった笑顔」のような、どこかにムリがあるような違和感が漂っています。とても家族揃って楽しめる雰囲気ではありません。

 低視聴率の一番の要因は、脚本にあると思います。そもそも、この脚本自体、『パパはニュースキャスター』(TBS系)のパクリ疑惑がネット上で騒がれていたわけで、テレビドラマといえども、ネットの影響は無視できません。

 では、そのような問題のあるドラマに出たオダギリさんも被害者ではないか? と言えば、これは占い的には「本人の運気が悪いから、そのような仕事を引き寄せるのだ」という解釈になります。

■役者としてのダメージは大

 では、本当に運気が悪いのかどうかを占星術で検証しますと、ドラマがスタートする4月以前から予兆が表れていたはずです。時期的には昨年11月頃でしょう。

 そして、いったん回復したかに見えた運気の流れですが、4月中旬から再び悪化。これはちょうどドラマがスタートした時期に重なります。最終的にこの低迷状態から抜け出すのは、7月初旬頃になるでしょう。しかし、もうドラマの打ち切りは決まってしまったわけですから、後の祭りです。

 ここで、改めて役者としてのオダギリさんの星を見ますと、決して才能がないワケではありません。個性も十分ですし、勘も優れているでしょう。ただし、好調な時と不調な時のギャップが激し過ぎるのが欠点。

 このような人は、作品によって演技のクオリティーにかなりバラつきが出るでしょう。この作品一本で彼の評価が決まるわけではないのですが、風評被害も含め、かなりのダメージを受けてしまったのは間違いありません。

■夫婦仲も今回に低視聴率の原因……?

 「脚本」と「本人の運気」、この2つの要因以外にも、「もしや」と思われる要因があります。それは「家庭問題」です。オダギリさんは現在妻子とは別居状態にあると言われています。妻子は沖縄に住んでおり、原因は「放射能から逃れるため」などと言われていますが、実際のところはわかりません。

 奥様の香椎由宇さんはオダギリさんと同じ誕生日(2月16日)の水瓶座。そして、息子さんも2月8日生まれの水瓶座。「だったら相性はよいはず!」等というのは単純過ぎます。

 私独自の分析法「ソウルメイト診断」では、夫婦、そして家族のソウルメイト度数は両方とも「BB(ダブルB)」ですから、「パートナーとして当面問題はないが、将来確実とは言えない。また、危機的状況には弱い」という結果になります。その危機的状況は、もう訪れているのです。どんな事情があるにせよ、現に別居状態なのですから。

 オダギリさんは、性格的にはかなりドライなタイプですが、今回のような四面楚歌の時、支えてくれるべき家族と離れているのは、さすがにキツいのではないかと思います。そのような心の陰りが、演技のテンションを下げてしまっている可能性もゼロではないでしょう。

■プライムタイムドラマ出演は今回が見納めか

 「7月にはこの運気の低迷状態から抜け出す」と書きましたが、いくら本人の運気が持ち直しても、業界全体に与えたイメージはそう簡単に回復しません。本格的な復活は来年2月頃までは難しいでしょう。

 それまでは、充電を兼ねて、趣味の映画制作や妻子との関係を修復する時間を持つことをオススメします。焦って挽回する必要はありません。才能はあるのですから。ただし、今後は相性の悪い「プライムタイム」は避けたほうがいいでしょう。

re-bigi.jpg

■ビギー・ネプテューン先生
鑑定歴28年。占星術士・ライター&古代料理研究家、ひみつの恋愛研究所所長、マジカルフード・プロデューサー。恋愛・結婚、仕事・経営・転職、人間関係、進路などの現実的な事柄から、スピリチュアルな相談まで幅広いジャンルに対応。
占い&ヒーリングスペース「桜」




【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

芸能人占い

『家族のうた』打ち切りのオダギリジョーは被害者か否か?

 6月3日の放送をもって打ち切りが決まった、オダギリジョーさん主演ドラマ『家族のうた』(フジテレビ系)。初回放送6.1%...

TOCANA