――報われない恋を成就させるために占い師を巡り、家一軒分も散財していた筋金入りの占いジプシー・ニラコが、ダメ恋愛と占いジプシーから卒業し、今度は占い師を目指す!? 一筋縄ではいかない占いワールドに翻弄され続ける、ニラコの占い奮闘記!(今までの奮闘はこちらから

 タロットコースを卒業したと思ったら、次に待ち構えていたのは「九星気学」。初めての授業で、タロットカードでは見えなかった自分の内面に気づかされ、「九星気学っておもしろい!」と思ったニラコ。授業も楽しく、やる気は十分のようですが……。

zento7.jpg
真面目に授業に取り組んでいる矢先、衝撃の事実が……!?

 「九星気学」とは有名な東洋の占術で、九つの星が基本となり、生まれた年、月、日、それぞれに当てはまる星、プラス「傾斜宮」という特別な出し方の宮の4つから、その人の性格がわかるという占いです。しかし私は、占いジプシー時代に九星気学専門の占い師さんに見てもらったこともあり、なじみもあったため、「九星気学の勉強なんて楽勝!」と思っていました。九つの星の名前も知っていたし、その星の性格を暗記するだけだと思い込んでいたのです。九星気学なんて余裕だよ~! 私は鼻歌まじりで授業に挑みました。

 「それでは、九つの星の性格から説明します」と、祈先生が「一白水星」「二黒土星」と九星それぞれの説明をし始めました。私の命式(生年月日で割りだされた星並び)は、年も「三碧木星」、月も「三碧木星」で、三碧木星の性格がかなり強いのだそう。
 
 そして、祈先生が三碧木星の説明をし始めました。「三碧木星は若い頃から運勢に恵まれる。性格はあっさりしていて裏表がなく、正直で気持ちが顔に出やすい。人間関係のドロドロや裏を読むのは苦手。短気決戦に強いが、長期で腰をすえる事には不向き」と、一通り説明した後に、「うーんこれは占い師には不向きな性格よねえ」と、キッツイ一言を! がーん。そ、そんな、ここまで占いの勉強を頑張ってきたのに、先生から「不向き」宣言されちゃうなんて! 

 でも、確かに私は心の裏を読むのが苦手だからか、推理小説の犯人が当たったためしがない。習いごとだって続かなくて、いつも三日坊主。よくよく考えると、九星にある通りの性格だ……。あまりにも自分の性格とドンピシャで、さっきまでの気楽な態度から一転、暗い気持ちになってしまいました。

 そんな私を見た祈先生が、「九星気学で見たら、確かにニラコさんは占い師に向いていないかもかもしれないわね。でも問題は『サンサイカン』よ!」と言いました。「サンサイカン」?? 初めての占い用語です。先生の説明によると、「三才観」とは東洋の哲学の基本で、天候、人、大地、すべてがそろって初めていい作物が収穫できることから、どんな占いでも「天」「人」「地」、すべてを見なければ本質がわからないという考えとのこと。九星気学というのは、単なる性格占いではなく、古来より伝わる東洋の医学が受け継がれて残った統計学で、風水などを含め、人の健康や寿命を改善する医学的な処方からきているということです。

 え、九星気学って性格占いだけじゃなかったんだ! 九星気学が東洋の占いで統計学という立派な学問であることは知っていましたが、まさか中国の医学から来ていたとは! 単なる占いではなく、人の人生そのものを改善するためのものなのね。うぬぬ、奥が深い! 深すぎる!! 九種類の星の性格を覚えればいいのだろうと思っていた私があっけにとられていると、先生はホワイトボードに「十干」「九星」「干支」と書き出しました。

 「三才観によると、十干、干支、九星、全部で見ないと診断できないの。つまり、これら総合で見ると性格だけではなく、運勢、人生の流れ、1人の人のすべてがわかってしまうのよ。ニラコさんの十干と干支は……」と、祈先生は万年暦を調べだしました。

 ……干支は聞いたことあるけれど、「十干」って何? 新しく出てくる単語にパニクっている私をよそに、先生が明るい声で、「あら! ちゃんと『土』も持っているじゃない。ニラコさんの干支も十干も土の星が多いから、コツコツ地道な努力もできないわけじゃないのよ」と言いました。そして、「占いの勉強もちゃんと積み重ねれば、デビューできると思うわよ! 勉強がんばりましょう!」と言ってくれたのです。そんな先生の励ましに、さっきまでの暗い気持ちはどこかへ行き、すっかり気が楽になった私は「ハーイ!」と元気よく答えました。すると祈先生は、「く、口調が軽ーい!! やっぱりニラコさんは三碧木星よねえ……やれやれ」と、三碧木星の私にあきれているようでした。

 九星気学は九種類の星を覚えりゃいいなんて思ってナメていたけど、トンでもない! 知れば知るほど、どんどん奥が深くなっていく東洋占術「九星気学」の世界に、三碧木星で単純頭の私はクラクラ。「私じゃ無理かも」と一瞬あきらめモードになったけど、祈先生の励ましによって希望の光が見えたかも!? この占術の奥の奥まで探求して身につけてやる!! 気合だけは十分なのですが……道はまだまだ遠いようです。

 九星気学の奥深さに圧倒されるも、その世界に興味津々のニラコ。九星気学によると、「占い師になるには難しい」ようだけど、「占いの勉強を積み重ねればデビューできる」という祈先生の言葉を励みに、プロの占い師デビューを目指し、勉強を続けるのでした。次回もお楽しみに!

<今回の学び>
九星気学および東洋の占いは奥が深い! 猛勉強が必須です。

カワグチニラコ
イラストレーター。32歳独身。初めての占いで占い師を信じなかったばっかりに、占いジプシーに。“当たる”と聞けばどこへでも行き、タロットなどの定番から変わり種までひと通りの占いは経験済み。現在、占いジプシーを卒業し、占い師になるべく日々奮闘中。






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする