shingetsu0521.jpg
金環日食とともに起こる今月の新月

 5月21日は新月です。新月とは新しい月が生まれる時。このタイミングに合わせてお願いごとをすると、月の成長パワーが得られて、願いがかなうと言われています。お願いの仕方は簡単。好きな紙に2件以上10件以内の願いごとを書きとめるだけです。(詳しい方法はこちら

 今月の新月は「双子座」。金環日食とともに起こります。また、新月はどの星座の位置で起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今月はどんなジャンルの願いごとがかないやすいのか見ていきましょう!

【新月が始まる時刻】 5月21日 8:47
【ボイドタイム】5月23日 7:51~23日 20:32

 
 新月が始まってから48時間以内に願いごとを書きましょう。8時間以内だとさらに大きな効果が望めます。「ボイドタイム」とは、月の効力が弱くなり人間の判断や決断が間違いやすくなる時間のこと。この時間帯は願いごとの発信に適していません。したがって今月は、23日の午前7時51分までに願いごとを書きとめましょう。

■双子座の新月の得意ジャンルは?

 双子座は、「知性」と「コミュニケーション」、そして「活動力」の星座です。頭の回転が早く、知的好奇心が旺盛。情報を活用するのもうまく、表現力にも恵まれています。

 そんな双子座の新月には、学びや知識に関すること、話術や伝達、情報などの「コミュニケーションに関すること」をお願いしてみましょう。また、移動や輸送も双子座のキーワードなので、短期旅行や車の購入に関しての願いごとにも適しています。

★双子座の新月の願いごとの例★
「目標に近付くために、面白くてためになる講座をみつけられます」
「○○の問題を解決するために必要な情報が入ってきます」
「恋愛関係を築くのに効果的な接し方ができる私になれます」
「知らない人ばかりの集まりでも、楽しめる社交的な自分になれます」
「定期的に短期旅行に行けて、リフレッシュできる生活を送れます」 etc.

 また、インターネットに関する願いごとは、学びにもコミュニケーションにも情報にも関わっているので、双子座の新月には適しています。ネットショップの運営やSNSでの出会いなどに関する願いもオススメです。

★双子座が影響をおよぼす身体の部位や症状★
・手、腕、肩
・花粉症
・肺、呼吸器
・神経系

 これらの部位や症状の治癒に関してお願いするのもいいでしょう。神経的な疲れや、優柔不断で悩んでしまうのを解消する、などの願いも適しています。

■双子座の新月は「風を感じるアイテム」をプラスして

 双子座は「風のエレメント」に属する星座。新しい風が吹くことによって、出会いや新しい情報がもたらされます。今月は、そんな双子座パワーを後押しするような「風を感じるアイテム」をプラスして、お願いごとを書きとめてみましょう。
 
 ペンを用意したら、そこにリボンを結んでください。風になびくようなやわらかい素材のものがオススメです。リボンに抵抗のある人は、やわらかめのヒモなどでもかまいません。リボン結びにすることがポイントです。結んだら、それが風になびく様子を思い浮かべて、お願いごとを書きましょう。リボンは「縁を結ぶ」という意味があり、良縁を望めます。新しい風にのって、素敵な出会いや素晴らしい情報が、あなたのもとにやってくるでしょう。
 
 金環日食とともに起こる今月の新月。地球と月と太陽が一直線になるこのタイミングは、普段よりも強く、陰と陽、女性性と男性性などを統合するパワーが働きそうです。

 自分の中の陰(ネガティブ)も陽(ポジティブ)も統合されて、とってもニュートラルな自分になれるかも。自然体に戻って、素敵な出会いや新しい進展の風を呼び込みましょう!
(永沢蜜羽)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする