友人や家族、恋人にも、なんとなく相談しにくい……そんな悩みのひとつやふたつ、誰しもあるはず。体にまつわることならなおのこと、抱え込んでいるといつしか精神まで病んでしまうことだってありますよね? そんな時、心の拠り所になってくれる寺社仏閣を紹介するのがこの新連載。知っておくと役に立つ!? ありがた~いパワースポットを巡ります。

<行きつけパワスポその1>
間々観音(愛知県小牧市)

■“おっぱい寺”の起源は江戸時代

 連載第1回目を飾るのは、いろんな芸能人も大勢訪れているという、愛知県小牧市にある「間々観音」。なんと、ここはおっぱいにまつわるご利益があるお寺。お話をうかがった受付の岡田さんが、丁寧に説明してくださいました。

「間々観音」は平安時代から続く由緒あるお寺で、弘法大師作の千手観世音菩薩を本尊とする尾張三弘法、尾張三十三観音の札所寺院として知られています。元々は、尾張小牧山の上にあったのですが、小牧・長久手の合戦に際し、織田信長が現在の地に移したとか。

 では、“おっぱい寺”となった由縁は? 
 
 時は江戸時代。当時は食糧もままならず、ましてや子どもを授かってもなかなかお乳が出ない。そんな時、心ある人に分けていただいたお米に感謝して、一人の娘が間々観音にお供えしたら、溢れるように母乳が出るようになったのだとか。その評判が広がり、お乳はもちろん、安産やお宮参りなど子どもにまつわる祈願に多くの人が訪れるようになったそうです。

 取材時も平日にもかかわらず、カップルやご夫婦、女性の方はもちろん、男性お一人でお参りする方など、ひっきりなしに参拝客が訪れていました。

mamakannon01.jpg
観音堂

■参拝順を守って“乳の像”を巡る

 境内には、乳型の像がいたる所にあります。正しい参拝順に沿って、心を込めてお参りしましょう。

mamakannon02.jpg

(1)まずは乳型の手水舎で手を清めて。乳頭から注がれる水で手を清めると、確かに不思議な力が宿りそうな気分になってきます……。


mamakannnon03.jpg

(2)本堂へ向かい、階段を上ったら正面にある鐘を1回打ってください。
(3)扉の少し開いている正面に静かに正座し、観音様に合掌礼拝。住所、氏名、生年月日と祈願したいことを小声で、しかしはっきりと告げてください。しっかり自己紹介しないと、誰のお願いか観音様も迷ってしまいますからね。


mamakannon04.jpg

(4)ここからが大事な参拝のポイント! 観音堂正面横に安置されている乳型の石像の前に座し、前に置いてあるタワシを使って石像を優しくごしごし、ごしごし。乳型石像を撫でたタワシを、自分の体の良くなってほしいところに当ててそっと撫でれば、ご加護がいただけます。ちなみにこの乳型石像は、みんなに撫でられ過ぎて、せっかくの美乳が貧乳になりつつあったのを見かねて、今のご住職が新調したものだそうです。

mamakannon05.jpg

(5)本堂の階段を降りたら、十三重之塔へ。方角によって成就する願いごとが定められているので、自分の叶えたい事柄の方角から矢印に沿って、塔に鎮座する観音様に柄杓で水をかけながら廻ります。立て看板によると、30回以上廻るのがベスト。願いが通じるように一心不乱に廻りましょう。



■おっぱい型の絵馬や、乳型のお守りがずらり

 祈願を終えたら最後のお楽しみは、観音堂にある絵馬やお守り選びです。特に、今のご住職の代になられてからは、カラフルなお守りや授与品を充実させているそうで、どれにしようか目移りしちゃいます。

 中でも注目は、乳型の立体絵馬。実はこの絵馬、時代に合わせて変化を遂げているのです。受付の岡田さん曰く、初代の乳型絵馬はビニール製だったとか。その後、環境への配慮などから和紙製に改良。和紙の持つ穏やかな風合いが、おっぱいの優しさをとってもよく表現していますよ。

 ほかにも、乳型絵馬を模したお守りや乳を描いた「乳の御願い守」など、ユニークな授与品がずらり! ビジュアルや名前で決めるもよし、受付でご利益を訊ねて決めるもよし。いつも身に付けられるものを選んで、しっかりパワーをいただきましょう。

mamakannon07.jpg
お守りは約20種類。
(右手前)成育守500円、(左手前)乳絵馬守500円、(奥)乳の御願い守800円

mamakannon08.jpg
馬は黒と木目があり、紐の色を選べる。1500円

■“巨乳”ではなく、“美乳”を願おう

 授乳や安産、子宝、子どもの健やかな成長など、様々なご利益がある間々観音。高校時代、「ぺちゃパイ」で名を馳せた私のように、いつかふくよかな乳を手に入れたいと願う女性は多いはず。そこで岡田さんに、恐る恐る聞いてみました。「観音様は巨乳の夢も叶えてくれるのでしょうか?」

「間々観音に参ったからといって、急にバストがBからGになったら驚くでしょ? せめてお願いするなら“美乳”にしておいてくださいねって、皆様にお伝えしているんですよ」と岡田さん。なるほど! 確かに大きいだけが良いことではないはず! と気を取り直し、いつまでも健康的で美しいおっぱいを保っていられますようにと、私もしっかり祈願してきました。(文・写真/花 恵)

mamakannon09.jpg
本堂横には和紙製のおっぱい型絵馬がずらり。
中には「バストが86センチになって、大きくなりますように」
なんて、具体的な願いごとも……


■パワスポDATA
間々観音(ままかんのん)
住所:愛知県小牧市間々本町152
電話番号:0568-73-6173
営業時間:7:30~17:00
交通案内:東名高速道路・小牧ICより南へ約2km/名鉄バスセンターより桃花台東行間々乳観音前下車、北へ7分



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 

【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

最新コラム

おっぱいの悩みを聞いてくれる日本で唯一(!?)の“乳”の寺

 友人や家族、恋人にも、何となく相談しにくい……そんな悩みのひとつやふたつ、誰しもあるはず。体にまつわることならなおのこ...

TOCANA