fusui-wine.jpg
飲み会でのお酒は“運気”で選んで!

 ビールが美味しい季節になりましたね! 気温の上昇とともに、アルコール飲料の売り上げも右肩上がりのようですが、お酒と風水も、とっても深いつながりがあります。

 お酒は、主食の次に運気を吸収できるもの。滞った「気」を洗い流し、新しいエネルギーをもたらしてくれます。今回は、お酒×風水で、運気を上げるお酒の飲み方を紹介します!

■楽しく飲んでエネルギーチャージ!

 お酒は、楽しく飲めば運気をアップさせる効果がありますが、愚痴をこぼしながら、人の悪口を言いながら飲むのはNGです! 本来、風水的にアルコール飲料は「陰」に属しています。「陰」といっても、楽しみながらのお酒を飲めば、「陽気」がプラスされるので、日頃たまった悪い気を清めてくれる働きがあります。

 けれども、悪口を楽しみながら、泣きながらのお酒は、陰の気を増やしてしまい運気をダウンさせます。失恋して「まだ彼が忘れられないの~」とやけ酒しては、身も心もボロボロに。風水的にはオススメできません。

■恋愛運アップにはワインが効果アリ!

 そして、お酒には種類ごとに運気アップの効果が異なります。仕事、デート、女子会などのシーンに合わせて飲むものを変えれば、もっと運気アップにつなげることができます。

・ビール
 悪い気を流して、気持ちを明るくさせてくれる効果があります。「とりあえずビールで」は大正解。たまった疲れを流して、元気になれる。まさに乾杯にはもってこいのお酒です。

・ワイン
 美容面でも注目を浴びているワインですが、さまざまな縁を運んでくれる作用と、身体にパワーを与える作用があり、恋愛運をアップさせる効果があります。デートではワインを飲んで、縁をしっかりつなぎましょう。

・日本酒
 人と人との信頼関係を築く効果があります。うわべだけの付き合いから抜け出して、「この人は信頼できる」と思わせる力もあるので、仕事での付き合いは日本酒が吉。

・焼酎
 自分を奮い立たせて、「よし! やるぞ」とパワーを与えてくれる効果が。落ち込んでいる時、やる気が出ない時、ひどく疲れた時にはオススメです。

・ウイスキー&ブランデー
 地位を向上させてくれる効果があります。今よりもスキルアップしたい、暮らしを向上させたい、昇進したいという時にぜひ。ウイスキー&ブランデーを飲む時には、身なりにも気を使うのが運気アップの鍵です。

・カクテル系
 カクテルは色々な素材が混ざり合っているお酒です。それだけ、パワーも与えてくれ、行動力を発揮させてくれる効果が。ただし、甘いお酒は陰性も強いので適量を心がけて!

 その時々の気分でお酒を選んで、何よりも楽しく飲むことが運気アップには役立ちます。ただし、先にも述べたように、お酒は基本的には「陰」に属する飲み物。最も陰のエネルギーが強いお酒は「ワイン」。そして、「ウイスキー」「ブランデー」「ビール」の順に陰性が弱まり、比較的陰性が弱いのは「日本酒」です。また、甘みのある「カクテル」など、お酒の中でも白砂糖を使用しているものは陰気が強くなってしまうので、飲みすぎには注意をしましょう!

 そして、お酒だけを飲んでいては陰のエネルギーが強すぎてしまうので、「陽」の食べ物を一緒に摂ることもお忘れなく! サラダ、きゅうりなどの水系の野菜よりも、根菜やお肉などを選ぶといいでしょう。
(マツモトユニコ、風水アドバイザー宮原利恵)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする