tesou-shigoto.jpg
ライバルに勝ちたければ手相を書こう!

 運勢が変われば手相も変わります。そして、手相が変われば、運勢も変わります。つまり、運勢をよくしたければ、自分の手に線を書けばいいのです!

 恋愛運、金運、仕事運と、運勢によって書く線も変わってきます。今まで、恋愛運に金運と紹介していましたが、今回は仕事運アップの手相の書き方を紹介します。

 仕事運アップに使うのは、緑色か金色の油性ペン。緑色は対人運を表すので、仕事で認められて活躍したい人に。金色は金運を上げるので、仕事でバリバリ稼ぎたい人にオススメです。注意点は、恋愛運、金運と同様、“右手”に描くこと。手相では左手は「先天運」、右手は「後天運」をあらわします。右手に線を書くほうが、すぐに実生活に変化があらわれやすいのです。そして、必ずペンで描いてください。傷を付けて線を作るのは、逆に悪影響があるのでおオススメしません。

■出世したい……人差し指の付け根に「□」を書く!
 手の平の人差し指の根元(マメができるところ)「木星丘」は、社会的な立場をあらわす位置。ここにラッキーサインである「□」を書くことで、自信と実行力が高まり、上司に引き立てられて、出世することになるでしょう。

■独立したい……生命線から薬指に向かって「上向きに伸びる線」を書く!
 生命線上から薬指に向かう線は「開運線」といって、独立や開業の成功をあらわす線です。そのための準備を整えてきた人なら、薬指まで長くくっきりと書くことで、周りの援助を得て、開運の転機が訪れることになるでしょう。

■副業で成功したい……頭脳線の先に「上向きの線」を書く!
 親指と人差し指の間から始まる「頭脳線」の先が二股に分かれているのは、副業で成功する印です。頭脳戦の先が二股に分かれるよう、「上向きの線」を書き足せば、夢を現実にしていく実行力も備わり、趣味で始めた副業を大きな事業にすることも可能でしょう。

■チャンスをつかみたい……手の平から「薬指に上がる線」を書く!
 手の平から薬指に向かって伸びる「太陽線」は、社会的な輝かしい成功をあらわします。「手の平中央」から書けば、自分の得意ジャンルでチャンスをつかみ、「手首から薬指に向かって」長くまっすぐ書けば、人生が変わるほどの大きなチャンスをつかむでしょう。

■仕事を継いで成功したい……親指第一関節の内側に「目の形」を書く!
 これは「仏眼」といって、先祖からの特別な守護がある人が持つ相です。親や親戚の仕事を継いでいる場合、仏眼を描くことで、先祖の守護を得ることができます。墓参りや先祖供養をすればさらなる開運が期待できます。

 仕事、結婚運、金銭運を含む運勢全体をよくしていくには、手指の運動をするといいでしょう。手をギュッと握って開く、グーパーを繰り返すのも効果的。全身のツボが集まった手の状態を上げていくことで、全身が活性化し、運気も高まるでしょう。意識して刺激することで、体調も良くなり、仕事への意欲も高まり、本当に仕事運がよくなってきます。特に仕事に関係する中指、薬指をしっかりマッサージして血行をよくしておくのが効果的です。

 ペンで運気アップの手相を描いて運気の変化を呼び込み、さらに、手の運動で活性化させる。たったこれだけで運気があがる簡単手相術。仕事の合間にぜひ試してみてください。

re-kiriya.jpg

■高橋桐矢(たかはしきりや)
占い師兼作家。猫をこよなく愛す。著書『占い師入門』『はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門』(ともに雷鳥社)。監修占いサイト『ルノルマンカード』。
高橋桐矢ツイッター



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 仕事
  • > 【仕事運】手のひらに緑ペンで「□」を書けば出世できる!