skytree01.jpg
『東京スカイツリー』(ポニーキャニオン)

東京の新しいランドマーク「東京スカイツリー」。展望台からの眺めを楽しめることができるのはしばらく先のことですが、雲を突き抜けるように天空高くそびえ立つ634mのタワーは、外から見るだけでも迫力十分。ゴールデンウィークを利用して、東京スカイツリーを見に行く人も多いでしょう。せっかく東京スカイツリーに来たのなら、近くの穴場のパワースポットを回ってみるのはいかがですか? 東京スカイツリーを楽しみながら、観光ついでに行けるパワースポットを紹介します。

■牛島神社

 天武天皇の時代に、牛の牧場があったことから名付けられた「牛島神社」。両脇に小さい鳥居がついた、珍しいカタチの三輪鳥居が特徴です。境内には「なで牛」と呼ばれる石像があり、自分の身体の悪いところをなでてから牛をなでると、病気が治るといわれています。さらに、心の病気にも御利益があると信じられている、堀辰雄など明治の文豪にも愛された、由緒正しいパワースポット。人通りの東京スカイツリーの散策に疲れたら、おだやかな「気」が溢れている牛島神社で癒しを求めてはいかがでしょうか。

住所:東京都墨田区向島1-4-5
東京スカイツリーからの距離:東京スカイツリーから歩いて7分(約600m)

■押上天祖神社 

 東京スカイツリーから浅草通りを抜けて、さらに進めむと右手に見える「押上天祖神社」。パワースポットとして有名で、御祭神は「天照大神」のほか「八幡大神」「春日大神」と、すばらしい神様のオンパレード。関東大震災と戦災で二度の被害あっていますが、神輿庫は消失を免れていて、当時の荘厳華麗な姿を今も見ることができます。そして、押上天祖神社は東京スカイツリーを眺めるのにも絶景のスポット。鳥居と東京スカイツリーの競演も撮影できので、撮影した画像を携帯電話の待ち受けに使えば運気も上がりそう。パワースポットとあわせて東京スカイツリーを楽しむなら、押上天祖神社で決まりです。

住所:東京都江東区亀戸3-38-35
東京スカイツリーからの距離:東京スカイツリーから歩いて17分(約1.4km)

■ねずみ小僧の墓(回向院) 

 「回向院」の境内には、あの「ねずみ小僧」の墓があります。金に困った人たちのために、悪者からお金を盗んで配る伝説的義賊。そして、ねずみ小僧の墓石のかけらを持っていると、「ギャンブルに勝つ」「運気が上がる」などといわれるようになりました。また、ねずみ小僧の泥棒の腕前から「するりと入れる」ご利益もあるとされ、受験生や就職活動中の人にも人気。墓石を欠き取る人が後を絶えなかったことから、今は墓石の前に欠き取り用の石が置かれています。東京スカイツリー観光の後に、お土産としてねずみ小僧の墓石の石で運気を上げましょう!
住所:東京都墨田区両国2-8-10
東京スカイツリーからの距離:東京スカイツリーから歩いて37分(約3km)

■墨田区三ツ目通り
 
 東京スカイツリーをしばらく南下して行くと、東京現代美術館付近の「三ツ目通り」にたどり着きます。国道357号・湾岸道路と交わる東京都江東区の辰巳交差点から、言問通りと交わる東京都墨田区の言問橋東交差点までが、三ツ目通りと呼ばれています。ここは別名「昇竜スポット」と呼ばれるパワースポット。この辺りにマンションを建設中の某相撲取りの奥さんが、占い師に風水上「昇り竜の如く」と言われたスポット。その相撲取りは大関に昇進したとウワサされています。ほかにも、この当たりに住んでいた人が出世したという話には事欠きません。空にそびえる壮観な東京スカイツリーを眺めたら、自分も昇り竜のように空高く登れるよう「昇竜スポット」を訪れるのもいいですね。

住所:東京都江東区森下4-11-6近辺
東京スカイツリーからの距離: 東京スカイツリーから歩いて47分(約3.8km)

 東京スカイツリーを楽しんだあとは、これらのパワースポットを巡って力をもらってみてください。






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする