パワースポットに行くスピ好きの盲点。それは、浄化するにはまず穢れた身を清めるということ。身を清めてきれいなパワーを入れる空間を作らなければ、どこへ行っても何をしてもあまり意味がないのです。
 
 そこで今回は、身も心も清めるために宿坊(しゅくぼう)に泊まって1日尼僧修行をしてきました!

mon.jpg
こちらが修行先です

 行ってきたのは、奈良にある「信貴山」。日本最古の「毘沙門天」霊場といわれている由緒正しいパワースポットなのです。聖徳太子が、物部守屋を討伐しようと河内稲村城へ向かう途中、この山を訪れたという由緒ある場所。聖徳太子が戦さの勝利を願ったところ天空に毘沙門天王が現れ、勝利の方法を授けたとか。その日が寅年、寅日、寅の刻であったことから、この山では勝利のシンボルとして寅があちこちに。気分は阪神タイガースなのですが、阪神の真弓監督もここに勝利祈願に来ているというから、虎ファンだったらはずせませんね。

 それはさておき、バス停から山に向かいます。途中に架かっている橋の名前が「開運橋」と、なんとも幸先いい名前!

 信貴山の中にはいくつかお寺がありますが、本日お世話になる宿坊は、玉蔵院。平安時代、崇徳天皇の御代に、新義真言宗の開祖である覚鑁上人が信貴山に入山した時、毘沙門天より真陀摩尼(ちんたーまに)という如意宝珠の珠を授けられ、この寺に納めたという伝説から玉蔵院とよばれるようになったお寺です。 

 受付を済ませ、お抹茶と虎の顔おまんじゅうで一服。ここまで虎なのか……と思いつつ、修行の前のしばしの安らぎです。受付時には御祈祷や尼僧の衣装の貸出などができるので、希望者はここで申込みをしましょう。

 尼僧修行に来る女子は、もちろんと言っていいほど尼僧姿になりたがる人が多いそうですが、今回カシハラは略式の袈裟で思いとどまりました。理由は、なんか早朝ぼーっとして裾を踏み、石段から落ちそうな予感がしたから。半日修行ならばまだしも、慣れない尼僧姿で石段を登ったり、修行したりはあまりにも厳しそうですしね。

 まずは、荷物を置いたらさっそく講義。この日のスケジュールはこちら。

【一日目】
15:00~16:00 説明・法話
16:00~16:30 百八礼
16:30~17:15 阿息観
17:15~18:00 食事作法般若心経解説と読経
18:00~18:30 夕食

amasou006.jpg
袈裟を着るだけで、心も引き締まります

 すべての講義で先生が変わりますが、若い方からそこそこいい年齢の方までさまざま。この日は、月曜日だったせいか生徒はカシハラ1人。完全マンツーマンのため、もちろんサボることはできません。

 まずは般若心経の読み方から。「はんにゃーはらー」しか知らないカシハラですが、ここに修行に来る人はすでに般若心経を唱えたことがある人が多いそう。す、すみません。完全初心者です!

 次に、お数珠の使い方を習います。お数珠は、一般のモノとは違いかなり長尺。お数珠の房は飾りかと思っていましたが、修行中、お経を読むときには、この房に付いている10個の玉を一個ずつ寄せて数を数えながらお経を一晩中繰り返します。僧侶や尼僧は、必ず歩くときはこの長いお数珠を腕にかけて一重に。手に持つときは、二重に。その際、玉と玉を合わせて輪にしなければいけません。机上に置くときは、三重に。三重にするときには、玉と玉を合わせて三重にし、房を上と下から中に入れる形に。お数珠はうっかりでも床や地面にはおいては失礼に当たるので注意。ちなみに今回の修行中に、つい輪にせずにしばしば机の適当に置いてしまい、しっかり叱られました……。

 ちなみに、今回泊まる寝坊の部屋は、とても質素。修行中の身なので当然といえば当然です。部屋からは本堂が見えていい眺めですが、温泉旅館ではないのでテレビはありません。夜は静かに過ごせということでしょう。

hukei.jpg
景色はよくても、時間をつぶすのには限界が……

 そして、宿坊に泊まる楽しみといえば、精進料理。こちらの料理は、生麩の天ぷらや、さしみ、鍋など思ったより盛りだくさんで、食べきれないほどの量。かなりお腹がいっぱいになります。もちろん修行中の身ゆえ、食事の前には、般若心経などの決まった言葉を神様にあげてからいただきます。

shozinryori.jpg
旅館で出される料理並みにメニューが充実

 トイレとお風呂は外にありますが、お風呂は男女交代制の大風呂。夜は9時には就寝。早すぎる気もしますが、次の日は朝5時に修行! 大人しく寝るにこしたほうがありません。まだまだ寝坊での修行は始まったばかり。一体どんな体験ができるのやら……。(後編へ続く)
(カシハラ@姐御)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • > 開運するにはまずは身を清めること 宿坊で尼僧修行体験しちゃいました!