――報われない恋を成就させるために占い師を巡り、家一軒分も散財していた筋金入りの占いジプシー・ニラコが、ダメ恋愛と占いジプシーから卒業し、今度は占い師を目指す!? 一筋縄ではいかない占いワールドに翻弄され続ける、ニラコの占い奮闘記!(過去記事はこちら

 ダメ恋愛に見切りを付けたと同時に、占いジプシー経験を生かすべくプロの占い師になることを決意したニラコ。原宿の占いスクール「オフィス・コスモ」の祈優先生の元で、タロットカードの勉強を始めたのはいいけれど、妙なプライドが邪魔をしてまったく先に進めません。もっと素直に占いと向き合いたいのに……ますますニラコは葛藤を抱えることになるのでした。

zento04.jpg
あの日の自分も、今となっては大切な自分なのです

 長年占われ続けた経験と知識があれば占い師デビューなんて楽勝! そんな私のおごった考えは、祈先生の計り知れない知識の豊富さと、相談者に対する器の大きさを目の当たりにし、ものの見事に吹き飛ばされてしまいました。そして、8年間のジプシー体験は1回リセットし、まったく新たな気持ちで占いを勉強しようと思ったのです。

 しかし、「長年の占い体験があるんだから私は占えるはず」というプライドはなかなか捨てられず、授業の成果が一向に出ない……。そんな私のわだかまりに気づいた祈先生が、「ニラコさん、8年間占いに通った理由は何かあったからでしょう? その過去の出来事に折り合いがついてないんじゃない?」と言いました。

 私が占いにはまった理由は、年下のバンドマン、モグへの報われない恋のせい。8年ものあいだ、彼への恋に悩み、苦しみ、すがる思いで占い師をめぐってきたのです。私は祈先生にはじめて過去の出来事を洗いざらい話しました。私の話を最後まで黙って聞いていた先生は、「それじゃ、今日は新しい占い方をしましょう」と、ホワイトボードにカードの並べ方を描き、「これは恋人同士の関係を、お互いの気持ち、相性、総合で見るという占い方です。自分をお客様だと思って、彼のことを思って、占ってみて」と言いました。

 私は手元のタロットカードを混ぜ、モグの姿を思い浮かべながらカードを展開しました。私の過去の位置に出たカードは、「ワンドの女王」の逆位置。嫉妬深く、ヒステリックな女性の象徴です。一方モグの過去の位置には「ペンタクルスのペイジ」。これは年下で子どものような男性の象徴、しかも正位置は前向きな状態です。私があんなに悩んでいた2人の関係に、モグには何も思っていなかったのです。私の現在の気持ちの位置には「世界」のカード。物事の大団円、終結を象徴しています。モグの気持ちの位置には「ペンタクルス9」の逆位置。これは別名「愛人カード」で、彼は私に責任を持った関係を望んでいません。最終結果の位置には勝利と移動の意味を持つ「ワンド6」。

 モグと私の過去、現在、未来の気持ち、相性、最終結果……目の前のカードを見ながら自分の恋愛を鑑定しました。

「過去は独り相撲の恋愛関係で、嫉妬に狂って、一番見たくない自分でした。でも、彼のほうは何も考えず楽しんでいただけだし、ちゃんと付き合いたいわけじゃなかった。私もどこかで彼の本心を知っていて、でも認めたくなかったんだと思います。現在の位置に出た『世界』のカードから、今までの自分の経験をまとめて終わらせて、はじめて最終結果の『ワンドの6』のように、次の段階へといける……のかな」 

 気づけば私はボロボロと泣いていました。すると先生が「その通り。やればできるじゃない!」といいティッシュをくれました。

「過去の自分を認めてはじめて次の段階にいけるのよ。ニラコさんは8年間の傷ついた分を『占い師になって取り返してやる!』って思いにすり変えて、過去の出来事や彼への気持ちをちゃんと終わらせてなかったのよ。でも、そんな人が相談者の気持ちに本当に寄り添えるかといったら、無理。占い師自身の生き方が、占いに出るんだから」

 そうか、これまでどうしても8年の経験のプライドが取れなかったのは、傷ついた自分を受け止めてなかったから。どこかで過去の自分を否定していたから。そういう自分の姿がカードに出るなんて……。タロットのすごさに驚くとともに、今回も自分の甘さを痛感した瞬間でした。

 授業の最後、前回と同じように「占い師になれるかどうか」を占うことに。過去を受け止め、先生にはじめて褒められた今回こそは、いいカードが出て欲しい。祈る気持ちでカードを展開しました。すると……。

 現在の位置に「塔」の逆位置。今日の授業で本当に過去の自分の偽のプライドがくずれたようです。最終結果の位置には「女帝」の逆位置。このままでいくと自信喪失でめそめそしちゃうかもと、パッとしない結果に。

 「やっぱりまだまだね。でも、アドバイスが『皇帝』のカード。これは自信を持てということ。過去の自分をようやく卒業ね!」と、皇帝のカードを持って先生が言いました。

 やっぱり占い師の道は果てしない。でも、今日を境に何か一歩進めた気がする。自覚していなかった自分の葛藤を見抜いて解放してくれる占いって本当にすごい! 占いで悩む人を解放できるような、本当の占い師になりたい! ようやく私は本当の意味で、占い師の道を歩み始めたのでした。

 今まで勉強の邪魔をしていたのは、8年間の占いジプシーで得た知識やプライドではなく、モグへの消化しきれない思いだったと気づいたニラコ。でも、その思いともようやく決別し、本当の意味で、占い師への道のスタート地点に立てたよう。心がクリアになり、真摯な気持ちで占いと向き合えるようになったニラコは、今までの遅れを取り戻せるか!? 次回もお楽しみに!

<今回の学び>
占い師自身の生き方が占いにも影響する。占う側は常に自分自身の内面と向き合い、クリアにするようつとめよう!

<ニラコの通う占いスクール>
タロット占い館 オフィスコスモ 

■カワグチニラコ
イラストレーター。32歳独身。初めての占いで占い師を信じなかったばっかりに占いジプシーに。"当たる"と聞けばどこへでも行き、タロットなどの定番か ら変わり種までひと通りの占いは経験済み。現在、占い師プシーを卒業し、占い師になるべく日々奮闘中。




Recommended by logly
【おすすめ情報】


コメント(3)

そりゃ8年という長い間、片想いの宙ぶらりん状態だったんですもの…簡単には吹っ切れないですよね。でも、こうやってその事実を指摘してくれて良い方向へ導いてくれる先生に出会えて良かったですね。頑張ってプロの占い師になってください!ニラコさんがプロデビューした暁には、是非占って貰いたいです。

その8年には…ニラコさんには本当にヘビーな時期だったんですね。今までの語り口が軽妙だったし、今となっては吹っ切れたと思いますが…。改めてニラコさんの経験と、タロットの世界観の深さに…うまく言えないけど…頭下がる想いばかりです。今回はホロリときました(;_;)

なんか随分次の記事まで間がありませんか?
ニラコさんに何かあったのかと心配しています。

 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする