今回は、川崎まで「かなまら祭」を見に遊びに行っちゃったの~。まだ朝の10時半だっていうのに、川崎大師の駅前には、すでに外人さんやいろんな人たちがいっぱい! こんなに人がいるなんてこの先が思いやられるわねぇ。

kanamara001.jpg
右を見ても左を身でも外国人ばっかり~

 「かなまら祭」っていうのは、その昔に東海道川崎宿の飯盛女たちが始めた商売繁盛と梅毒除けのお祭りなんだって~。今では、エイズ除けのお祭りとして国際的にも有名らしいのよ。こんなに外国人が多いのも、そういう理由からみたいだわ。

 それ以外にも、商売繁盛、子孫繁栄、子授け、縁結び、安産、下半身の傷病治癒にも効くってうわさなのよ! これは、行くしかないじゃない。

 神社に近づくと、そこはもうこんな感じなの! ワタシみたいな乙女は「キャッ」ってなっちゃって、思わず顔が赤らんじゃったわよ。純情可憐な乙女にはちょっと刺激が強すぎるわねぇ。とにかくすごい人気で神社の周りは人でいっぱい。身動きも取れないわ。 

kanamara002.jpg
駅から神社への道は人であふれかえっていたわ

 境内には、かなまらグッズがところ狭しと売られていたわよ~。どれもこれも、アレばっかり! もう恥ずかしいなんていう気持ちは吹き飛んだわ!!

kanamara006.jpg
インカの香り漂うグッズ

kanamara100.jpg
「夫婦和合」という文字がぴったりね!

kanamara009.jpg
こちらは叩きつけるとつぶれちゃうおもちゃよ

 なかでも「かなまら」の形をしたキャンディーが大人気! 買うのに1時間も並んだわ。ギャルから外国人まで、みんなノリノリで舐めてるのよ~。もう、羞恥心なんかすっかりどこかへ行っちゃったわ。やっぱり夫婦和合って大事よねぇ。そっちがうまくいってないと、幸せにはなれないわよね~。

kanamara005.jpg
女子たちが白昼堂々なめちゃってる~

kanamara013.jpg
外国人はなんだかうれしそうだったわ

 時間を追うごとに外国人が増えてきて、気付けば周囲にいる人の半分は外国人だったかしら。国籍も多彩で、インターナショナルなのよ。 
  
 そうこうしているうちにやっと時間がきて。超満員の境内から「かなまら大神輿」と「エリザベス神輿」、「かなまら舟神輿」が運び出されたの。ひと目見ようとする大行列の見物人の前を通り過ぎて、お祭りはすっかり佳境に入ったわ~。かなまら大神輿の周りはご利益にあやかりたい人が集まっているし、酔っ払ったギャルがかなまらにまたがったり、外国人は叫び出したの。こうなったらこのノリについていくわ! ワタシもかなまらまたがったり、叫んだりしちゃうわよ。旅の恥はかき捨てっていうじゃない!? 盛り上がらなきゃソンよ~。

kanamara012.jpg
黒光りの立派なアレが鎮座している「かなまら舟神輿」

kanamara011.jpg
ピンクが妙にエロティックな「エリザベス神輿」

kanamara007.jpg
お祭りだから何でもアリよ!!

kanamara004.jpg
本当は、真ん中の大きなのが欲しかったんだけどね……

 帰り際、自分へのお土産にローズクォーツでできた大きなかなまらパワーストーンが欲しかったけど、これを部屋に飾っておいて未来のダーリンにみられたらタイヘン!! 小さいほうで我慢したわ。明日から、これをこっそりお財布に入れて出かけるわ。ふふふ。こんな秘儀を使うなんて、ワタシも大人になったわ。これで、もう明日からワタシの前に行列ができちゃうかもしれないわねぇ。楽しみだわ~。

■タテロール高柳(たてろーる・たかやなぎ)
妄想ライター。未来のダーリンを求め、今日も妄想を世間にだだ漏れ中。遊び友達、飲み友達もなく自宅でダラダラが趣味。玉の輿のために自分磨きには余念がない。しかし愛しのダーリンはいまだ現れず。勝間和代の本を今夜も愛読。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • イベント
  • > ピンクと黒の神輿を眺め、あのキャンディーをなめまくる!? 「かなまら祭」に行ってきた!