chakra1206.jpg
「Chakra」6月号(アイア出版)

 宝くじで一攫千金を狙っている人、今月の「Chakra」(アイア出版)は“買い”ですよ! なぜなら、「ジャンボ宝くじ必勝マニュアル!」という特集があるからです。「そんな特集、女性週刊誌で毎週やってるじゃん」と思った人、「Chakra」は一味違います。 なんと、過去の当せん番号から当たる番号を導き出し、“今年の1等の当せん番号”を予測しているのです。今まで、運頼み、神頼みで宝くじを購入していた人は、この数字の法則を信じて、購入してみてはいかがでしょうか。ま、結局、信じるか信じないかなんですけどね。では、さっそく中身を見ていきましょう。

<トピック>
◎日本でもっとも尊く、格式のある伊勢神宮(スペシャルムービー付き)
◎ジャンボ宝くじ必勝マニュアル!
◎1分でお悩み解決の藤村式驚異の指ヨガ

■ネットで疑似参拝はアリ?

 宝くじ必勝マニュアルの前に、「日本でもっとも尊く、格式のある伊勢神宮」を見てみましょう。

 ゴールデンウィークを狙った特集なのか、連休を使って初めて伊勢神宮を参拝する人に向けて、外宮・内宮の参拝手順が細かく紹介されています。さらに、別宮やおかげ横町、伊勢神宮からはちょっと距離があるものの、立ち寄っておきたい神社の紹介も。「一生に一度は参りたい、お伊勢さん」といわれるだけあって、伊勢にきたからにはとことん楽しみやがれ的な感じです。

 そして、伊勢神宮に参拝したい気持ちを盛り上げるためか、今回の「Chakra」の特別付録は、伊勢神宮の動画! もちろん無料。ただし、メルマガ会員になる必要があります。

 有名なパワースポットも含め、地方の神社というのは、最寄り駅から徒歩20〜30分だったり、最寄り駅に行くためにローカル線を乗り継いだりと結構不便。近郊であれば車で行けるのですが、まさに「一生に一度」レベルの距離に住んでいる人にとっては、車で行くこと自体が苦行に。そういった苦労があるからこそ、着いたときには達成感もあり、感慨深いものがあったりするものです。動画で伊勢神宮を楽しむか、苦労して現地に赴くか……なんだか神様への敬意を試されている気がしてしまいました。
 
■5月14日は宝くじ売り場に走れ!

 お待たせしました。今回の大目玉特集「ジャンボ宝くじ必勝マニュアル!」です。この道30年以上の、宝くじ評論家・長利正弘氏が、歴代の当せん番号から数字の法則を見つけ、今年の当せん番号を導き出してくれました。

 これ、かなり具体的に出しています。「今回の当せん番号は『13●3●●」』というパターンが有力』で、さらに、「『2と3』、または『3と4』のどちらかのツーペアになると考えられる」そう。なぜそうなのかという説明が長々と書かれていますが、そこは割愛。それではお待ちかねの、“今年の当たる番号”を紹介しますよ!!  

 今年1等賞は……『「13232●」もしくは「13434●」の連番買い』がオススメ!

 だそうです。狙いは「ドリームジャン宝くじ」。「ジャンボ宝くじ」と名のつくものは例年5種類発売。グリーンジャンボはもう終わってしまいましたが、今年はあと4つあります。例年5〜6月頃に発売・抽選される「ドリームジャンボ宝くじ」、7〜8月頃の「サマージャンボ宝くじ」、9〜10月頃の「オータムジャンボ宝くじ」、11〜12月頃の「年末ジャンボ宝くじ」。近々の「ドリームジャンボ宝くじ」は5月14日から全国で発売されます。毎回当たらなくて悔しい思いをしている人は、「Chakra」が導いた番号で宝くじを買ってみてはいかがでしょうか。

 「幸せになりたい」という思いは、誰もが抱くもの。そして「幸せ」とは、自分の願い“我欲”を満たす幸せと、世界平和、人類愛的な“願い”のような幸せがあります。しかし、人間とは不思議なもので、世界が幸せでも自分が不幸なら世の中不幸に満たされていると思い、世界が不幸でも、自分が幸せなら世の中ハッピーと思ってしまうもの。ニワトリが先かタマゴが先か、自分が先か世界が先か。聖地・伊勢神宮の特集と宝くじの特集が同じ号で組まれていた今月号を読んで、そんなことを考えてしまいました。

 来月号は「ぬるだけ簡単♪ 悩みが消える白ごま油」「日本全国“縁起菓子”めぐり」という気になる小ネタ特集が組まれています。考えすぎてパンク寸前の頭を癒してくれる、おいしい縁起菓子の特集だったらうれしいなと願いながら、レビューを締めたいと思います。
(田中優子)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする