ohanami.jpg

 今年もいよいよお花見の季節がやって来ました! 桜が咲き始めるこの時期は、桜の木の下でごちそうを食べたりお酒を飲んだりする「お花見」風景をよく見かけますが、実は、「お花見」の風習は日本人ならではのものなのです。

■お花見は山の神への儀式だった

 お花見のルーツは神聖な農耕行事の儀式にあり、古代日本人は森羅万象すべてのものに八百万の神が宿ると考えていました。そのなかでもとくに崇められていたのが山の神「サ神」であったといわれています。山の神「サ神」は、春になると山から里に下りて来て桜に宿り、田の神、稲の神となって稲の成長と実りを司ると信じられていました。まだ暦がなかった古代においては、私たちの先祖は桜の開花を目安に春の訪れを悟ったのでしょう。そして、桜の咲き方や色合いなどでその年の収穫を占ったり、桜の開花期に合わせて種をまく準備をしたのです。

 「サクラ」の語源は、「『サ神』が宿る『座(クラ)』」からきています。「サ神」の宿る「サクラ」を人々は神聖な木として崇め、お神酒やお供え物をして1年の豊穣を願ったのです。

 桜を鑑賞しだしたのは平安時代から。嵯峨天皇が宮中の桜が開花したのを記念し、桜の木の下で盛大に宴を催しました。この花宴が話題になり、京都の貴族の間で「お花見」が盛んに行われるようになったのです。当初は貴族のものだった「お花見」は時代とともに武士社会にも広がり、江戸時代になると、時の将軍徳川吉宗は、江戸の経済効果アップを狙って「植桜推進策」で江戸の各地に桜を植えさせました。「お花見」はお祭り好きの江戸っ子からあっという間に全国に広まって、一般庶民にも浸透していったのです。

■桜の花びらで願いをかなえる

 古代日本人が豊作を桜に祈願したように、桜には祈願を成就させる効果があるとされ、桜に祈ると願いが成就するといわれています。お願いをする前には、「美しいお花を見せていただきまして、ありがとうござます」と桜に対してきちんと唱えましょう。

 桜の花びらを地面に落ちる前にキャッチすると、片想いがかなう、恋人ができるなどの恋愛成就のおまじないがあります。キャッチした花びらの枚数がこれから1年間で出会う恋愛対象となる異性の数になり、花びらの数が多ければ多いほど恋のチャンスに恵まれるのです。

 つかみとった花びらは、大切に持ち帰って手帳にはさんだり、白い紙に包んだり、あるいは色あせないようにパウチして恋のお守りとして持ち歩くのがオススメです。

 花びらは、ひらひらと予測不可能な動きで飛びますから意外とキャッチするのは難しいものです。桜の花びらをキャッチするコツは、桜が散り始めた時期を狙い、桜の木の下よりも少し離れた場所でお花見するといいでしょう。本気で願いをかなえたいのならば、ただ両手を広げて自然と飛び込んでくるのを待つよりも、積極的に動き回ってつかみ取るぐらいの気持ちが大切です。

 桜の木に直接触れることで、桜からパワーをもらい元気になれます。さらに、桜吹雪を浴びることは厄落としにもなります。桜の花びらのシャワーを全身に浴びてその気を吸うと、心身ともにリフレッシュして浄化されることでしょう。

 一方で、満開の桜の艶やかさには、人の気を惑わす作用があるともいわれ、事実、毎年お花見の時期は乱痴気騒ぎが多くなります。美しい桜の前でハメを外して醜態をさらさないように気をつけてくださいね。
(呪淋陀)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > 花びらは恋愛成就のお守りに、桜吹雪は厄落とし効果が! お花見開運方法