kamimote01.jpg
3時間と長丁場の「神モテレッスン」。
ほぼ半分はホワイトボートを使っての説明なので眠くならないように注意!

 「神モテレッスン」という講座へ行ってきました。講座のタイトルだけ見ると、女性誌のモテテクのようですが、このレッスンの趣旨は、"神様たちからモテモテになって、あらゆる運を引き寄せよう!"。つまり、恋愛の神や金運の神など、あらゆる神を自分のスポンサーにできれば、強運になれるのだそう。なにそれ、ぜひとも神にモテたい! 神を手玉に取りたい! 神界を牛耳りたい! と、煩悩まみれで講座を受講してきました。どう考えても今のままでは、神どころか人間からもモテなそうですが。

■神たちは退屈している、らしい

 講師は、東京・白山でヒーリングサロン「アセンションクラブ」を開いている、ゲイカップルのLithi(リティ)さんとToshiさん。まず、レッスン前半では、"神からモテるために必要なこと"についてをLithiさんが丁寧に解説してくれます。すると、しょっぱなからいきなり衝撃の事実が明らかになりました。

Lithiさん(以下、Lithi)「霊界にいる神様たちは、基本的にいつも退屈しているので、喜んであなた方を助けたいと思っています。ですが、神様にも感情があるため、好きな人から優先的に助けたいのです。神様が好きなのは、イケメンや美女でも、社会的地位のある人でもなく、"波動の高い人"。美しく生きて、ご自身の波動を高めれば、神様にモテるようになります」

 毎日暇で退屈していたり、感情があったり、畏れ多いはずの神ってそんな人間臭い存在だったのですか! そんなことなら、明日にでも友達になれそうな気がしてきました。でも、神様の好みのタイプである"波動の高い人"ってどんな人なのでしょう?

Lithi「簡単に言うと、品格を身に付けると、波動は高まります。ファストフードを食べたり、バーゲンで人を押しのけて買い物したりなどは、波動が低い人のすることですね。そういった獣のような生き方をしていると、神様からはモテません。また、神々はいつも霊界で、人間界のことをテレビを見るかのようにチェックしています。もし、神たちの間で、『○○さんの生き方が面白いよ!』とうわさになれば、"霊界視聴率"が一気に上がるのです」

 "霊界視聴率"! もしかして、恋多き女の人生は、神の世界では月9的存在なのでしょうか。ともかく、Lithiさんの言葉をまとめると、品格のある視聴率女王(視聴率王)になるべし、ということなので、神界のNHKを目指すのがよさそうです。

■スティーブ・ジョブズは"闇のパワー"を使っていた?

 さて、晴れて"波動の高い人"になり、神たちからエネルギーをもらえても、"闇のエネルギー"を使う神からパワーをもらうと厄介なことになる、とLithiさんは言います。闇のパワー......。なんだか、難しい話になってきました。

Lithi「光のエネルギーを使う神と、闇のエネルギーを使う神がいるのです。いずれにせよ、波動が低いと、どちらの神からもパワーをもらえないので、闇のエネルギーの神が一概に"悪い存在"とは言い切れません。ただ、愛の波動の強い人には光の神が、エゴの波動の強い人には闇の神が寄ってきます。闇のエネルギーは非常に強く、このパワーを使えば願いを叶える力も爆発的に得られるのですが、その反動で命を落とす人も多いのです。例えば、マイケル・ジャクソンや、スティーブ・ジョブズが闇のエネルギー、オードリー・ヘプバーンやマザー・テレサが光のエネルギーに当たります」

 光だの闇だの言われても、いまいちイメージしづらいですが、具体的な著名人の名前を出されると、なんとなく言わんとしていることはわかります。ちなみに、スティーブ・ジョブズが"闇"ならば、もしや、アップル製品使ったらダメ? iPhoneを毎日触ってたらアウト?

Lithi「ジョブズはアップルのトップでしたが、商品がユーザーの手に渡るまでには多数の人の手が加わり、闇のエネルギーは緩和されているので大丈夫です。ちなみに、子役として脚光を浴びても、大人になると鳴かず飛ばずな子が多いのも、エゴの波動のせい。子役が稼いだお金を親が独り占めするパターンが多いみたいですね。例えばですが、子役のお母さんが寄付をするなど、愛を持って周囲の人々に還元すれば、"光のエネルギー"の神にモテて、大人になってからも活躍できるのです」

ということは、芦田愛菜ちゃんが今後も活躍し続けられるかどうかは、お母さんが出演料を寄付するかどうかにかかっているのでしょうか......。

■憑いていたのは神ではなく別のモノ

 後半は、LithiさんとToshiさんが2人がかりで、参加者一人ひとりにヒーリングを施し、その後は瞑想の実習に入ります。

 まずは、順番に横になり、LithiさんとToshiさんが頭頂部や肩などに手を当てて、ヒーリングをしてくれます。こうすることで、疲れを取り、エネルギーが注入されるそうなのですが、鈍い筆者は一体何が変わったのかさっぱりわかりませんでした。

kamimote02.jpg
何かを感じたような感じていないような......。
編集Tは「揺れている船に乗っている気分になった」とのこと

 その後の瞑想実習では、「目を閉じて霊界へ行き、あなたを護ってくれる神を見つけましょう」と言うLithiさんの案内に従って、瞑想を始めます。ただ、「あなたの現在の波動と、出会った神の波動にあまりに差がありすぎると、護ってくれないかもしれません」とのこと。瞑想中、"神的な存在"が、人それぞれさまざまな形で、映像で見えたり、音で聴こえたりしてくるようなのですが......。筆者は、Lithiさんの声のあまりの心地よさに、瞑想が始まった途端、グーグー眠りこけてしまったのでした。波動に差があって護ってくれない以前に、出会うことすらできないだなんて! 私、そんなに"波動"低いですか!? ほかの参加者の方々は、「金色に輝く麦畑が見えました」「チョコレートビスケットでできた扉の向こうに神がいました」などと、なんだかいかにもスゴそうな神的なものと出会えたようなのに。

 ヒーリングをされても何が変わったのかよくわからず、瞑想をしても神に出会えず、「神モテレッスン」に来た意味がまったくないのでは? としょんぼり。一方、ヒーリング、瞑想とこなすうちに、頭痛がしてきたという編集T。「Tさんにヒーリングをしたとき、変な霊や魂がたくさん憑いていたのですが、それが祓われた好転反応として頭が痛くなっているんです。特に、Tさんにおじいさんの悪霊が憑いてたのが気になりました。ただ、イライラするとまた邪念が寄ってくるので、気を付けてくださいね」とLithiさんからアドバイスを受けていました。片や神に出会えずじまい、片や変なおじいさんの悪霊憑きと、神からの非モテ甚だしいハピズム編集部スタッフです......。

 帰る道すがら、編集Tが頭痛にイライラして再び変なおじいさんの悪霊に取り憑かれないように、カバンに入れっぱなしになっていたバファリンをそっと差し出しておきました。イイことしたから、私の"霊界視聴率"上がるといいな!

アセンションクラブ 
住所:東京都文京区白山5-25-6
電話:03-3944-3678

re-happism_asai.jpg

■朝井麻由美(あさい・まゆみ)
ライター。体当たり取材を得意とし、一風変わったスポットに潜入&体験した記事は100本を超える。主に週刊誌や情報誌で執筆する他、「ハピズム」にて連載「お昼休みはスピ的ウォッチング♪」を担当。また、「日刊サイゾー」ではB級スポットを巡る「散歩師・朝井がゆく!」を好評連載中。
朝井麻由美Twitter



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • ショップ
  • > 真の勝ち組は神様にモテる女!? 「神モテレッスン」で目指せ"霊界視聴率女王"!