――報われない恋を成就させるために占い師を巡り、家一軒分も散財していた筋金入りの占いジプシー・ニラコが、ダメ恋愛と占いジプシーから卒業し、今度は占い師を目指す!? 一筋縄ではいかない占いワールドに翻弄され続ける、ニラコの占い奮闘記!(過去記事はこちら

zentotanan02.jpgj
1回だけの占いイベント出演は、趣味で占いやってる人と大差ないです

 8年間にもおよぶ占いジプシー時代に培った占いの知識を買われ、友達の占いイベントに1日限定で占い師として出演したニラコ。そこで、恋に悩んで占いに頼る相談者を鑑定し、心底共感できたニラコは、「もしかしたらこのまま占い師になれるかも!?」と、占い師になることを決意しました。そして、試しに占い学校の体験授業に参加してみると、自分の知識のなさと占いの奥深さに愕然! 自分の甘さを痛感したのでした......。

 占い師になろうと決めた私は、占い師として勤務する職場の下見がてらと、軽い気持ちで「タロット占い館 オフィスコスモ」の占いスクールの体験授業に参加しました。しかし、そこで出会ったプロの占い師・祈優(いのり・ゆう)先生が、甘い気持ちでやって来た私を一喝! その知識と占いの奥深さに圧倒され、なめきっていた私は叩きつぶされてしまいました。そして、プロになるには勉強の必要があると実感し、スクールへ入学することにしたのです。

 さっそく「オフィスコスモ」の入学手続きの書類を見ると、タロット口座には「入門コース」と「プロっ養成コース」がありました。さらに「プロ養成コースは基礎を終えた人、または同等の知識のある人専用のクラス」と説明が。体験レッスンで担当だった祈先生からは、「占い師としてはまだまだ!」と一喝されたけど、それでも私は8年もの間占いに関わって(客としてだけど)きた自負がある! 占い師としてデビューだってしたし(1回だけだけど)、お客さんに満足してもらった経験もあるんだ。ただの「初心者」では絶対にないはず! 私は堂々と「プロ養成コース」を申し込みました。

 授業初日。祈先生から「基礎コースじゃなくて大丈夫?」と不安げに聞かれ、私は、今までの占いジプシー歴と、占い師デビューし、友達にも評判だということを自信満々に話し、占い学校にはちょっと知識を得るために入学したことを伝えました。すると祈先生は、「じゃあ、裏カードについても知っているのね?」と質問してきました。う、裏カード? 知らない私を見透かしてか、「まさか、裏カードも知らないで占ってたんじゃないでしょーね?」と、祈先生の優しげな笑顔が不敵な笑みに変わったのです。

 全部で78枚あるタロットカードには「大アルカナ」という22枚のカードがあり、0から21までの番号が振られています。「裏カード」とは、大アルカナの2枚のカードの番号を足すと20になる法則で、例えば、「1番魔術師」の裏カードは「19番太陽」であり、「2番女教皇」の裏カードは「18番月」というように、カードが表と裏として相互につながっているというのです。

 「もうデビューもしてるんだから、知ってて当然ね! じゃ、皇帝の裏カードは?」と、先生が私の顔の前に「皇帝」のカードをバーンとかざしました。皇帝のカードの数字は4だから......えーと、えーと......。私はしどろもどろしながら「死?(13番)」と答えると、「ちがーーう!!」と祈先生の声が。祈先生は答えが当たるまで容赦なく檄を飛ばし、カードをかざしてきます。裏カードなんて知らない私は、もう当てずっぽう。さらに私がカードの数字と絵柄を暗記していないことも明らかに。「プロの占い師はカードの数字と絵柄を全部憶えてて当然よ!」と祈先生は言い、タロット占いとは、占って目の前に並んだカードの意味と、その裏のカード意味まで含めて鑑定するのだと教えてくれました。そのためには、展開したカードを見てすぐにその裏カードを思い出せないと占えないわけです。

 結局、大アルカナ22枚のすべての裏カードを答えるのに1時間近くかかってしまいました。「さあ、次はすべてのカードの中で意味ごとに関連しているカードを答えて!」と、先生は78枚のタロットカードを出し、裏カードを答えてバテバテの私にまるで少林寺拳法の修行のごとくスパスパとさらに質問を畳みかけてきます。う、占いの授業ってこんなに激しいの......。気づけば、インドアな占いの勉強で大汗をかいていました。

 裏カードと関連カードの講義を受けてあらためて思ったのは、タロット占いの世界の奥深さ。お客さんには見えないけれど、占い師はカードの裏カードや関連カードまで頭の中で導いて、すべて含めてお客様に鑑定結果を出していたのです。8年間、さまざまな占いに通ってきたのに、占い師がそんなに深くカードを読んでいるなんて知らなかった! そして、今まで私が友達やお客さんに対してどんなに一面的で浅く鑑定していたのか......。

 毎回授業の最後に行う占い実践では、体験授業と同じく「私は占い師になれるか?」を占ってみることに。前回は勉強不足の上、なまけた姿勢のカードが出ました。しかし、今日は学生時代にもなかったほど真剣に授業を受け、大汗かいて新しい知識を得たんだもん! 今度こそいい結果が出るはずだっ! 

 そしてタロットをめくると......私の気持ちは「ワンドのペイジ」の逆位置。最終結果は「正義」の逆位置で、まだまだ精進が必要という結果に。これを見た祈先生は、「まだまだダメね! ワンドの逆は情熱がくすぶってる状態。私に裏カードをつっこまれたからって、へこんでるんじゃないの。今日の授業なんて序の口よ! こんなことでヘコタレてたら占い師になんてなれないわよっ!!」とバッサリ。く、くそう......。8年間の占いへの投資(?)を無駄にしてなるもんか。カードがいうように、裏カードを知らなかったという事実に私の心も変な自負で伸び切っていた鼻も折れていましたが、先生の檄によってあらたに闘志を燃やしたのです。「絶対占い師になってやる!」、あらためてそう誓ったのでした。

 今まで自分が占ってきた内容の薄っぺらさにショックを受けたニラコ。しかし、祈先生に叱咤激励され、ちゃんと勉強してきちんとプロ占い師デビューすることを決意したのです。次回もお楽しみに!

<ニラコの今回の学び>
出ているカードだけが結果じゃない! 裏カードも含めて鑑定しましょう。

<ニラコの通う占いスクール>
タロット占い館 オフィスコスモ 

カワグチニラコ
イラストレーター。32歳独身。初めての占いで占い師を信じなかったばっかりに占いジプシーに。"当たる"と聞けばどこへでも行き、タロットなどの定番か ら変わり種までひと通りの占いは経験済み。現在、占い師プシーを卒業し、占い師になるべく日々奮闘中。




Recommended by logly
【おすすめ情報】


コメント(2)

以前素人向けのタロット入門の本を読んだ事はありますが、裏カード…初めて聞きました。やはりどの世界もプロだからこその知識ってあるんですね。ニラコさん頑張ってください!!

なんかタロットの真髄に触れて面白いなぁ!!…今、オセロ中島さんの洗脳がらみで、占い業界が肩身狭い傾向みたいですが…。悩み解決の糸口のキッカケになるソフトとしては大切な存在だし、それを扱う人の問題ですよね…。ニラコさんのコラムは読む清涼剤です♪

 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする