izonshoshindan0222.jpg
占いに依存しやすい人は、それ以外への依存
も注意!

 占いの「好き嫌い」と、占いへの「依存」は違います。占い大好き、重度の占いオタクでも、自他共に楽しく過ごせているのなら占い依存症ではありません。「依存症」とは、一言でいうと「止めたいのに止められない」状態のこと。お金がないのに、体を壊してしまうのに止められない、それが依存症です。

 占いは人生を楽しく豊かに広げてくれます。でもハマりすぎて依存してしまうと、せっかくの占いが、あなたの可能性を狭める枷(かせ)になってしまうことになります。平安時代の貴族は、吉凶をなにより重視し、占いでよくない結果が出ると仕事にも行かず家に閉じこもっていたとか。占いを経験したことのある人の中には、かなり占い依存度が高かった当時の貴族を、笑えない人もいるのでは?

 では、占い依存症になりやすいのはどんなタイプなのでしょうか。今もうすでにかなりハマっている人も、面白そうだけどハマるのは怖いから手を出さないでいる人も、潜在的な占い依存度がわかる、占い依存症予備軍チェックをしてみましょう。

<占い依存症予備軍チェック>
(1)朝のテレビの占い結果がよくないと一日ブルーな気分になる
(2)雑誌で占い特集が組まれるとついつい買ってしまう
(3)自分が占い鑑定してもらったことは誰にも話したくない
(4)ものすごく当たる占い師がいるなら、ぜひみてもらいたい
(5)占いなんてどうせ当たらないと思っている
(6)子どものころからわりと成績がよかった
(7)プライベートな悩みを相談できる相手がいない
(8)親との関係がよくない
(9)ヤケ食いや衝動買いをして後悔することがよくある
(10)人前で泣くことはない

 さて、いくつ当てはまりましたか? 当てはまった数によってあなたの占い依存度がわかります。

・YESが0~2個=占い依存になる心配なし
・YESが3~4個=占い依存になる可能性はかなり低め
・YESが5~8個=占い依存になる可能性あり
・YESが9~10個=占い依存になる可能性はかなり高め

 また、YESの数に限らず、チェックリストの中で、下記の項目をYESとした人はきっかけさえあれば一気に占い依存になる可能性があります。

(5)占いなんてどうせ当たらないと思っている
......当たる占い師に出会った途端、誰よりも強烈な信者になってしまう可能性大!

(7)プライベートな悩みを相談できる相手がいない
......悩みを親身になって聞いてくれる占い師に出会うと一気に入れ込む可能性大!

 診断テストで占い依存になる可能性が低かった人は、そのまま安心して占いを楽しんでください。面白そうだけど怖いから手を出さなかった人も、怖がらずに気軽にいろいろな占いを試してみてください。もうすでにかなり占いにハマっている場合は、いっそ自ら占い師になったり、占いライターになるなど、占いで食べていくという道もあります。

 反対に、占い依存になる可能性ありとなった人は、占いに頼るのではなく、「占いは楽しむもの」という発想の転換が必要でしょう。占い程度であなたの人生はそうそう変わりません。依存してしまう心には「余裕」が欠けているのです。たかが占い、しょせん占い、だけど占いは楽しいものです。余裕と遊び心を持っていれば、決して占い依存症になったりしません。

 占い業界の人は、「真剣に占いで遊んでいる」のです。だから誰も依存などしていません。強烈に人を惹きつける魅力がある「占い」。依存症にならずに楽しむポイントは「余裕」と「遊び心」なのです。

re-kiriya.jpg

■高橋桐矢(たかはし・きりや)
占い師兼作家。猫をこよなく愛す。著書『占い師入門』『はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門』(ともに雷鳥社)。監修占いサイト『ルノルマンカード』。
高橋桐矢ツイッター



【検索ワード】  ・  ・ 

Recommended by logly
【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする