nagasakuhiromi.jpg
これで40歳とかありえないって

――人気の低迷やウワサに振り回され、人には言えない悩みを抱える芸能人。彼らをさまざまな鑑定方法で勝手に占い、今後も飛躍し続けることができる成功への道へとお導きいたします。今回鑑定する芸能人はこのお方。

■今回のターゲット
永作博美 1970年10月14日生まれ

 ドラマ『ダーティ・ママ!』で、シングルマザーの刑事役を演じている永作博美さん。現在、一児の母親でもある永作さんにとって今回の役は自分とリンクすることが多いと思うのですが、当たり役になる可能性はあるでしょうか? また、かわいらしいイメージのある永作さんですが、プライベートではおやじっぽいとも言われているとか。家庭ではどのような素顔をみせているのでしょうか? ピュアリのユフネ先生に鑑定してもらいました。

【永作博美さんの本質】

 永作さんは、自分が人にどう映るかを敏感に感じ取り、どう見られたいかを上手に表現できる、天性の女優としてのセンスがある人。世間的には"かわいらしい"というイメージがありますが、本質はエネルギーに溢れ、その力強さは驚くほど。行動の俊敏さや、つっこみ力の鋭さ、仕事に対しての徹底した気合いや根性は、迫力ある男性のようです。ただ、強さだけでなく、愛情深さも含んでいるところが永作さんの魅力。今回のドラマは、そういった永作さんの自然体が上手に表現されています。

 また、思いつきで動くところがあり、突飛な行動も多いでしょう。身近な人からすると、考えていることが理解できないと感じることも。相手に合わせることもできるのですが、根本的に永作さんは人に管理されることを嫌います。管理されることで、テンションや、やる気が落ちてしまうでしょう。永作さん本来の能力を発揮させるためには、いかに管理しないかがポイントになりそうです。

【永作博美さんの仕事運】

 2012年3月以降、永作さんに大きな変化があると星が告げています。今までのスタイルを大きく変える、考え方を変える、住む環境や家庭の変化など。それによって関わる相手も大きく変わります。それは、これまでの人生観を180度変えるような衝撃を感じさせるものでしょう。

 今回のドラマは、永作さんが女優としても生まれ変わるはじめの一歩。変化の直後は模索の期間で、ものごとに馴染むのに時間が必要です。そのため、永作さん自身はもどかしさを感じているかもしれませんが、焦らず、この変化の波を吸収しましょう。今大切なキーワードは「両立」。仕事と家庭のどちらかではなく、両立することが求められます。ただ、あと数年は家庭に比重を置いてもいいのでは? と星は語りかけています。

【永作博美さんの家庭運】

 奥さんになっても、基本的に縛られない人です。自分の興味に従って、楽しいことを探して自由に動き回っていることでしょう。家に入ってコツコツ家事をして、ということはあまりオススメできません。できる限り、自由奔放に生活するといいでしょう。子育ても少し変わった教育、例えば珍しい外国語や楽器を習わせることがあるかもしれません。また、旦那さんを束縛することもなく、好きにさせていることでしょう。だからといって、愛情が薄いわけではなく、大好きと思ったものへの愛着や思い入れの深さは人一倍強い人です。お子さんには自立してほしい、自分の人生を歩んでほしいという願いから、わざと距離を置いたりすることもありそうです。

【成功へのアドバイス】

 重要なポイントは、新しい人生がスタートしたばかりということ。5年後、10年後、どのようになっていたいのかを思い描きながら過ごすことが大切です。永作さんは、ほかの人とは一風変わった表現を追及する人なので、女優として新たな表現を身につけるまでには十分な時間が必要です。試行錯誤しながら作り出していくことになります。そして、いろいろな役柄にチャレンジして、それらすべてを財産にしていくことでしょう。若手を育てる力もある人なので、そのような教育の場をつくることも視野に入れるといいかもしれません。壮大なビジョンを描くほどに、大きな成功は約束されるでしょう。

re-yuhune.jpg

■ユフネ先生
電話占いピュアリ所属の占い師。霊感、透視、占星術、タロット、九星気学など複数の占術を使用し、相談者の悩みにアドバイスしてくれる。得意な相談内容は、恋愛、仕事、人間関係など多岐にわたる。
電話占いピュアリ

re-pure-js0019.jpg

←携帯電話の人はこちら



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

芸能人占い

永作博美、女優として焦りを感じる? 『ダーティ・ママ!』で新たな...

 ドラマ『ダーティ・ママ!』で、シングルマザーの刑事役を演じている永作博美さん。現在、一児の母親でもある永作さんにとって...

TOCANA