kyodai.jpg
今どきの男は育ててなんぼ

 「女兄弟がいる男性は優しい」と感じたことがないでしょうか? 家庭の中で常に女性と接しているため、女性への対応がスマート。かつ女性の現実の姿を知っているので、過剰な夢や期待を抱くことがなく、余裕があるからさりげなく優しい。当然、そんな男性は女性からモテます。

 その点、男兄弟で育った男性、一人っ子の男性は、とにかく女性に慣れていません。対応は不器用でガサツ、女性というものをちっともわかっていないから、ありえない夢を抱いていたりします。でもそんな男性だからこその大きな魅力があります。

 男兄弟で育った男性や一人っ子の男性にとって、付き合う彼女は人生初めて母親以外に身近に接する女性。女兄弟がいる男性なら気付くような演技やわざとらしさにも、男兄弟だけの男性はあまり気付きません。また、女性に対する対応が不器用なので、こうすれば女性は喜ぶ、と自分の好みを教えてあげれば彼は理想の男性に! 

 まさに、自分好みに育てていくことができるのです。女性に慣れていないという彼の欠点が、そのままメリットになります。年下男性にも育てる楽しみはありますが、女兄弟がいる場合は、年下なのに妙に女性扱いが慣れていることも。育てるなら男兄弟の男性が狙い目です。

 彼を喜ばせる一番のポイントは、男のプライドを立ててあげることです。そこさえしっかり押さえておけば、男兄弟の彼は、理想的な彼氏になってくれるでしょう! 兄弟順や一人っ子など、兄弟構成別に特徴と落とし方、そして注意点を紹介します。

■彼が長男+弟
 男兄弟の長男の彼は、年上に受けが良く、義理人情に厚いタイプ。弟との年齢が近く、弟の人数が多いほど、必要に迫られて、責任感が強く面倒見がよくなります。長男を落とすには、頼るのが一番。頼られることで喜びを感じるのが、長男ならではの特性だからです。ただし、面倒見がよすぎて、細かなところで口うるさくなりがちな点は我慢するしかないかも。

■兄+彼が弟
 弟で、末っ子の彼は、一言で言えば永遠の「悪ガキ」タイプ。いつまでも子どもっぽさが抜けないけれど、憎めないのです。生まれた時から同性の兄と競いながら育っているので、打たれ強く、競争社会で実力を発揮していきます。彼は、女性に対しては常に追いかける側、狩人です。逆に追いかけられると逃げて行ってしまいます。彼を落とすには、追いかけさせるために「押して引く」テクニックが有効です。

■兄+彼が中間子+弟
 中間子であるカレは、弟、末っ子の特性に加えて、さらに要領のよさと器用さが加わります。どこにいても活躍できる力を持っていますが、なまじ器用なだけに、なかなか本気にならないところも......。女性とも対等に競おうとします。彼と共通の仕事や、趣味を持つことが、距離を縮めるきっかけになるでしょう。

■一人っ子の彼
 女性に対しても、男性に対しても、一定の距離を置く彼。大切に育てられてきているので、デリケートで繊細。優しくて気配りはできるのですが、一番の問題は打たれ弱いところ。個性を認めてくれる環境さえあれば、自分の世界をとことん追求して大成できます。ひとりっ子の彼を喜ばせるには、個性を認めて褒めてあげるのが一番。ただし、無遠慮に心の中に踏み込み過ぎないことが大事です。

 生まれついてのもともとの性格は、環境によって後天的に変化していきます。特に幼いころの環境=兄弟構成によって大きく変わるのが、対人スキル、つまり女性への接し方なのです。男性と知り合ったら、まずは兄弟構成を聞いてみては? 女性に不器用でガサツな彼がもし男兄弟か一人っ子だったら、将来理想の彼になれるかもしれません!

re-kiriya.jpg

■高橋桐矢(たかはし・きりや)
占い師兼作家。猫をこよなく愛す。著書『占い師入門』『はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門』(ともに雷鳥社)。監修占いサイト『ルノルマンカード』。
高橋桐矢ツイッター



【検索ワード】  ・  ・  ・ 

Recommended by logly
【おすすめ情報】


コメント(3)

随分面白い記事ですね。
こういう話は胡散臭いものが多いなぁと思っておりますが、今回の記事は読んで大変愉快になりました。
ただ兄弟構成を男に尋ねるのは不自然ですね。
そこがこの記事の手引きの急所でしょう。
兄弟も男としてのライバルなのですから、尋ねられた彼の立場からすれば、尋ねてきた女性に対して一抹の不安を抱く可能性も無視できない。
「この女は自分の兄弟に何か目的があるのでは」と思われるような質問は慎むべきであり、たとえ男が一人っ子でも尋ねてきた女性から肉食的な心性を感じ取るのは難くない。
つまり男としての代替可能性を感じさせる質問なのです。
ですから質問相手の男性中心の話題運びができなければ、兄弟構成を尋ねるのは避けたほうが良いでしょう。

堅苦しい問題じゃないわ。年令を聞くのと同じぐらい兄弟を知るのは簡単。やたら難しく考えすぎ。おたくはオトコ?

男の考える“兄弟”と女の考える“兄弟”は違うのです。ですから女の考える“兄弟”を当てはめて行動すると、男のプライドを傷つけてしまう恐れがあるのです。兄弟構成を聞くのは女にとって些細な事なのかもしれませんが、男にとって“兄弟”の問題は根が深いのです。

 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする