mushiryoryi.jpg
蒸し野菜は電子レンジがあればOK!

 寒い季節に多くの女性を悩ませるのが「冷え性」。冷え性=血行不良で、手足が寒いと感じるだけでなく血液の流れが悪くなり老廃物がたまるため、肌のトラブルや体調不良を招く原因にもなります。特に、女性は男性に比べて皮下脂肪が多く、脂肪はいったん冷えてしまうと、温まりにくいという性質を持ちます。つまり、太りやすい体質を作り出すのもこの冷え性。

 風水的には、体内に過剰な「陰の気」がたまると、冷え性になると古くからいわれおり、風水からのアプローチで、冷え性を改善することもできるのです! 風水的な冷え性改善方法で身体が温まると、以下のような効果があります。

・肌のくすみやシミにストップをかけられる
・原因の分からないプチ体調不良の改善
・生理不順、生理痛、月経前症候群の改善
・根暗が治り、明るく元気になれる
・上手に人付き合いができるようになる

 今回は、つらい冷え性の悩みを風水で改善へと導きます。

<風水的冷え性改善ポイント!> 

■「陽」の食物を取り入れよう
 にんじん、かぼちゃ、しょうが、玉ねぎなどの冬の食材、土の下に育つ野菜や冬の北側の地方原産の食材は、大地から伝わる「陽」の気を強く持っていて、食べると体内に熱がたまります。逆に、南の地方で育った野菜、夏の食材は「陰」の気が強いのでNG。土から上に伸びていく野菜であるトマト、きゅうり、レタス、なすなどの水分が多い野菜も要注意です。

■とりあえず加熱を 
 上記にあげた「陰」の野菜でも、加熱することにより「陽」の気に変えることができます。生で食べると冷える野菜でも、加熱すればOK。炒めたり蒸してから口に入れてください。

■天日に干した食物を食べて 
 干し柿やレーズンなどのドライフルーツ、ドライ野菜、魚の干物など、天日に干した食材は太陽の力を存分に浴びていて、強い「陽」のエネルギーを含んでいます。干したものを積極的に取り入れましょう

■「塩」や「唐辛子」を加えよう
 「陰」の食材を使用した料理に、少しだけ「塩」を加えたり、唐辛子を加えると「陽」の気に変えることができます。さらに加熱すれば間違いなしです。

<日常生活で取り入れたい風水的冷え性改善ポイント>

■深呼吸をして「陽」の気を体内に取り入れよう
 深呼吸も大事なポイント。息を深く吸って、ゆっくりと吐くことで「陽」の気を取り込みやすくなります。ここで忘れてはいけないのが「姿勢」です。猫背ではいくら深呼吸をしても効果なし。姿勢を正してから行ってください。

■ファッションに「赤」を加えて 
 冷え性に効く色は「赤」。低すぎる血圧や体温を上げやすくする作用があります。パジャマ、毛布、下着、パンツ、腹巻、スカートなど、下半身アイテムに取り入れましょう。さらに「ゴールド」を加えると、血行も良くなり体の芯から暖める効果も。活力を高めてくれるので、冷え性の人が陥りやすい「無気力」や「惨めな気持ち」などネガティブな感情を払って、明るく前向きで強い人をつくります。

 高価な化粧品を使わなくても、体内を温めるだけでキレイなお肌&若々しさが手に入ります。どれも手軽にチャレンジできるので、冷え性で悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。
(マツモトユニコ、風水アドバイザー宮原利恵)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする