sashihara.jpg
メンバーの中で一番勢いがあるさしこ

――顔はその人の本質を表し、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の"顔"から、テレビだけでは分からないホントの姿を検証してもらいます。

 アサヒ飲料のコーヒー飲料 「ワンダ(WONDA)」の新商品「ワンダ キングロースト 焦がし微糖」についてくる「AKB48開運ワンダフルストラップ」の評判がいい。今回は10人のメンバー(前田敦子、大島優子、柏木由紀、篠田麻里子、渡辺麻友、小島陽菜、高橋みなみ、板野友美、指原莉乃、横山由依)の中で一番開運効果があるのは誰のストラップなのかを鑑定しよう。

■3位 篠田麻里子

 以前この連載の中でも書いたように篠田麻里子は類いまれな「運」を持っている。ストラップの顔写真もすごくいい。今年の開運顔の基本は丸みのある顔。大きくて丸い目、鼻先の丸み、口角が上がった「開運笑顔」、輪郭も丸顔で、それを丸く包むような丸いシルエットの髪型もいい。どのパーツもパーフェクトと言っていいほどの開運顔だ。

 日本顔学会の顔訓13箇条に「いい顔、悪い顔は人から人へ伝わる」がある。これに私が提唱している、ふくろう流顔訓13箇条の「運のいい人に会おう。そうすればいい顔になれる」を連動されると、「いい顔」=運のいい人に会うと、その「いい顔」が自分に伝わって、自分も「いい顔」になって運もよくなる"顔と運の法則"が出来上がる。つまり、篠田の顔を見ているだけでも開運には効果的なのだ。ただ、この写真だと自我の強さを表すデカ鼻と感情的になりやすい人中(鼻と口の間)の狭さが目立つこともあり、3位とさせていただいた。

■2位 前田敦子

 今年の開運顔は丸みのある顔なので、前田のような「活発」「知的」「かっこいい」「神経質」という印象になるパーツの配置が内型のシャープフェイスの開運度は低い傾向にある。本来であれば、目と目の間が離れていて、ふっくらした輪郭のソフトフェイスをした柏木由紀のような顔のほうが上。しかしながら、柏木と高橋みなみだけがストラップの写真が笑顔ではなかったので、残念ながらベスト3から外すことにした。

 一方前田は、ストラップの写真だととてもいい柔らかい表情をしている。眉間が開いて眉尻が下がっているし、曲線的に目尻が下がった「開運表情」をしているのだ。髪型も全体的に丸みがあって、篠田に次ぐ「開運髪型」。顔に丸みがない人でも、表情と髪型で開運できるお手本のような写真になっている。さらには、お守り型ストラップの色も今年の開運色の赤(朱色)で総合的に2位に。

■1位 指原莉乃

 昨年の「AKB48選抜総選挙1位」「AKB48選抜じゃんけん優勝」の2人をおさえて「AKB48開運ストラップ1位」に輝いたのは指原莉乃。今年の開運顔である「丸みのある顔」の中で、特にポイントが高い顔相が2つある。1つは「アーチ型(半円)の眉」で、もう1つはほおが前方向に丸く隆起する「たこ焼きほっぺ」。ほとんどのメンバーが眉が隠れた髪型のため「アーチ型の眉」は確認できなかったが、写真の中でもっとも「たこ焼きほっぺ」をしていたのが指原だった(本来は、柏木が「たこ焼きほっぺ」ナンバーワンだが、写真が笑顔でなかったために......)。

 スマイルの時に「たこ焼きほっぺ」になる人ほど、笑顔の表情が相手に伝わりやすく好印象を得られて、開運度が高くなるのだ。ストラップの色もピンクがかった朱色で、前田に次ぐ開運色。そして、ストラップの中に入っているメンバーがいろんな動物に変装した「ワンダフルアニマルシート」が指原はフクロウなのだ! フクロウは「福来郎」「福籠」といった当て字が使われるなど福を呼ぶ縁起がいい鳥(※私の流派も「ふくろう流観相学」)。顔、色、動物の3つ全ての開運度が高く見事1位となった。

 ストラップの髪型はそれほど開運度は高くないが、現在は短い丸みのあるボブにして開運度がアップした指原。今後さらに開運度を上げるには、もっと丸みをもたせたキノコヘアにするといいだろう。

■池袋絵意知(いけぶくろ・えいち)
観相家、顔研究家、顔面評論家。著書に『最強モテ顔講座』(オークラ出版)、『顔相恋占い』(池田書店)、『あなたは何顔美人?』(WAVE出版)など。
・ブログ「Face to Face



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 

Recommended by logly
【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする