富士山といえば、日本でも有数のパワースポットです。その霊験あらたかな場所として、毎年かなりの人が開運のために富士登山をしています。ここ数年のパワースポットブームで、登山やハイキングを好んでいた層から明らかに年齢層も若く女性も増えました。

kaiunsuotu.jpg
富士山の神々しい姿を見れば、心が洗われ気も澄んできますね。

 富士山には、江戸時代に富士講という結社ができ、祭りなどの行事と富士登山が盛んに行われたといいます。その名残で、富士山に由縁のある開運菓子が売れれているのです。

 それは、富士急行線の富士山駅売店でも売られている「雪の魂」。名前からして清々しいです。

 富士の伝説によれば富士山の麓に水神が住む洞窟があり、その洞窟に滴る富士山の伏流水は、「雪の魂」と呼ばれたそうです。これは人々の間で富士山からの聖水=守り水とされてきました。富士講の人々はこの「雪の魂」を手に山頂を目指したそうです。

kaiunsuitu02.jpg
こちらが「雪の魂」です。富士山駅を訪れた際は購入したい。

 今でこそ、富士登山は一般的になりましたが、その当時の富士登山は困難を極め、想像をはるかに超える苦行だったそうです。「雪の魂」は水神の恵みの水として、彼らの疲れを癒し、そして登山の安全を守ったと伝わっています。「雪の魂」は、その伝説に由縁を持った富士山に挑む登山家たちのお守り菓子として生まれました。

kaiunsuitu.jpg
登山家の守り菓子として慕われてきたのも納得です

 さて、僭越ながらお菓子をいただきます。ごまとクルミと蜂蜜を練った甘い塊が口の中に広がります。滋養のある素材を味わうと、なんだか元気になってきたような......。ちょっと見は地味なお菓子ですが、見た目よりもパワーが充填でき、さらに開運できるなんてすばらしい! 年の初めのうちに、ぜひ富士山パワーを得るために食べてみたいですね。
(樫原叔子)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > 登山家たちのお守り菓子「雪の魂」は、富士山のパワーを得られる開運スイーツ