yuhobika1203.jpg
「ゆほびか」(マキノ出版)3月号

 「ゆほびか」(マキノ出版)に毎号載っている、著名人がペットを紹介するコーナー「ペットと私」。今月号は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)のヘイポーさん!? と二度見すると、その中年男性は作家の町田康でした。町田康の飼っているワンコのプードル君は、耳の毛が派手なピンク色に染められています。カワイイけど、ペットの毛染めって非難も多そう。その辺の事情が知りたいのに、犬との出会い話ばかりで毛染めに関してはノータッチでフィニッシュ。気になりすぎて「町田康 犬 毛染め」で検索したら悪口スレッドが出てきちゃいました。これから毒出し健康雑誌「ゆほびか」を読むってのに! では、今月号もいっちゃいましょう!

<トピック>
◎医師が制作 免疫力を高めてくれ病気を癒やすCD
◎納税日本一の実業家が指南! 「ツキを呼ぶ掃除力」
◎もっと愛が深まる「夫婦ゲンカの作法」

■「ヌメヌメした塊」に「まばゆい光」、超感覚的な会話にドキドキ!

 今月号の「ゆほびか」の付録CD「免疫力アップCD」は、かなりのおトク感です! 医師の萩原優氏と、8人のセラピストの声による催眠心理療法が収録されていて、聴くと催眠状態になり身体が勝手に自分の悪いところを探し出して教えてくれるらしいです。催眠療法とか催眠セラピーって実際に受けると高いんですよねー。だけど催眠療法は効果ある! と個人的に思うので、こうして付録CDで手軽にできるってウレシイです。しかもいま流行りの免疫力(自己治癒力)を高められるというのだから......。

yuhobika1203-huroku01.jpg
「ゆほびか」初見の人、お気づきでしょうか。
そうなんです。「ゆほびか」の付録CDはとじ込み付録なのです

 誌面では、肩こりと腰痛がひどいという編集者が実際に体験した模様が実況されています。横になった女性編集者を6人ほどの女性セラピストたちが囲んで、その枕元にはおじさん(萩原氏)が一人いる光景を激写した写真も。これだけ見ると完全に怪しいですが、受けている編集者は、萩原氏に「体の気になる部分はどうなっていますか? 何色で、どんな形に見えるでしょう?」と聞かれ、「右の鎖骨にヌメヌメとしたピンク色の塊、左腰にザラザラとした灰色の塊を感じます」と、超感覚的な会話をしていてさらにドッキドキ。編集者はこの後、「まばゆい光がそれらを押し出してしまいます。3、2、1......」というかけ声とともにその「ヌメヌメ」と「ザラザラ」を身体の外へ出したらしく、「すっかり楽になりました、肩こりも腰痛も気にならない」と断言していましたよ!

■実際にチャレンジ! 「腐ったイチゴ」が見えました!

 これはもうCDで体験するしかないですよね。横になって聴くと寝てしまいそうなので、椅子に座った状態で、再生!

 まずは、萩原氏が催眠状態へ誘導。第2トラックになると女性たちのささやきが......! たくさんの女性が小さい声でそれぞれに何か言っているので、ハッキリとは聞き取れません。ちょっと不気味。そして「体は知っています。あなた本来の健康な状態を......」とか言ってる萩原氏の声をボーッと聞いていると、だんだん左の腿の付け根に違和感が......。背もたれに寄りかかっているのがしんどくなってきて、机につっぷしたくなってきました。

 左腿の付け根を猛烈に指圧したい! と思い始めたとき、CDは第3トラック「ヒプノティックムーブメント(催眠運動)」に。「手を当てたい場所があったら当ててください」と言うので、目を閉じたまま左腿の付け根をギューギュー押してみました。気持ちがいい! そのうち、右胸の下(肝臓のあたり)にも違和感が。さらに、頭の中に「腐りかけてドス黒くなったイチゴの盛り合わせ」の映像がなぜか浮かんできました。

 そしてトラックは「カラーヒーリング」へ。身体の不具合を、色とかイメージに起こして身体の中から出す、という段階です。「どこから出しますか?」と萩原氏の声。私は肝臓のあたりにある「ドス黒いイチゴ」を「肛門」から出すことにしました。萩原氏がカウントダウンを始めると、本当に肛門から「屁」が出るような感覚が! マジかよ......と思って思わず腰を横に上げる(おじいちゃんが放屁する時のポーズをする)も、本当の屁はそこにはないのです。でも何かが出る! 出したい! 萩原氏が「3、2、1......」の「1」を言った瞬間、「出た」感じがしました。実際には何も出てないのですが、「ドス黒いイチゴ」が出て行ったと思えば、出てったような気がします!

■斎藤一人氏の言葉が......軽いっ!

 もうひとつの特集は、全国の個人事業主からリスペクトされている斎藤一人氏が伝授する「ツキを呼ぶ掃除力」。納税額日本一の斎藤氏が、「迷ったら、捨てるんです」「掃除をしないとだめなんです」「(掃除をすると)天の加護があるんです」と、グリコポッキーのCM「ちゃんと合うんです」の嵐・二宮和也君バリに「です。です。」を連発! 言っていることは、玄関はキレイにしないとだめとか、仕事机はキレイにしてないと仕事がうまくいかないとか、超フツー! 真新しさゼロなことでも納税ナンバーワンが言うと重みが......って、そうでもないッスわ~!

 「夫婦ゲンカの作法」特集の読者アンケートでは、夫婦ゲンカの原因に「夫に舌打ちされる」「夫が1回の会話のうち2回『は?』と言う」ってのがありました。超イヤすぎる......! そんな関係になっちゃってる上でのケンカに「作法」なんてあるのか疑問ですが、医学博士・心療内科医の姫野友美氏は「相手を異星人と思えばイライラしない」と言ってました。確かにそうだけど......。離婚のためにお金貯めるほうが手っ取り早そうです。

 今月号の「免疫力アップCD」、本当に身体が健康になっているのかいないのかはさておき、楽しかったのは事実です。最近の「ゆほびか」の付録CDって小川の音とか、壺だか瓶だかに落ちる水の音とか、「音姫」(トイレにある排尿音を他人に聞かせない音消しシステム)みたいなのばっかりだったので、今回の付録は当たりですよ~。友達にも教えたくなるくらいです。
(田房永子)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする