一日の大半を過ごす職場。しかし、仕事でストレスを感じている人は、全体の8割に達し、年々増えていく傾向にあるという結果が。その理由の多くは、「上司の人間性に疑問がある」「同僚たちと合わない」「自分の居場所がない」などの人間関係。さらに、「仕事が順調にすすまない」「やることが多すぎる」などの不満です。それが続くと、常にイライラし、それが発想力の低下をもたらし、うまい企画案が浮かばない......という負の連鎖が起きてしまうことに。

 しかし、複雑な人間関係や会社のシステムなどは、一日、二日で改善することは難しい。その間に、ストレスで体調を崩してしまったら大変です。そこで、瞬時にストレスが解消できる「スピツボ」を試してみましょう。

 スピツボとは、東洋医学によるツボと、ヨーガによるチャクラとスピリチュアルな瞑想をあわせた、心身に効果をもたらすもの。チャクラとは、サンスクリット語で「車輪」を表す言葉で、精神、肉体、魂のはたらきをコントロールする重要なエネルギーセンターです。目には見えませんが、人間の身体には7つあり、外界からエネルギーを取り入れるためのスポットとなっているのです。今回は、ストレスを解消するために、王冠チャクラと呼ばれる頭頂部にあるチャクラに意識を集中させましょう。

■イライラに効くスピツボ「神門(しんもん)」
ツボの場所......手首の小指側のくぼんだ部分

shinmono.jpg
上司にムカっときたらツボをギューーっと押しましょう

 仕事が終わらなくて焦ったり、上司の理不尽な言動にキレそうになったら、神門のツボをぎゅっと押しましょう。このツボは、不安になったり、ため息ばかり出てくるときに使うと効果的です。手首にあるので押しやすく、かなり即効性の高いツボです。

 手首の小指側のくぼんだ部分を押すと、圧通が感じられるでしょう。そこを親指でギュギュッと刺激してみて。そのとき、イヤな気持ちが頭頂部からぬけていくようなイメージをしてみて下さい。心が落ち着き、ストレスもおさまってくるでしょう。

■もやもやに効くスピツボ! 「神庭(しんてい)」
ツボの場所......眉間の中心から上、額の髪の生え際の少し上

shintei.jpg
心を落ち着かせながらツボを押すのがポイントです

 会社に行くのが嫌だと、漠然とした不安で眠れないときは、神庭のツボが効果大。神が集まるとされる脳の前方にあるため、神庭と名付けられたこのツボは、精神を落ち着け、気の流れが良くなるツボです。

 人さし指で、眉間の中心から上、髪の生え際の少し上を10秒ほど押してみてください。通勤時間や、朝起きたときなど、「良いパワーが入りますように」と頭頂部に意識を集中しながらやってみましょう。心を和ませ、クリアな気分になっていくでしょう。

 スピツボは、どこでもいつでも、簡単にできます。毎日過ごす職場ですから、早めに気分転換をし、ストレスを解消していきましょう。仕事の能率もぐんとアップするはずです!

re-kanamoriaika.jpg

■金森藍加(かなもり・あいか)
占い師兼ライター。神社めぐりとハシビロコウが好き。監修占いサイト「金森藍加のケルト占星術」、公式モバイルサイト「ケルト☆魂の癒やし」。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スピリチュアル
  • > ムカツク上司、嫌いなお局にはスピツボで対抗! たった数秒で怒りも解消