sawazirierika02.jpg
エリカ様の復帰だよ~♪

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
沢尻エリカ
1986年4月8日生まれ A型

 10日、岡崎京子の同名人気漫画を原作とした映画「ヘルタースケルター」(7月14日公開)に主演することが正式発表された沢尻エリカさん。全身整形で美を手に入れ、芸能界のトップスターとなったりりこが、ストレスや手術後の後遺症に苦しみながらも欲望のままに突き進む姿を描いた作品です。本人もかなりのやる気で、「とにかく面白い、りりこをやってみたいと長い間願ってきました」と作品に対する思いは熱いようですが、名実ともに"復帰作"となるのでしょうか? 占い師の先生に鑑定してもらいました。

【映画の役にのめり込み実生活に問題か?】

 沢尻さんは、「進取の気質」に富む特殊な星を持って生まれてきています。新しいものや前例のないことにチャレンジするのが好きで、伝統や横並びをよしとする社会には合わない人です。外国人のお母様は、その善き理解者です。

 また、沢尻さんは「別に」発言で問題になったように"KY"ではありますが、その場で人が望むイメージを過剰に作ってしまうサービス精神旺盛な、天性のイリュージョニストでもあります。あのキャラクターで誤解されがちですが、実は現在の芸能界のポジションは、地に足のついた、限界まで並々ならぬ努力をして築き上げたものです。

 出演が決定した映画「ヘルタースケルター」は、久しぶりの芸能活動第一弾としては悪くないです。世間は沢尻さんと役を同一視し、スキャンダラスな話題を醸すでしょうが、彼女本来の力が発揮できる作品でもあるので、それ以降の仕事へつなげるものとして取り組むのがよいでしょう。ただ、沢尻さんのドキュメンタリー(もっとも彼女自身は生まれ持っての美人さんですが)と勘違いされそうな内容と、彼女自身も一生懸命さゆえに、トランス状態のようになりかねません。今回の役にのめり込み過ぎると、実社会とのバランスを崩してしまう可能性があります。役のイメージを抜くことに思いのほか時間がかかると思いますが、あくまでも映画ですので、無心に役作りで演じた後は、お母様ゆずりの料理の腕を振るうと「グラウンディング(着地)」作用で穏やかな時間が戻ってきます。

【国民的ヒットではないけれど......】

 映画はいろいろな意味で話題作ではありますが、内容が内容だけに、広く一般的に愛される作品というわけにはいきません。「国民的大ヒット」は諸般の事情で難しいにせよ、大きく外れた赤字にはならないでしょう。話題にもなります。映画の舞台あいさつは、東京だけでなく、上演会場すべてを回るぐらいのつもりで、全国くまなく歩いてください。世間は最初からもろ手を挙げて歓迎はしてくれないでしょう。が、実績さえ上げれば評価もその後の仕事もついてきます。

 引退や休業を宣言したわけではないので、今回の映画出演は「復帰」という言葉は正確ではありませんが、次回作は「沢尻エリカ」のイメージとかけ離れた役、例えばシェークスピアばりの古典劇や顔を出さない朗読劇などに挑戦してみると有意義です!! 少年役も吉。

【ゆくゆくはハリウッドデビュー!?】

 沢尻さんの運気が本格的に開けるのは、2014年からです。ここから人生の新ターンに入り、新境地が拓けます。国際的に活躍できる星も持っていますので、国際派女優の道を歩むのかもしれませんね。日本より外国の方がウケも良さそうです。さらに、エリカさんの才能(決して身体だけではない)を惜しんで、外国での芸能活動を支援してくれる人もいるようですので、しっかりしたエージェントの傘下で活動することをオススメします。

 沢尻さんは、「吉永小百合」にはなれないけれど、アンダーグラウンドでしっかりと根を張って活躍する息の長い女優になれます。私生活は切り売りせずに、むしろ一切封印するぐらいで芸能活動に専念することがよい結果を招きます。

 そのためにエリカさんに今必要なことは、世界に通じる女優としての資質を磨くことです。具体的には、レディーとして、大人として、一流の人たちと渡り合えるだけの教養とマナーを身につけること。これは、同時に演技の肥やしにもなります。身近なご先祖様がちゃんと見守ってくださっていますから、大切な人たちに恥をかかせるようなことは慎みましょう。

 そうそう、セクシーな洋服は、仕事上はOKですが、プライベートでは運を落とすので、オン・オフを使い分けてください。

 離婚劇は、しばらくこのまま凍結いたしましょう。沢尻さんも高城剛さんも、一時期の熱も冷め、憎しみも愛情も別に離婚しようがしまいが大勢に影響はないし、たかが紙きれ1枚のために今さら泥仕合につまらないエネルギーを消耗するよりも今の仕事をしているほうがいいや、ってところでしょうか。二人とも「婚姻関係」を上手にガードに使っているようですから。

re-hieda.jpg
Photo by Shigeru Yamada

■稗田おんまゆら
小学生の頃から占いに興味を持ち、プロとしての占い鑑定歴20年以上。霊感占い、タロット、数秘術、水晶霊視、おまじない&開運&アロマテラピー指導を行う。高名な心霊研究家から「卑弥呼の再来か」とささやかれる。マスコミ出演、記事執筆多数。新宿御苑の占いスペース「桜」で水曜日に鑑定中。
占いスペース「桜」




Recommended by logly
【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

芸能人占い

復帰作決定の沢尻エリカ、主演映画の次に狙うのはハリウッドデビュー...

 10日、岡崎京子さんの同名人気漫画を原作とした映画「ヘルタースケルター」(7月14日公開)に主演することが正式発表され...

TOCANA