nanakusa.jpg
Photo By maiiiiiii From Flickr

 みなさん、「七草がゆ」は食べましたか?  1月7日は、日本の伝統的な料理「七草がゆ」を食べる日です。人日(じんじつ)の節句とも呼ばれています。古代中国では元日から、鶏、狗、猪、羊、牛、馬の順に家畜を占っていって、人を占うのがこの1月7日だから、「人日」というそう。そして、この1年のはじめての節句に、無病息災を願って食べる、伝統的な食事なのです。

 七草には、「春の七草」と「秋の七草」がありますが、七草がゆに使う「七草」は、「春の七草」です。本当は「七草」と書くと「秋の七草」のことで、「春の七草」は「七種(ななくさ)」と書きます。「7種類の野菜が入ったおかゆを食べる」という意味からきていますが、今は風習だけが残り「七種」ではなく、「七草」が一般的。

 この七草は、ビタミンが豊富で、消化促進や血圧を下げる効果も期待できる薬草でもあり、日本の伝統的ハーブといえます。そして、七草がゆは伝統でありながら、デトックス効果の高い薬膳料理です。無病息災の祈願ももちろんですが身体にに優しいため、正月疲れの年始には絶対に食べておきたいもの。また、七草それぞれには縁起をかつぐ意味も込められています。それでは、七草の効能と意味を見ていきましょう。

■セリ
鉄分が多く、貧血気味のカラダにはもってこいの食材。また、「競り勝つ」という意味も込められています。

■ナズナ
別名、ぺんぺん草ともいい、身体の熱を下げて尿の出をよくするデトックス作用があります。「なでて汚れを除く」という意味も込められています。

■ゴギョウ
道ばたによく自生しているゴギョウ。のどのつまり、せきなどに効果があります。また、「仏の体」を意味しています。

■ハコベ
タンパク質やミネラルなどの栄養素が豊富で、古くから薬草としても使われています。茎に葉がたくさんついていることから、「繁栄」を意味しています。

■ホトケノザ
デトックス作用のあるホトケノザは、その形が仏様の連座に似ていることから、そう呼ばれています。

■スズナ
かぶの古い呼び名です。便秘に効果的。神を呼ぶ鈴を意味しています。

■スズシロ
ダイコンの古い呼び名で、消化を促進させる「ジアスターゼ」を多く含みます。その色から、潔白を表しています。

 朝食に食べるといいと言われていますが、諸説あり、7日中に食べればいいという考え方もあります。今ならスーパーに行けば、七草がセットになっているものがるので手軽に作れます。ただ、あまり食べなれないハーブを使ったおかゆのため、味が苦手な人もいるはず。だからといって、食べないのはもったいない。だったら「七草がゆ」のアレンジはどうでしょう。

 さっぱりし過ぎで苦みが気になる人は「だし」を使って、七草がゆを作りましょう。水ではなく昆布や煮干しでとっただしを使えば、深い旨味のある七草がゆになります。冷え性で困っている人は、七草のにおいを消す効果も期待してショウガを加えたり、思い切って煮込むときにカレールウを加えて、カレー七草がゆなんてことをしてみるのもいいかもしれません。

 年に1回の特別なおかゆ。シンプルに調理していただくのももちろんいいのですが、アレンジ次第でその可能性は無制限。今まで七草がゆを食べる習慣がなかった人も、楽しくアレンジして自分だけの七草がゆで年初の疲れを取り、1年を元気よく過ごしましょう。
(玉珠子)



【検索ワード】  ・ 

Recommended by logly
【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする