――本当に当たる占い師はどこに......? 恋と仕事と人生のはざまでさまよう独身アラフォー女・カシハラが、導きを与えてくれる占い師を求めて、さまざまな占いを渡り歩きます。

 今回は、公式サイトで"横浜で二番目に当たる?"といっている占い師、竹下流気学・竹下宏さんのもとに行ってきました。繁華街からだいぶ離れたビルにあるのが竹下さんの占いサロンです。

takeshita01.jpg
竹下宏公式サイトより

 鑑定にあたり、まずは誕生日と転居歴を伝えます。一応、引っ越し歴を全部書き出しておいたのですが、短期のルームシェアを入れるとかなりの転居数だったり......。そのせいか、鑑定は、うっかり転居するのは危ないという先生のお話から始まりましたよ。

 最初に生年月日から割り出したカシハラのタイプは「攻撃型宇宙人」。なんでも九星気学の診断から、ここでは「攻撃型」と「守備型」、「宇宙人」と「地球人」というタイプに分けて診断しているとのこと。攻撃型とは、「会社勤めには向いてない。人の方針に従うことは苦手であり、集団では自分がイニシアチブを取りたがる」人のこと。宇宙人とは、「人の3倍努力をすると5倍の成果が出せるが、人並みの努力ではついていない人生になりやすいタイプの人」のことだそうです。

 仕事的には、カシハラはライター職がぴったり。理由は「人と違った価値観を持っている不思議ちゃんタイプ」で「芸術家の相」があるから、と竹下さん。個人的に疑っていた「器用貧乏の相」や「絶倫の相」はなし。「絶倫の相」がある人は本当にそっちが大好きで、なんでも竹下さんのところのスタッフの女の子が「絶倫の相」なのに、そっちを我慢していたら運気が下がっていたのですが、これを発揮することで運気が上がったというエピソードも教えてくれました。もともとある本質に合わない暮らしをしていると、運気が下がってしまうのだそうです。

 「運気を上げて稼ぐには、方位が関係している」と竹下さん。パソコンの地図を見ながらカシハラの今の家の方位を割り出したところ、「今の家は、前の家から見ると最悪です。すぐに引っ越したほうがいい」とのお答えが。すぐに引っ越せとか言われても、まだ1年くらいしか住んでないんですけど......と思っていると、「引っ越せば稼げるはずなので、お金のことは心配しなくていい」と。

 そういえば、今の家に引っ越してから、ベランダに人が入ってきたり、生爪がはがれてり、とロクなことがないのですが、それも関係しているのか聞くと、どうやら最近の運気停滞は引っ越しの方位が悪かったせいで、「まずは3カ月方位取りをしてください」って言われちゃいました。

 なんでも、吉方位に旅行して「方位取り」をすると気をため込むことができて運気が上がるが、逆に凶方向に行くとマイナスになるんだとか。......方位取りねぇ。最近は、経営コンサルタントの神田昌典とかも方位を推奨しているせいか、やっている人は確かに増えた気がします。でも、毎月毎月そんなことしてられるか! って感じなのが正直なところです。

takeshita002.jpg
毎月地図を見ながら方位取りは面倒くさい

 それはさておき、竹下さんは、見たとおりのスキンヘッドのおっさんですが、はっきりといろいろ言ってくれるので、わかりやすい! 個人的には方位取りをすればもっと良くなるというお墨付きをもらえたんだから、それを実践すればきっと運気も良くなるはず。でも、仕事であっても、凶の方向に泊まってはいけないとまで言われると、方位取りにはかなりの拘束力がありそうです。「その月は方位が悪いんで......」とか仕事を断ると、怪しい宗教に入っていると疑われそうな気がします。

 ちなみに、カシハラに男運がない理由を聞いてみたところ、「攻撃型宇宙人」ならではの本来の姿を取り戻さないとダメだそうで、「とにかく稼いで、ステージを上げてください」とのお言葉。ステージを上げると周りにいる人間の種類も変わるし、自分が稼げばダメ男を養うのにも抵抗がなくなるというアドバイスをいただきました。

 ステージを上げても、やっぱりダメ男からは逃れられないのか......。何のために運気を上げるのかが、根本的にわからない気がするのは私だけでしょうか?
(カシハラ@姐御)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする