diet.jpg
Photo By motivi fashioni from Flickr

 痩せてキレイになりたい! とダイエットを始めたのに、ついつい食べてしまって痩せられない。そんなダイエットに、風水が深く関係していることをご存じでしょうか? 当然ながら「美は1日にしてならず」という言葉通り、魔法のように美しく痩せるというわけにはいきませんが、風水からのアプローチで、失敗だらけのダイエットを成功させることができるのです! 今回はそんな「風水ダイエット」についてお話したいと思います。

■ダイエットに関係ある方位はココ

 ダイエットに関係のある部屋の方位は3カ所あります。

北東......太るポイントの方位
南......美のポイントの方位
西......食事のポイントの方位

 まずは、これらの方位が散らかっていないかどうかチェックしましょう。

■脂肪がたまりやすい人は「北東」に問題アリ

 「北東」は"物がたまる方位"です。お金を置いておけば貯金ができ、不要なものを置いておけば気づいたらゴミの山と、良くも悪くもなんでもためてしまうのです。それは、物だけでなく、ダイエットの敵・脂肪も同じこと。「最近、なんだか太ったかも」という人は、北東を寝室にすることは避けましょう。この場所を寝室にしていると、寝ている間に脂肪をため込んでしまいます。北東を寝室にせざるを得ない場合は、少しでも北東から離れるために、隅っこで眠らないようにしましょう。

 ダイエットにオススメの寝室方位は、「東」、「東南」、「西」、「北西」。風水ではこれらの方位で眠ると睡眠の質が良くなるといわれていて、寝ている間にしっかりとその日の疲れを癒しつつ、ダイエットに必要な毎日のエネルギー代謝を高めてくれます。高カロリーのハンバーグ弁当を食べても代謝さえよければ太らない、そんな憧れの体質になれるわけです。まさに寝ている間にキレイになりたい人にはうってつけ!

■ダイエットを何度も失敗する人は「南」に問題アリ

 「南」は太陽のエネルギーが最も部屋に差し込み、強い陽気を受けて頂点を極める場所といわれています。さらに、美意識に働きかける"ビューティー運"を司る方位でもあり、ここをキレイにしておくことで、ダイエットに成功したり、スタイル維持に効果が出たりします。そのため、当然ながらダイエット成功には南を吉相にすることが不可欠! 整理整頓はもちろんのこと、陽気を取り入れるためにも南側をふさがないようにしたいもの。壁であったり、太陽光が入ってこないのはNGです。

 とはいえ、1人暮らしの人の中には、南側が壁になっていることが多いと思います。その場合は、太陽をイメージさせる色のインテリアを選ぶようにすると吉。だからといって、部屋中のインテリアを全部その色で統一すると、エネルギーが過剰になり、悪循環になってしまいます。あくまでもポイント使いにしましょう。壁に「オレンジ」「イエロー」「レッド」系の自然にまつわる大きめのポスターを貼るのも効果的です。たかが色と思うかもしれませんが、目を通じて脳が「太陽」に近い信号をキャッチするので、太陽光を浴びている時の擬似効果が得られるのです。太陽の絵や、オレンジ色の花などのポスターを貼って、脳をうまくだましちゃってください!

■ついつい間食してしま人は「西」に問題アリ

 「西」は食べることを意味する場所でもあります。この方位にキッチン、冷蔵庫、食卓があると食欲が増大してしまい、家にいると食べ物のことばかり頭をよぎるなんてことも。そのため、間食が増えてダイエットに苦労してしまうのです。

 西には食にまつわるものを置かないようにするのが一番ですが、もともとの間取りでキッチンや食卓が西にある場合、対策方法として高さのある観葉植物を冷蔵庫のそばに置いてください。冷蔵庫を開ける前に観葉植物を見ると、一瞬、食べ物が頭を離れて「ちょっと待った! 食べちゃだめだ」と冷静に判断できるようになれるので、うっかりやりがちな間食の予防にも十分効果があります。

 また、食欲は目から入ってくる情報にも左右されやすいもの。視覚から脳に刺激が伝わり、食欲を抑えることができず、「ダイエットは明日からでいっか」「ちょっとくらい食べちゃおう」と自分を甘やかしてしまう原因になります。食欲をコントロールし、食べすぎを防ぐためには、「青」や「青紫」などのブルー系を上手に取り入れましょう。

 ただし、あまり多く使いすぎると寒色系のため体感温度を下げてしまい、冷え性&代謝低下を招くこともあるので、こちらもポイント使いに。キッチンでは、エプロン、まな板、鍋敷きなどのグッズを青系にするといいでしょう。冷静に「今ダイエットしているんだ」と意識することができます。食卓では、テーブルクロス、ランチョンマット、お箸、箸置きなどのグッズも青にしましょう。さらに、ピンクのグッズをワンアイテム置くと食事の満足感を促してくれるので、ダイエット中の空腹感を抑え、食事も腹八分目でキープできるようになります。

■外出先でも風水を使ったダイエットを

 ダイエットは食欲を抑えるだけでなく、代謝をアップして体内の脂肪燃焼効果を上げる方法もあります。脂肪燃焼効果を促進させる色は暖色系の「赤」「オレンジ」「赤茶」など。「暖色を身に着けると冷え性が改善した」「痩せた」という声がを非常に多く聞きます。ただ、これらの色は同時に食欲増進効果もあるので、アウターやトップスに持ってくると逆効果。目に触れないインナーとして身につければ、食欲増進することなく、代謝アップできます。

 そして色の効果は、自分が身に着けていなくても、一緒に食事をする相手の服装の色から刺激されることもあるので要注意。食べすぎたくない日は、相手に「赤系の服は着てこないで」と一言伝えるのもいいでしょう。

 このように、ダイエットと風水には深い関係があるのです。実際にぽっちゃりした女性の部屋を訪問すると、これらの問題があてはまるケースが多数です。ダイエットしているのにどうしても痩せられないという人は、まずは部屋の方位チェックから始めてみましょう。
(マツモトユニコ)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする