Photo by Lopiery from Flickr

――太陽の星座占いは、男性の攻略法に使うと効果絶大! 月の占い師・アイビー茜が、12星座別攻略法を上手く使って大好きな彼を手に入れる方法を伝授しちゃいます。

【第8回 蠍座の男攻略法】

10月24日~11月22日生まれ

■ 「この人!」と思い込んだら地獄の果てまで追いかけるストーカー体質No.1!?

 序章でもお話ししたように、蠍座4つの星座グループで分けると「水の星座グループ」に属します。水=液体を表し、「状況に合わせて常に形が変化する」存在です。

 単純に水を想像していただきたいのですが、水は凍らせれば氷になり、また火にかければやがて沸点を迎えて蒸発してしまいます。周りの状況によって存在形態が変わり、とらえどころがないのが特徴。外界の影響をよくも悪くも受けやすく、気分の振り幅が大きい性質があります。

 蠍座は12星座中8番目の星座です。しばしば12星座は人の一生に例えられますが、前回の天秤座は「社会に出たての新社会人」の段階でしたが、次の蠍座は多くのコミュニティーの中から「より深い特別な存在」を見つける段階です。ほかの水の星座、蟹座魚座に比べると、蠍座の水は「深い洞窟の奥の地下水」のような意味合いがあります。一対一の深い関係を好み、よく知らない人や物には傍若無人に振る舞う面があるようです。

 また、蠍座は「秘密」が大好物! 蠍座のキーワードの中にはズバリ「セックス」があり、普段服の下に隠れている裸体をさらけ出す行為は、蠍座の大好物である「秘密」を堪らなくくすぐります。また、周りに二人の関係を騒ぎ立てられるのは苦手。相手にとてもよく尽くすのですが、世話の焼き過ぎや干渉のし過ぎで煙たがれることもしばしば。エスカレートするとストーカーまがいなことになりかねません。ドロドロの愛にはくれぐれも気をつけて!

■秘密のありそうな女」をさりげなくアピール!

 蠍座の説明に「セクシー」だの「色気がある」だの書いてある本がありますが、蠍座の男性とのデートでいきなり太腿あらわなミニスカートを履いて行ったり、胸元がパックリ開いたシャツ等を着て行っては逆効果! 蠍座の思う「セクシー」とは「隠された部分に感じる妄想のセクシー」であり、明け透けなセックスアピールは下品に感じて、貴女に見向きもしなくなります。

 「秘密がありそうな女」に惹かれる傾向があるので、出会ってしばらくは自分の情報を開示しすぎないようにした方がよいでしょう。質問されてもないのに「私って普段は表参道で働いてて〜、趣味はウォーキングで〜」などペラペラしゃべってはいけません。蠍座の彼は「憶測すること」が大好き。彼が持ち前の洞察力を働かせる前に、自分から話してしまっては彼の楽しみを奪う形になってしまいます。

 また、無駄な人間関係を省きたがる排他的な蠍座の彼ですから、もし2回目3回目とちゃんとデートに誘ってくれるようでしたら、脈あり間違いなしでしょう!

■「愛憎劇セックス」で心理戦を楽しもう

 蠍座を人間の身体で表すと、「生殖器」にあたり、男女問わず無類のセックス好きが多いようです。水の星座グル−プはどれも「愛撫」や「雰囲気」に重きを置いており、セックスにお互いの「気持ち」が伴わないと楽しめません。もし貴女が意中の彼とベッドをともにするような関係に至ったのなら、ズバリ!「愛憎劇セックス」がオススメ!!

 蠍座は歌のジャンルで例えるならこぶしの利いた演歌、映画ならばバイオレンスヒューマンドラマ等、とにかく「激情物」に弱いのが特徴。人の気持ちの揺れ動きを感じるのも観察するのも大好きです。なので深い仲になったら、わざと「他の男に私の身体を触られたらどんな感じ?」「ほかの人と私とのセックスどっちが気持ちいい?」等、セックスの最中に相手を挑発するような言い回しをしてみると、感情のボルテージがいい感じに上昇して行為自体も燃えるでしょう。

 そして、蠍座の彼は一途なので、一度深い関係を結ぶとなかなか離れません。彼が浮気をしたとしても、頭脳明晰で立ち回りが上手いので絶対にバレないようにしてくれるでしょう。しかし、勘がいいだけに貴女の浮ついた気持ちには瞬時に反応してしまいます。ほかの男の陰がちらほら見え始めると、とたんに疑心暗鬼になり、嫉妬の鬼と化し、貴女を監視し始めてしまいます。男女のもつれで刃物沙汰まで発展してしまっては、取り返しがつきませんよね。愛憎劇はあくまでセックスの中だけにして置いた方が、身のためです!

ivyprof.jpg

■アイビー茜
月の占い師。「渋谷に行けば気軽に会える占い師」を目指し、渋谷宇田川町を中心に活動中。月齢を取り入れた占術による相性鑑定に定評があり、リピーター多数。毎週金・日曜、渋谷パルコパート1・B1F占いコーナーにて対面鑑定を行っている。
・アイビー茜公式HP

■アイビー茜の「星と男と女のカンケイ」バックナンバー
【第1回】牡羊座の彼は生まれたての野生児! SEXは外でするほど盛り上がる
【第2回】牡牛座の彼は我欲のカタマリ! 王子様ばりのワガママ&絶倫SEXに耐えらえるか!?
【第3回】双子座のカレはおしゃべり大好き! 質問攻めの羞恥セックスに耐えられるか?
【第4回】蟹座のカレは気分屋のオタク気質! ATフィールドを中和してとろけ合うようなセックスを
【第5回】獅子座のカレは永久不動のクールな王様! ワンパターンなセックスがタマに傷?
【第6回】乙女座の彼はマニュアル大好き! 綿密で計画的なねっとりセックスに耐えられるか?
【第7回】天秤座のカレは好奇心旺盛! オールジャンルのセックスプレイに応えられるか?



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする