sawaziri.jpg
もはやすべてがネタにしか見えない離婚劇

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
沢尻エリカ(本名:高城エリカ)
1986年4月8日生まれ A型

 12月20日発売の「女性自身」(光文社)で、女優復帰を報じられている沢尻エリカさん。復帰作は、熱狂的な女性ファンが多い漫画家・岡崎京子作の『ヘルタースケルター』(祥伝社)を原作とした映画。CMや携帯ドラマの出演で若干注目されたものの、以降は特に目立った話もなかった沢尻さんにとって、久しぶりに明るい話題となりました。とはいえ、高城剛さんとの離婚の決着はまだついていない様子。今回の復帰作をきっかけに、プライベートのごたごたもすっきりすることができるのでしょうか? 運命の鏡の橘高泉先生に、西洋占星術と数秘術で鑑定してもらいました。

【女優業に復活するも評価二分化】

 沢尻さんは、非常に強い個性を持ち、いかなる時でも独自の方法で自己表現したいと思っている人です。自分の思いに対する実践的な手段を兼ね備えているのも、彼女の持ち味でしょう。彼女は生来、仕事運やビジネスセンスは非常に高いものを持っています。常に頂点に立ちたいという思いから懸命に働きます。しかし、時には思いつき、無計画で行動してしまう傾向もあるので、「自分を上手にコントロールすること」が今まで以上に大事になってきそうです。

 また、密かに進行中だという、岡崎京子の漫画『ヘルタースケルター』(祥伝社)の映画作品での主演。"デブ女性"を集めた風俗嬢で働く主人公・りりこが、ほぼ全身を整形してトップアイドルになるというストーリーです。原作は"衝撃の問題作"として今なお人気を得ています。この作品で沢尻さんの評価は上がるかもしれませんが、メディアへの対応の誤りや彼女独特の表現方法によって、再び評価が二分してしまいます。しかし、彼女自身がそれを気にしておらず、新しい活躍にマイナスな影響を与えることはありません。

【結婚は疲労でしかなかった】

 沢尻さんと高城さんの結婚の相性は悪いです。高城さんは本質を突き詰めるセンスを持っていますが、疑い深く、本心を表に出すことが苦手です。そのため、人に対して冷たい印象を与え、家庭の不和を修復する能力にも欠けています。沢尻さんは、自分に足りないものを与えてくれる存在として高城さんを選んだのですが、逆に高城さんの強いパワーに飲みこまれてしまっています。そして、父親を亡くしている沢尻さんは、高城さんの父性に強く惹かれていて、強く出られないところがあります。しかも、高城さんはただ年上というだけでなく、運勢的に強い包容力と知性を兼ね備えているため、沢尻さんにとって決断を下すことは容易ではありません。また、高城さんが周囲から多くの思念を沢尻さんに持ち込んでいる様子。否定性と無意識の束縛ですね。そのため沢尻さんの性格や仕事の状況からすれば、高城氏と一緒にいることで相当疲れたはずです。

【今後も"お騒がせ女優"として生きる】

 野心に燃え、優れた想像力と直観力を備えている沢尻さんは、意思が強く、自己主張をしながら少し強引でも我が道を行くタイプですね。「お騒がせ女優」も、あえて選んでいるように見えます。これから先、目的を達成するための駆け引きや協力作業に磨きをかけることができれば、大女優としての道が開かれるでしょう。そのためにも、沢尻さんの理想的なパートナーを選ぶことをオススメします。公私ともに、沢尻さんにとって必要な自由を与えてくれ、彼女の家族を大切にできるような相手。その相手が今後の女優活動に大きな影響をもたらします。

 2012年は仕事にはとても力強い運勢です。金運も豊かですし、沢尻さん自身の中で仕事の方向性がはっきりしてきて、「やるべき仕事」と「やるべきではない仕事」の区別がつくようになります。力が湧いてくるような年ですね。一点注意する部分があるとすれば「お酒」です。お酒にまつわることでの失敗には十分注意していただきたいですね。

izumi.jpg

■橘高泉先生
人の心を読み解く能力に優れ、恋愛、人間関係の相談を数多く解決してきた。占いだけではなく、ヒプノセラピーによって依頼人の深層心理を呼び起こし、意識改革を促すことで問題の根本的解決を試みる。米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト。
運命の鏡 

re-unmeiqr.jpg

←携帯の人はこちらから 



【検索ワード】  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

芸能人占い

沢尻エリカ、待望の作品で4年半ぶりに女優復帰! "デブ専"の風俗...

 12月20日発売の「女性自身」(光文社)で、女優復帰を報じられている沢尻エリカさん。復帰作は、熱狂的な女性ファンが多い...

TOCANA