yugahuru260.jpg
「ゆがふる。」(芸文社)12月号

 先月号、予告されていた付録が中止というピンチが発生した「ゆがふる。」(芸文社)。「ゆがふる。」の付録最強伝説は途絶えてしまうのか、と勝手に懸念していますが、果たして今月はどうなっているのでしょうか。ドキドキしつつ、見ていきましょう!

<トピック>
◎ダブル付録その1 お金キャッチャー
◎ダブル付録その2 金運指輪チャーム
◎シウマ流琉球風水で幸運生活を始めよう

■「お金キャッチャー」とはなんだ?

 今月号の付録は先月号の予告どおりの「お金キャッチャー」と予告にはなかった「シトリンの組み立てパーツセット金運指輪チャーム」というダブル付録。先月号で、予告されていた「スペースクリアリングベル付きモビール」付録がなくなり、開運CDと読者が手作りする紙製モビールがピンチヒッターとなったことを挽回しようという熱い心意気がひしひしと感じられ、心の中で拍手を送ってしまいました。

 さて、まずは一つ目、シンプルでありながらギラギラしたネーミングがステキな「お金キャッチャー」ですが、これはネイティブ・アメリカンのお守り「ドリームキャッチャー」に、金運・財運を上げるようにパワーストーン効果をプラスしたものとのこと。

IMG_1745_1.jpg
先月のモビールと比較するまでもない完成度! 
今月の「ゆがふる。」は"買い"ですよ!

 蜘蛛の巣のような作りで、悪夢から身を守り、吉夢だけをすくいとるというフィルター効果に、中心部「シトリン」と鎖部分の「タイガーアイ」2種類のパワーストーン金運上昇効果がプラスされた仕様となっています。部屋に飾るのに抵抗がない落ち着いたデザインです。先月の「紙製モビール」とは比べるべくもありません。

 飾るのに適した場所は「ドリームキャッチャー」だけにまず寝室、フィルターの役割を持つので玄関、そのほか昼間見る夢を叶える場所として書斎や仕事場とのこと。筆者はベッドの横に仕事用の机を置いているので、その付近の壁に飾りました。方位や場所など条件にうるさいのが開運法というもの。珍しく合致していたので、ドヤ顔で飾ったことは言うまでもないことです。

■お金キャッチャーだけでは終わらない!

 もう一つの付録は「金運指輪チャーム」。「お金キャッチャー」だけでも十分なところに、アクセサリーをかぶせてくるとは、やってくださる......と思いきや、こちらの付録は「ゆがふる。」の常套手段の一つとなりつつある「手作り」系! 付いてくるのはパワーストーンのビーズとゴムテグス、ストラップパーツで、あとはDo It Yourself、ということです。

IMG_1747_1.jpg
DIYと知らずに袋を開けると、ストーンが散らばります。要注意です!

 豪華なダブル付録には、こんな裏があったのですね。とはいえ、作るのには5分とかからず、特に難しい作業でもないので、それほど悪い印象はありません。

IMG_1748_1.jpg
ちょっと前に付録にも指輪がついていたような......

 ストラップとしても指輪としても使え、こじんまりとしつつもなかなかかわいらしくて良いのではないでしょうか。ちょっとした手作りは息抜きにもなるし、発行元としては組み立てにかかるコストを削減できますし、これからの「ゆがふる。」はDIY系付録が増えていきそうな予感です。

■携帯の機種変更のついでに番号も変えちゃえ!

 風水師・シウマ氏による、沖縄の暮らしに基づいた「琉球風水」と数字の持つパワーを利用した「数意学」を融合させたシウマ流開運術。「2012年の運気をずばり予測」というコーナーから始まるこの特集では、2012年の3つのキーワードのうちの一つとして「オジさま」が挙げられています。「オジさま」といえば、人気ゲーム「ラブプラス」のオジさま版の話題がここ数日インターネット上を賑わせています。シウマ流、なかなか的を射ているかも。

 続く「シグマ直伝 数字の力を使って欲しい運を引き寄せよう」のコーナーでは、携帯電話の番号、暗証番号、車のナンバーなど、日常的に使う数字を用いて開運する方法が紹介されています
。やり方は、とても簡単。例えば携帯の番号なら下4桁を足した数字で運勢を見るとのこと。筆者も自分の携帯でやってみたところ、「13」でした。結果を見てみると......なんと、「13」は「仕事運を上げる」と「モテモテになる」効果のある数字であるうえ、筆者の九星である五黄土星のラッキーナンバーでもあります。これはかなりキています! 2012年が楽しみです。

 ちなみに、願いと異なる数字になっていてしまった場合は、思い切って変える必要があるそうです。恋愛運をアップさせる数字「3」を使いたければ、目覚まし時計を「7時3分」にセットするだけでもOKとのこと。しかし、一番効果があるのは携帯番号を変えることだそう。番号を変えるのはショップに行けば数分で終わりますが、その後、知り合い全員にリリースをするという大仕事があります。もしや、番号変えたよ〜という連絡きっかけに、音信不通だった相手とラブロマンスがスタート!? 同窓会的ノリで結婚まで行き着く人の話をよく耳にしましが、みなさん、シウマ流の使い手なのでしょうか。

 ダブル付録で先月号の汚名挽回を果たした今月の「ゆがふる。」ですが、来月号はその上を行く「トリプル付録」!! 2011年最後の号ということもあり、期待しています!
(萌えしゃン)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする