daru.jpg
『ダルビッシュ有の変化球バイブル』(ベース
ボール・マガジン社)

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
ダルビッシュ有 
1986年8月16日生まれ A型
紗栄子(本名:ダルビッシュ 紗栄子)
1986年11月16日生まれ O型

 メジャーリーグへの移籍が取りざたされている、日本ハムファイターズのダルビッシュ有選手。メジャーでの前評判は良く、日本ハム球団も、本人の意向を尊重し、無理に引きとめることはしないと報じられています。しかし、ダルビッシュ選手は、昨年秋にタレント紗栄子さんとの離婚問題が勃発し、いまだ解決していない状態。離婚しないまま、渡米してしまうのでしょうか? それても復縁の可能性が? ダルビッシュ選手&紗栄子さんの今後の行方を、占い師の先生に教えてもらいました。

【離婚したいの? したくないの?】

 いろいろ観点を変えながら、カードを引いたのですが、あいまいな答えしか出てきませんでした。二人に明確な意志が存在しないのではないかと思ったほどです。そんな状態で出てきたカードは「死神」と「剣の6」。これは、「戻って来ない舟」という意味です。

 昨年からの離婚問題を引きずったまま、ヨリを戻すのか戻さないのか、大きな進展もない宙ぶらりんの状態の二人ですが、もし、ダルビッシュ選手が単身アメリカに渡れば、そのまま離婚へ進むでしょう。というのも、二人は遠距離恋愛ができない相性なので、物理的距離が心の距離も離してしまうからです。

 しかし、当の本人たちが別れたがっているのかというと、そうではありません。紗栄子さんはダルビッシュ選手の「妻の座」に未練たっぷり。そして、ダルビッシュ選手は、子どもと離れたくないと強く望んでいます。子どものために可能な限りの対応をしようとしています。
 
 お互いの利害が一致しているのだから、さっさとヨリを戻したらいいのに、と思うのですが、周囲がそうはさせません。特に、紗栄子さんの身内です。「さっさと別れて養育費をもらえるだけもらえ」とか、「妻の座だけは手放すな」とか、ばらばらな意見を言い、それが二人の離婚問題を泥沼化させています。弁護士同士の「腕の見せ合い」も、本人たちの意図しないところで問題をこじらせているようです。

 紗栄子さんも初めはダルビッシュ選手のことを好きだったのかもしれませんが、ダルビッシュ選手の愛が冷めているだろうと思っているため、心を取り戻すことはあきらめ、ダルビッシュ選手のお金と才能を手放したくないと、やっきになっているようです。そして、誰も知り合いのいないアメリカに行って苦労をするよりも、お金だけもらって日本で生活した方がラクだという閑雅で、結論を先延ばしにしているのではないでしょうか。

【離婚は、どちらにもデメリット】

 そもそも、なぜ離婚問題になってしまったのか? それは、二人の結婚生活に明確なビジョンがなかったことが原因です。紗栄子さんは、カッコイイし実力もあってお金もあるダルビッシュ選手の奥さんになりたかっただけで、いざ結婚すると、妻として母として地道に汗をかくのはちょっと......と思ってしまったのでは? おままごとの延長で、現実的な生活感が持てず、いつまでも夢を見ている夢子ちゃんです。「子どもが子どものままで、子どもを産んでしまった」ところから、いまだに大人になりきっておらず、母性をまだまだ育てる必要があります。子どもは、紗栄子さんを「育てる」ために生まれてきた天使です。

 ダルビッシュ選手は、離婚したら紗栄子さんからだけでなく、周囲からもたかられ、むしりとられます。紗栄子さんは、今までちやほやされてきたのが自分の魅力と実力だと勘違いしていますが、あくまでも「ダルビッシュ選手の妻」だったから、ということを自覚してください。

【アメリカに行けば、第3子誕生!】

 長い目でダルビッシュ選手の選手生命を考えると、日本にいた方が良いのですが、おそらくアメリカに行くことになるでしょう。ここで離婚せず、紗栄子さんや子どもたちとアメリカに渡れば、二人は子孫繁栄の相性なので、なんとなく元の鞘に収まり、まもなく第3子が誕生することになります。

 また、大リーグでは、日本とは桁違いの大きなお金が入り、誘惑が多くなり、身を持ち崩す恐れがあります。目先のお金にとらわれず自己管理をしっかりしてください。誰かさんのように酔ったあげくに絡まれたり、ケンカを売られたりしても決して乗ってはいけません。ダルビッシュ選手は、普通の人よりアルコールや薬物依存になりやすい傾向があります。お遊びでも手を出したら全てはオワリになります。

【とにかくアメリカへGO!!】

 占い師として言わせてもらいます。「子どもを連れて4人でアメリカへ渡れ!」です。2012年、ダルビッシュ選手にとって、アメリカは良い方角です。子どもたちにとっても、二人にとっても、関係が宙ぶらりんのままでいることはよくありません。ですから子どものことを考えたら、おのずと道は見えてくるでしょう。知らない土地で、家族4人、一つ屋根の下で苦楽をともにすることで家族の絆が深まるのではありませんか!?

re-hieda.jpg
Photo by Shigeru Yamada

■稗田おんまゆら
小学生の頃から占いに興味を持ち、プロとしての占い鑑定歴20年以上。霊感占い、タロット、数秘術、水晶霊視、おまじない&開運&アロマテラピー指導を行なう。高名な心霊研究家から「卑弥呼の再来か」とささやかれる。マスコミ出演、記事執筆多数。新宿御苑の占いスペース「桜」で水曜日に鑑定中。
占いスペース「桜」






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする

芸能人占い

すべては子どものため......ダルビッシュのメジャー挑戦は紗栄...

 メジャーリーグへの移籍が取りざたされている、日本ハムファイターズのダルビッシュ有選手。メジャーでの前評判は良く、日本ハ...

TOCANA